お絵描き配信など創作用PCの選定 - Lenovo ThinkCentre M75q Tiny Gen2

背景

クリエイティブな作業(イラスト他)を配信するために十分な性能のコンパクトなWindows PCが欲しくなったので買った。

長らくWindows PCは使うことがなかったのだけど、創作をまたやり始めたところ日本語テキスト取り扱いがLinuxだとどうしようもない場面があり、かといってデュアルブートで再起動するのも面倒なのでWindows専用PVを導入。

Kritaで絵を描いていたんだけどKritaでは縦書き日本語がどうやっても入力できず、今後も対応する気配がなさそうなのでさくっと諦めて業界標準のClipStudioに移行する。

スペック

プロセッサー : AMD Ryzen™ 7 PRO 5750GE (3.20 GHz 最大 4.60 GHz)
初期導入OS : Windows 11 Home 64bit
グラフィックス : AMD Radeon™ グラフィックス
メモリー : 16 GB DDR4-3200MHz (SODIMM)
ストレージ1 : 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe (OPAL対応)
ワイヤレス・アダプター : インテル® Wireless-AC 9260 2x2 vPro®対応

詳しい性能などなどは後述。

値段

Webクーポン適用で8.4万円くらいだった。

対抗機種

MINISFORUM Venus Series UM560 は CPUがRyzen 5 5625Uになっているがメモリ、SSDの容量は同一。DDR4/M.2接続なのも同一。だからほぼCPUの違いだけになる。それで\76,890らしい。記事執筆時点で見たら7800円オフクーポンがあるので、すると7万円弱。1.4万円でRyzen 5 5625UからRyzen 7 5750GEへのアップグレードを高いとみるかどうか。

決め手

CPUが早いこと、Lenovoの安心感。

CPUのベンチマークを確認してみる。PassmarkScoreです。

  • Intel Core i9-12900K : 41,410
  • Intel Core i7-11700K : 24,679
  • AMD Ryzen 7 PRO 5750GE : 22,258
  • Apple M1 Pro 10 Core 3200 MHz : 22,081
  • AMD Ryzen 7 1700X : 15,688
  • Apple M2 8 Core 3500 MHz : 15,480
  • AMD Ryzen 5 5625U : 14,258

すごくない?5750GE。

AMDはRyzen 4xxxx, 5xxxシリーズあたりで「早いがあんまり安くなくなった」という評価だった印象があるんですが、これを搭載して8.5万円は安いと思う。前述したようにMINISFORUM Venus Series UM560と比べると1.4万円でPassmarkScore上は上記のように+1万くらいのスコア分アップグレードされるわけですが、いや、これはその分の価値はあるでしょ。

あと、Apple M1/2 CPUってそんなにスコア振るわないんですね。Mac使いな人はApple silicon滅茶苦茶早くなった、という感想の人が多いんですが、謎です。背景としては薄くてかっこいい筐体にするために放熱設計が犠牲になっておりx86だとサーマルスロットリングが効いて最大能力をほとんど出せないので結果、低消費電力ARMのほうがパフォーマンスが出せるというオチでは?と疑ってます。知らんけど。

Apple M1 Pro 10 Coreって何に載ってるんだ?と思って調べたらMac Book Proらしいです。メモリ16GB, SSD 512GB というスペックでAmazonで34万円でした。34まんえん…。まあ、ノートパソコンとデスクトップパソコンを比較してもアレなんですけど、ちょっとやっぱり私にはAppleの良さはよくわからんね。かっちょいいアルミ筐体も冬場は静電気がバチバチいって触りたくないし。エッジ痛いし。

と、呼吸をするようにAppleをdisった後でベンチマークスコアをもうちょっと見ていきましょう。

Intel Core i9-12900Kは私のメインPCのCPUです。DELLのXPS

このCPU、ピーク性能でAMD負けていたIntelが放った起死回生のハイパフォーマンスモデル、仕事で大規模なプログラムをコンパイルするとかいうときにはすごく助かります。が、仕事以外の普段使いだとこのスペックは正直不要で恩恵を感じることは殆ど無いです。仕事用PCなのでゲームはやってないのでよくわかりません。

AMD Ryzen 7 1700Xもすごく良いCPUで、私の一つ前のメインPCがこれでした。今でもテレビに接続して使用するリビングPCとして使ってます。このくらいの性能でも普段使っている上では何も困ることがありません。十分な性能です。なので、PassmarkScoreで言えば15,000もあれば普段使う上では困らないということですね。

Ryzen 5 5625UはRyzen 7 1700Xよりもスペックが下なんですよね。といっても微々たる差なんですが。しかし、5750GEが22,258というのを見て価格差が1.4万円だとまあこっち選びますよね。

もう一個のポイント。Lenovo製。

私はいろんなメーカーのパソコンを今まで使ってきましたが、Lenovoは結構信頼してます。まず、Lenovoでパソコンが壊れた、というケースを単純に経験したことが無いですし、筐体などもしっかりしていて何となく信用できます。メーカーのカスタマイズも少な目です。そして、今回買ったThinkCentreは3年間も保証がつくそうで、もう言うこと無いよね。

MINISFORUMも最近は小型PCでよく聞くブランドでよくPC系のメディアでも取り上げられているのでよくできているんじゃないか、という想像はつくものの、これも1.4万円程度の差でしかもCPUの性能差が結構ありますから、今回はMINISFORUMを選ぶ理由が無いな、というのが正直なところです。

その他の小型PC

最近は小型PCがホットですね!安くてそこそこ性能のあるPCがたくさんあります。

Amazonを見ると他にも5〜6万円くらいでRyzenが搭載された小型PCがたくさん売られています。安めのPCはRyzenの3xxxシリーズが載っているものが多いですね。要するに型落ちのCPUです。昔からそうですが、CPUってモデルナンバーから性能が読み取りづらいのでベンチマークスコアを調べてから買ったほうが良いと思います。

これらのPCを買って24インチくらいの安い4Kディスプレイと気に入ったキーボード・マウスを揃えればそこそこ使えるPC環境が揃ってしまうのではないでしょうか。

だったらノートパソコンでいいじゃん…って人も多いと思います。そう思う人はノートPCを使えば良いと思います。私はそう思わないのでこうやってます。

お写真

Ryzenのステッカー、特殊な加工がされてあって実際に見るとかっこいいです。薄いステッカーなんだけど厚いアクリル板の下にステッカーがある、みたいな感じに見えます。これって最近よくある中華のニセCPU対策の意味もあったりするんでしょうか。

HDMIとDP、両方付いているので接続するディスプレイは古くても新しくても困らないでしょう。買って箱を開けてから買う前に確認してなかったことに気づき、「これ、HDMIポートあるかな…」と不安になりましたが…。よかった。HDMI接続の液晶ペンタブをつないで使う予定なのでHDMI接続は必須でした。

有線LANが付いているのもありがたいですね。

それにしてもこの小ささ!すごくないですか?「大きく広げた手のひらを囲むバウンディングボックス」くらいの大きさです。分かるようなわからんようなたとえですね。

ACアダプタは標準的なノートパソコンのものと変わらない気がします。65Wだそうです。プラグ形状はおそらくLenovo製品共通である、四角の形のやつです。

私がLenovo製品を好んで使うもう一つの理由がこの充電プラグの形状でして、この四角の形だとプラグを指した上でケーブルが動いた時にもしっかりとホールドされるのでプラグが動きにくいです。そのためか、丸形に比べると接触不良が起きにくい気がします。私はこの形状のプラグ・ソケットで接触不良が起きたのを見たことがないです。

過去使ってきたノートパソコンも本体の寿命が来る前に「接触不良で充電できない」で買い換えることがありましたが、これなら安心して使えます。ノートPCをばらすのって結構テクニックが要るのでDIYで直すのも難しかったりするんですよね…。

小さいのでこんな隙間にも置けます!すごい!!!コンパクトなTEACのアンプよりも一回り小さいです。棚とかをうまく組み合わせればもっとスペース節約できますね。ディスプレイのVESAマウントが余ってればそこに装着することも可能だと思います(専用のVESAマウントフレームが売ってます)。ただ、最近はディスプレイの足がVESAマウントにくっついていて足を外さないとVESAマウントが使えない製品がほとんどだと思いますが…。

フロントパネルにはヘッドフォン端子、USB3.0 Type-A端子、Type-Cがあります。Type-Aは電源を落としていても電源供給が可能なタイプで、これも便利ですね。

最近のマシンだと省略されがちなストレージのアクセスランプがあるのも結構ありがたいです。

キーボードとマウスも入っていました。あんまり使わないと思いますが。
電源を入れるとさり気なく「Think」のiの点が赤く光るのも良いです。ThinkPadと同じですね。Lenovoはぱっと見たときのおしゃれ感をむやみに追求せず、こういった無骨であるが細部を見るといいデザインだな、と思える製品が多いように思います。そのあたりも好きですね。たとえば、フロントパネルのスリットの部分なんかも実際に見てみるとマットな仕上げで触った感じも硬さを感じ、良いです。フロントパネル以外は金属です。アルミかな?

良くない点

ファンがちょっとうるさいです。「昔のノートパソコンの負荷がかかってない時」みたいな感じの音量でしょうか。窓をあけている、音楽を聞いているなど他の音が存在する状況であればまず聞こえない程度の音量ですが。ファンは停止することはなく、ずっと動いています。

これに関しては、おそらく置いている場所の問題もあると思います。頭から近くて遮蔽物もないので。うるさいと思った場合は置く場所を少し離しただけでもだいぶ静かになると思います。その程度の音量です。