Hidizs AP80 Proを買った

ポータブルオーディオプレイヤーです。

USBでPCと接続すればDACとしても動作でき、Bluetoothでプレイヤーとしてもレシーバーとしても動作する。デュアルDACでバランス出力。というあたりが売り。

Amazonで見たら2万円だった。ヨドバシカメラだと18700円くらいだったんですが、販売終了と書いてますね。後継機種がなんか出来てるのかもしれないです。

イヤフォンはO2aid intimeというやつを適当に買いました。普通の3.5mmジャックで接続する有線イヤフォンです。半透明の樹脂で固められてるやつ。半透明が好きなので。バランス接続対応のイヤフォンにしようかなと悩んだんですが、まあ大して変わらんだろ、と汎用性のある3.5mmジャックの方を選択しました。

あんまりBluetoothイヤフォンって好きじゃないんですよね。電池交換出来ないし、すぐに失くしそうだし。あの小さい中にBluetooth通信モジュールとDACとアンプとスピーカーが収まってるわけでしょ?いろんなものが犠牲になっていると思う。

メーカー名はこれなんて読むんですかね?Hidizs。ヒディッズ(ス)?なにこれ?中国の新興メーカーって理解不能な名前が多いんですが、中国人視点ではこれらは自然に受け入れられるんですかね。中国の人名や地名の英語表記と比較しても全く違ってる響きのものが多くて違和感があるんですけど。

音質

まあ、良いと思う。不満は無い。

オーディオのレビューとなると「音場」「ドンシャリ」「ディテール」「厚み」「粒子」「音像」「定位」「塊感」とかアホみたいな用語を駆使するものが多いがアホみたいなので私はそういう表現はしない。周波数特性を測定して貼っておきたいが測定機器も無いし方法も知らない。なので、良いかどうかだけ述べる。これは、良いと思う。以上。

比較対象がソニーのWALKMANシリーズしか無いのだが、それと比べても大差なく良い音が鳴るような気がする。これだけの音質ならば個人的には全く不満がない。

ただ、何曲かに一回、バッファが一瞬尽きるのかブツっと一瞬(0.1秒くらい)無音になることがあり、ここだけ不満。

外観

ボディはアルミ。真鍮だかなんだかを使ったより上位モデルもあり、製品のレビューを見るとオーディオのボディは重いほど音が良いがエージングにも時間がかかるとかうんたらなんたらと解説されておって、こういうレビューを見るたびなあ、俺は嫌な気分になるんだよ。まあそれは置いといて。

アルミの質感はまあまあ良いと思う。触るとひんやりしてそこそこの重みを感じる。安っぽさは感じないが高級感も感じない。そもそもこういうデジタル機器は消耗品だと思ってるので、所有することによる満足感とかいうのは個人的には求めてない。電池すら容易には交換できないしな。

アルプス製のボリュームを使ってるぞ、というのが売りなので期待して触ってみたところ、細かいクリック感があり、1クリックで100段階のボリュームが一つ上がる。えっ?これボリュームじゃなくてロータリーエンコーダだよね?重くてぬるっと回る感触を期待してたので正直がっかりした。音量(ボリューム)という意味では間違ってないけど、アルプス製のボリュームって言ったらアルプス製のオーディオ向け可変抵抗って思いません?私だけですかね。

液晶もサムスン製IPS液晶だとか売り文句として書いていたが、スマホと比べると解像度が低く(480x360らしい)驚くような精細感は無い。別にアルバムアートもそんなに高解像度な画像が記録されてるわけでもないし、UIとしても文字が識別できればいいし、ずっと液晶画面を見てるもんでもないので精細感はまったく要らないのだが、サムスン製!すごいぞ!みたいに書かれてるのを見てからだとちょっとがっかりする。カタログ写真もはめ込み合成でめちゃくちゃ高解像度な外観になってるしな。

画面表面のガラスは傷が付きにくそうな感じでよい。縁が丸くなっており手触りも良い。購入時に液晶画面と背面に保護フィルムが貼られていた。中華製品あるあるですね。貼ってくれるのは有り難いが、液晶の縁が丸くて保護フィルムが浮いておりすぐ剥がれそうだ。うざったいのでもう剥がしてすてた。画面に傷が付いて劣化していく前に電池が劣化して製品寿命を迎えると思う。スマホも私は保護フィルムを貼らない派。製品寿命が長い一眼レフなどは保護フィルムを貼る。

あと、本製品にはシリコンカバーが付いていたが、これの品質がひどく、あまりキレイにフィットしないし見た目もなんか安っぽいし加工も雑な感じがしてこれも即捨てた。大昔のパソコンのキーボードカバーよりも酷い。

色々文句を書いたが、2万円弱という値段を考えればどれもこれも納得の行く品質、いや、納得以上の品質ではあると思う。期待を持たせるような製品紹介がアカン。

UI

UIはねぇ、ダメダメですね。全くこだわりを感じない。使えればいいやろ?的な考えを感じる。

AndroidのカスタムOSが載っているのだと思うが、ボタンの判定はシビアだし、日本語表示だと意味がわからないところが多いので英語で使っている。しかし英語も完璧ではなく、文字が表示範囲に収まらず全文を読めない設定項目などがある。多分、中国語でしかテストしてないんじゃないかな。

ただ、ハードウェアキーもあるので実用上そこまで使いづらいというわけでもない。不満はあるが我慢できる程度。

ただ、一つ評価できるところがあって、それはプレイリストの他に「お気に入りボタン」的なハートマークが再生画面に常時表示されている点。これを押すと別途、専用のプレイリストに追加されて再生時に1タップで追加/削除ができる。だから、「その時に特に気に入って聞いている曲」を管理しやすいんですよね。これは良いなと思った。他のオーディオプレーヤーでもみんなこんな機能はあるのかもしれないけどね。

機能

イコライザの他、MSEBという「Vocals」「Female overtones」「Bass texture」などといった、意味がわかりそうでわからない項目が並んでいて音質を微調整できる機能がある。使ってないけど。

あとは、歩数カウンター機能やEPUBリーダー、FMラジオも備わっている。使ってないけど。FMラジオは一回聞いてみたが、受信感度が悪くて室内ではなんとか聞けるな、というのが1局見つかっただけだった。こういう「簡単に実装できるから追加しとけ」みたいな機能を中国メーカーは好む傾向があるような気がするんですがなんなんすかね?書ける機能が多いほうが優れていて売れると思ってるんでしょうか。ちょっと価値感がよくわからないですね。私は歩数カウンターとかEPUBリーダーがポータブルオーディオプレーヤーに付いていないほうがむしろ好ましいですね。音楽を聞くだけのデバイスがほしいからわざわざポータブルオーディオプレーヤーを買ってるのに。

あと、イコライザを「使ってない」と書きましたが、これは個人的には珍しいことで、だいたいどんなオーディオ製品でも低音が出ないとか高音がうるさいとかで個人的に好みに鳴るように調整を行うのですがこれに関しては調整しない状態が一番良かったです。調整の必要が無いほど初期状態で音が完成されている…のか?知らんけど。

電池

電池の持ちは非常に良いです。50日間のディープスタンバイと13時間の連続再生、とうたわれていますが、さすがにそこまでは持たないんじゃないかな…と思うものの、私の使い方(2〜3日に1時間くらい聞くかどうかというくらい)で最後に充電してから2週間ほど使っても電池は75%くらい残っている。

総評

これで2万円弱ですから、とても良いと思います。満足です。

ただ、ソニーのWALKMANの一番安い機種がちょうど2万円で売られており、こちらは内蔵メモリ16GBもあり(A80PROは内蔵メモリ無し)、それ考えるとう〜〜〜んという気がしてきますね。音は聞いてみないとわからないですが…。

今回、そのWALKMANじゃなくてA80PROを購入したのは、小さいことをまず優先したんですね。あんまりでかい画面のデバイスを持ち歩きたくないなと思ったので。ただ、ソニーの方は設定項目の名前が切れてるとかいうことも無いでしょうし、再生中に音がプツプツ切れることも無いんだろうなと思うとちょっと色々考えちゃいますね。音質に満足しており、かつ、小さいので当初の要求は満たしている。だから買って失敗だったとは思わないものの、次回もこのメーカーの製品を買いたいとまでは思わなかったかなぁ。個人的には。


明日 2/12 22:00 から久しぶりに配信やってみます。