2022年02月01日の日記

鬱な気分が堆積している。

世間はウンコだと思う。アホしかいない。私だけでなく多分みんなそう思ってる。そう思ってる人たちの集まりだ。自分が一番偉い、正しいと思っている。

以前はそういうシーンを見かけた時に、「こうこうこういう理由で、それはXXXの方が正しいんじゃないですか?」みたいなことをなるたけ論理的に文章にして、中立的に考える丁度いいところを模索してきたが、これももう疲れた。やったところで大して意味があるわけでもなかった。金がもらえるわけでもないし。

以前好き好んで聞いていた音楽も、今は聞くと疲れる。耳障りに聞こえる。あれだけ好きだったさよならポニーテールもほとんど聞く気がしない。

家族のためを思っていろんな事に根回しして先回りして色々やってきたつもりだったが、これもいまいち伝わってないのか、それともやっていることが家族にとってそこまで良いものでもなかったのか、そのあたりわからないがもうやる意味もあんまり感じなくなってきた。頑張っても頑張らなくても何も変わらんなら頑張らないほうが良いなと思う。

楽しみはブログを書くことと絵を描くことの2つしかない、今の所。バイクは諸々の事情があってあまり出歩けていない。1週間に1度位は調子を維持するために動かしているが。道路に出てあおり運転を見かけるとがっかりするというのもある。本当、人間にはがっかりさせられることが非常に多い。なにかに対して漫画の一こまの切り抜きだけ貼ってすべて語った気になってる馬鹿。陰謀論。情報商材がYouTubeの規約に沿う程度マシになっただけのコンテンツ。ヤフーニュースのコメント欄。価格.comの質問欄。凶悪事件が発生すれば関連しそうな企業・市町村役場・学校などに片っ端から電話攻勢するやつ。全員死ねば良いのになと思う。

地球環境を保護するのに最も効果的な方法は環境保護活動を何もしないことだという話を聞いたことがある。環境保全活動を何もしなければ最短で人類が滅亡し、環境を破壊する種族が居なくなるので地球環境が最も効果的に保護されるというわけである。これはジョークの類であって、本当に人類が居なくなったら環境が維持・回復するのか?というのは怪しいし、そもそも地球環境が良くなった・回復したという状態がどういう状態なのか、それを定義するのは大変難しいのではないかとも思う。

しかし、自分が創作をやる中で出てくるアイディアというのは大体そういう極端なものだ。つまり、そういうことをしたいと思ってるのだろう。

人間と人間がわかり合うのは不可能である。違う思考を持った人間同士なのだから。だったら最初からなるべく関わらないようにすればいいと思う。しかし、そういう事を言うには不都合なところまで来てしまった。

10km四方くらいの島に一人で住みたい。