【質問#217】ある女性を好きになりました

質問・悩み相談の回答です。

質問

いつも楽しくブログを読ませて頂いております。
withpop様のブログとの出会いは数年前車のハイブリッド機構の種類を調べていた時でした。偶然withpop様の各社ハイブリッドについてまとめた記事を発見し、「はえー、わっかりやすい」と思い、合わせてそれぞれのハイブリッドについてwithpop様ご自身の意見を交えつつ独特かつ巧みな言葉選びで評価していた内容に心を打たれそれ以来withpop様のブログの虜となっております。

また僕も車が非常に好きで、(車が好き故に自動車部品メーカーに勤めるくらいは好きです)ひと月前くらいに現行インプレッサG4かFC1シビックセダンで迷いに迷い、走りの楽しさを重視してFC1シビックセダンを中古で購入しました。
で、2週間ほど前に納車となりましたが、まー不具合や「?」といった箇所が出るわ出るわで試乗NGで修復歴ありの非認定中古車を買うとはこういうことなんだぞと勉強させられております。
右フロントのインサイドパネル修復車で2017年式31000km走行の車検付きで購入したのですが、まず乗って3日目くらいからエアバッグの警告灯が点いたり消えたりする現象が発生し、走行中にボンネットがカタカタ振動するなと思って見てみたらボディとボンネットを繋ぐ可動部のボルトが2本緩んでたり、(締めてもボンネットの振動は軽減されただけで完治はしませんでした)
正規のタイヤサイズが215/50 R17に対しなぜか1本だけ205/55 R17を履いてたり、フォグランプがカプラーを介さず線から電球直繋ぎで電球が焼けて溶けたり、これは消耗品だから仕方ないのかもしれませんがバッテリーの劣化でアイドリングストップができない状態だったり、幸い全て走行自体には問題なかったのですが、一体どういう修理・点検・管理をしていたのかと思わせる1台に仕上がっております。
1つ前は修復歴有の認定中古車の2010年式FD3シビックハイブリッドに乗っていましたが、右Bピラーとサイドシルの修復をしたにも関わらずこちらは買った当時30000kmから70000kmまで一切不具合がなく、70000kmちょっとで初めてフロントウィンドウとAピラーの間のゴムが剥がれて飛んでいったくらいで、非常に優秀だったんだなと感じさせられました。
しかしながら僕も現状車屋がクソだなと思うだけでこのシビックセダンに不満はなく、むしろ偶然何らかが原因の事故で痛めつけられ、大して大事にもされずわけのわからない修理を受けてクソみたいな車屋に並ばされた悲しい境遇の1台だと考えており、
これからは僕が壊れても直しながら大切にするからね!ムギュ!なんて思いながら週1で洗車をしつつシビックセダンちゃんとの絆を深めている最中ですので、特に問題はございません。

さて、僕の大好きなシビックセダンちゃんの自慢話はこのくらいまでにしておいてここからが本題なのですが、質問のタイトル通り最近ある人を好きなってしまいました。
僕は1994年生まれ27歳の男なのですが、同じ会社の2歳下の女性を好きになってしまいました。

彼女とは会社では部署も近く比較的仲の良い存在だったのですが、約1ヵ月前くらい仕事の帰り際に彼女から「今日晩ごはん食べに行こう」と誘われ、
家に帰っても寝るかゲームするかくらいしかやることのない僕は、その誘いを快諾しハッピーテンションでびっくりドンキーに行きました。
そこでの会話は非常に盛り上がり、彼女の性格は基本「真面目」「論理的」「頑固」といったところではあるのですが、
上掲の性格のベースではありつつも冗談を交えた会話はできたり、塑性加工がやりたかったからという理由で弊社に入社してきたり、なんかかわいかったからという理由でMTのCR-Zを購入したりする
なんとも不思議で独特な世界を持っていることが判明し、そんな彼女に僕はたちまち惚れてしまったわけであります。
会話の勢いは衰えることを知らず気付けば5時間半、閉店まで談笑していて、その後彼女を家の近くまで送って行ったのですが、それでもお互い話し足りず、目的地に着いた後も車内で30分程度話してから解散しました。
また、その翌日にLINEを交換し、その日の夜から毎日メッセージ交換をするようになり、毎日しているにも関わらず話題は尽きないという良い関係が続いておりました。

それから数日後、またファミレスで食事をすることになり、その時には前回と比較してかなり仲が良くなっていたので、込み入った話や人生相談的な少々重かったり難しい話が繰り広げられましたが、
お互い飽きることなく、相談や質問に対して真摯に受け答えし、個人的な感覚ではよりよい関係が築けたのではと思いました。
その帰り、前回と同じように車内で会話をしていたのですが、その当時僕は前に交際していた恋人とのいざこざでかなり疲れていたようでした。(疲れた認識は無かったのですが物が食べられなくなり体重が大きく減少する、歯茎にでかい口内炎が急にできるなどの症状がありました)
前に付き合っていた恋人は精神障がいを持っており、且つ周囲の変化や動きに非常に敏感な性格で、僕なんかでは気にしないような内容でも重くとらえてしまいパニックになり、最終的には暴れる、深夜に家を飛び出す、自傷するなどといった行為に及んでおりました。
その恋人とは3年ほど交際していたのですが、最初のうちは「一緒に頑張っていつか克服しようね」と励ましながら生活していたのですが、日に日にエスカレートしていく彼女の行動に無意識にストレスを抱え、僕自身も暴言が増え、物を投げてしまったり壁を殴ってしまったりと
今までしたことのない行動をするようになり、自分がおかしくなってきているのを自覚しておりました。
きっと僕にも悪かった点はあると思いますが、会社に行けなくなったのもパニックの症状や頻度が増えたのも僕のせいだと言われ続け、彼女が心が落ち着かないという理由でやむを得ず友人との関係を全て断ち、別れ話を切り出せば「じゃあ死ぬ」と発言する恋人に限界を迎えていたんだと思います。
いろいろあってその恋人とは別れることができたのですが、直近のそのような状況もあり、どこか安心感を求めていたのか僕は彼女と手を繋ぎたくてふと車内で左手を差し出しました。
それに対し彼女は不快ではないということで、手を繋ぎ返してくれました。
僕自身甘えたがりな性格なので、その場の展開に便乗して数時間車内でだらだらと甘えさせてもらいながらお喋りしてました。

その数日後、僕から彼女に外食兼ウィンドウショッピングをしようとお出かけに誘いました。
彼女からOKをもらい、1週間後くらいに大宮をブラブラと練り歩き、お昼を外食し、夕方から夜にかけてカラオケに行き、二人で楽しかったねなんて話しながら帰路につきました。
帰りの移動もあっという間に過ぎ、彼女の家の近くのコンビニに到着したところで、また車内で雑談を開始したのですが、
その際、タイミングを計って僕から彼女に交際してほしいと告白しました。

しかしながら彼女からの回答はNOでした。
その際言われた内容は以下の通りでした。

・私は直近でしばらく恋人は作らないと心に決めており、頑固な性格なのでそれは今は曲がらない。
・前回車内で手は繋いだが、好きではなく同情故の行動だった。

また、恋人を作らないと決めた理由は以下の通りでした。

・私は今のところ人生において結婚するつもりは無いのだが、20代後半の恋愛においては大体その延長に結婚があり、最終的にそこに辿り着くようになるのが嫌だ。
・以前付き合っていた彼氏と付き合う前に結婚する気はないと宣言し、彼氏からも了承を得ていたが、追々結婚したい結婚したいと言われるようになり、勝手に「父親にも君のこと話しておいたから」と言われ嫌になって彼女の方から別れた実績がある。
・その後、その彼氏とは友達関係に戻り普通に遊んでいたが、彼から友達関係でいるのはつらいとの事で縁を絶たれ大きな喪失感を受けた。(彼女は彼のことは友達としてはとても信頼していて好きだったようです。)

結局は結婚に辿り着くのではないか、万が一交際して上手くいかなかったらまた人間関係を1つ失ってしまうのではないかという懸念からNOとの回答が出たのだと思うのですが、友達としては好きなのでこの関係は維持したいと言われました。
ただ、僕としては手に入れたいけど現状手に入らないと決まっているものの近くにいることはかなり胸が痛くなります。(彼女の元彼がつらいから縁を切りたいと発言した理由はよくわかります。)
彼女から「私の回答はNOだからもうそれ以上はないよ!ハイじゃあ終わり!」とハッキリ線引きされればまだ気も楽だと思いますが、普通にラインでの連絡はほぼ毎日とりますし、(彼女が出かけたりしていなければ2.3分で返信がきます。)僕がある種駆引きとして丸1日連絡をしないと向こうから「寂しい」と連絡が来たり、
夜から4~5時間電話してお互い電話を繋いだまま寝落ちして朝を迎えてそのままおはようなんてことが多々ありますし、(僕も彼女も特に話すことはなくても通話で繋がってる感に安心感を覚えるようです。)誘えば2人きりでご飯もお出かけも喜んで来てくれます。
これらのことを踏まえると個人的には所謂普通の友達の域ではないと感じますし、もしかしたら彼女の気が変わってワンチャンあるのでは?と思ってしまいます。
ある時彼女にとって僕のポジションはなんなのか聞いた時があったのですが、彼女にとって僕は【友達以上恋人未満の中の最上級的なサムシング】だそうです。
また、僕自身感情は素直に伝えてしまうところがあるので、「好き」とか「大切」などと言ったり、他の男性と仲の良いエピソードを聞くと適度にヤキモチを焼いたり独占欲が生まれることを伝えると、
彼女からそれはそれで心地よいと言われました。ただ、過剰な嫉妬・羨望・独占欲は相手の制限・規制に繋がると思っておりますので程度は考えて発言しています。

バリバリ個人的推測ではあるのですが、上掲の事象をみると彼女は僕を良く思ってくれている、あわよくば好きではあるが、彼女の頑固及びストイックな性格上一度自分で決めたことは絶対に曲げないという意思のもと
強靭な理性で僕と付き合う、もしくは付き合いたいという感情を殺しているのではと考えてしまいます。
彼女に対して僕に抱く感情は恋愛ではなく同情なんでしょ?と質問した際は「恋愛か同情の2択であれば同情だけど、同情は嫌だな」という回答をもらったことがあります。
さらに「人を好きになる感情を忘れた」のか「人は好きになるけど理性で抑えている」のか尋ねたことがあり、その際は後者だと答えておりました。

また、彼女の苦手であろう部分として、「人に褒められても反応の仕方がわからない」「人に甘えることがうまくできない」という特徴があります。関係のない話かもしれませんが・・・
彼女から幼少期に親から正常な愛情をもらったことがないという話や浮気されて別れたこともあるといった話を受けたこともありますので、
彼女は周囲がもたらす様々な理不尽・不条理により生まれるつらい思いから己を守るために他人に期待する・頼る・甘えるといった感情を捨て、
結果として人の心の暖かさというものの認識が薄くなり、それが恋愛の意識・向き合い方にも影響を及ぼしているのではと考えています。(僕も一時期自分を守るために感情を押し殺して論理でしか物事を考えていないときがありました。)

このような投稿を人生でしたことがなく稚拙な状況説明で大変申し訳ないのですが、僕は現在恋の盲目絶賛発症中だと思いますので、以上の内容をもちましてwithpop様に以下の質問に対して冷静かつ客観的なご意見・ご回答を頂きたいです。

①彼女と付き合いたいという一縷の希望のもとこのまま彼女との連絡・関係を継続することは選択としてどうなのか?
②関係の継続の果てに彼女の心がが理性を乗り越えて僕に傾く可能性がありそうなのか?
③彼女の心を傾かせたい場合、連絡及び関係はどのくらいの距離でどのくらいの時間をかけていくのが最適なのか?
④というかそもそも適当な理由をつけて彼女に遊ばれている、もしくは彼女の寂しさの埋め合わせをさせられているだけなのか?

あと、一応彼女の情報として男性との距離感は「普通の女性」(普通とは何かとはなりますがなんとなく察してください。)に比べ近めではあります。
彼女の大学が工学系で女子の比率が3%だったと言ってましたので、それもあってか男女の友情的な感じだと思っていますが・・・。
例としてはお互いフリーであれば男友達をサシで家に呼んだり、逆に行ったり、そのまま泊まったりとかはあったみたいです。相手と寝てはいないと言ってましたし、そういうタイプにも見えませんが実際どうなんですかね。

お忙しいところ大変お手数ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

回答

右フロントのインサイドパネル修復車で2017年式31000km走行の車検付きで購入したのですが、まず乗って3日目くらいからエアバッグの警告灯が点いたり消えたりする現象が発生し、走行中にボンネットがカタカタ振動するなと思って見てみたらボディとボンネットを繋ぐ可動部のボルトが2本緩んでたり、(締めてもボンネットの振動は軽減されただけで完治はしませんでした)
正規のタイヤサイズが215/50 R17に対しなぜか1本だけ205/55 R17を履いてたり、フォグランプがカプラーを介さず線から電球直繋ぎで電球が焼けて溶けたり、これは消耗品だから仕方ないのかもしれませんがバッテリーの劣化でアイドリングストップができない状態だったり、幸い全て走行自体には問題なかったのですが、一体どういう修理・点検・管理をしていたのかと思わせる1台に仕上がっております。

これちょっと色々やばいエピソードですね。

エアバッグは任意保険とも絡んでくる話なので、契約内容によっては事故時にエアバッグが開かないと保険屋から難癖つけられるなどあるかもしれません。そうでなくても警告灯がついていないことは車検時に検査対象になるはずなので早めに対処しておいたほうが良いと思います。(すでにやってたらすみません)

ボンネットの振動とボルトの緩みですが、高確率で振動が原因でボルトが緩んでいると思われるので、締めてもまた緩むと思われます。ちゃんとしたお店で振動の原因を根本処置するのが最も良いと思いますが、最低でも定期的に増し締めする、緩み止めを塗っておくくらいはしたほうが良いような気がします。(すでにやってたらすみません)

タイヤサイズが一本だけ違うとかもちょっと衝撃ですね。計算したら215/50 R17と205/55 R17では直径が1cm、2%違います。2%くらいだったら大丈夫かなぁとは思うのですが、もし前輪ならばデフには負担がかかると思います。全部同じサイズに交換するか、違っているのが前輪だったら後輪に移すだけでもしといたほうが良い気がします。(すでにやってたらすみません)

フォグランプを並列に繋いでいるのも、過電流というのは火災に直結するのでこれもまたよろしくないです。前オーナーは適当な性格ですね。適当な性格とDIY根性が合体するとろくなことにならないんですよね、車の場合は。

現状車屋がクソだなと思うだけでこのシビックセダンに不満はなく、むしろ偶然何らかが原因の事故で痛めつけられ、大して大事にもされずわけのわからない修理を受けてクソみたいな車屋に並ばされた悲しい境遇の1台だと考えており、
これからは僕が壊れても直しながら大切にするからね!ムギュ!なんて思いながら週1で洗車をしつつシビックセダンちゃんとの絆を深めている最中ですので、特に問題はございません。

ということなので、おっしゃるとおりだと思います。幸せならそれでOKです。質問者様は文面より常識的な考えをお持ちだと感じるのでちゃんと整備して大切にお乗りになるのだと思いますし、車にとっても今後は幸せであろうことと思います。

さて、本題になります。

うーんとではとりあえず頂いた箇条書きの質問から答えて行きます。

①彼女と付き合いたいという一縷の希望のもとこのまま彼女との連絡・関係を継続することは選択としてどうなのか?

いいと思いますが、付き合えるとしてもそこまでの道のりは十中八九大変になりますし、長い頑張りの後に最終的に関係が終わる可能性もあることは承知しておくべきだと思います。

②関係の継続の果てに彼女の心がが理性を乗り越えて僕に傾く可能性がありそうなのか?

すでに質問者様のことはご本人が言っているように、恋愛感情に至る寸前というほどに好きなのだと思います。「理性を超える」が指すところが何か?は難しい問題です。仮に好きすぎて付き合う→結婚するみたいな、「このビッグウェーブに乗るしか無い」というふうに変化する、という話だとするならば、これは何とも言えませんが、現段階では難しいような気がします。後述しますが、年齢を重ねると結婚側に傾く可能性は上がっていくような気がします。

③彼女の心を傾かせたい場合、連絡及び関係はどのくらいの距離でどのくらいの時間をかけていくのが最適なのか?

いまは現状の通りに過ごすのが最も良いと個人的には思います。少なくとも現段階では付き合ったり結婚したりというのに否定的なのははっきり口にしているので、それを尊重してみてはいかがでしょうか。少なくとも数ヶ月単位でじっくりチャンスを待ちながら、少しずつジャブをかましていくくらいが良いと思います。

④というかそもそも適当な理由をつけて彼女に遊ばれている、もしくは彼女の寂しさの埋め合わせをさせられているだけなのか?

文面を見る限りでは、それはまず無いと私は思います。彼女の言動がずっと一貫して整合性が取れているので、嘘をついているとか本当の気持ちを隠しているとかいうことは無いのではないかと思います。

以降、詳しく上記の回答の背景や、感じたことなどを書いていきたいと思います。

彼女とは会社では部署も近く比較的仲の良い存在だったのですが、約1ヵ月前くらい仕事の帰り際に彼女から「今日晩ごはん食べに行こう」と誘われ、
(中略)その誘いを快諾しハッピーテンションでびっくりドンキーに行きました。
そこでの会話は非常に盛り上がり、(中略)会話の勢いは衰えることを知らず気付けば5時間半、閉店まで談笑していて、その後彼女を家の近くまで送って行ったのですが、それでもお互い話し足りず、目的地に着いた後も車内で30分程度話してから解散しました。
また、その翌日にLINEを交換し、その日の夜から毎日メッセージ交換をするようになり、毎日しているにも関わらず話題は尽きないという良い関係が続いておりました。

この経緯を鑑みると、もう誘う時点で彼女には質問者様に対して少なからず好意があったのだと思います。

前に付き合っていた恋人は精神障がいを持っており、且つ周囲の変化や動きに非常に敏感な性格で、僕なんかでは気にしないような内容でも重くとらえてしまいパニックになり、最終的には暴れる、深夜に家を飛び出す、自傷するなどといった行為に及んでおりました。(中略)自分がおかしくなってきているのを自覚しておりました。
きっと僕にも悪かった点はあると思いますが、(中略)限界を迎えていたんだと思います。
いろいろあってその恋人とは別れることができたのですが、

このエピソードは、ネット上では類する話をたまに目にしますが、しかし実際に体験をするならば壮絶であることが想像するに難くなく、大変なご経験をされたのだと察します。別れることが「できた」というその三文字にすべてが凝縮されているような気がします。

最初のうちは「一緒に頑張っていつか克服しようね」と励ましながら生活していたのですが

このように前向きに考えられることは、人間として模範的な姿であり、見習いたいと思います。

最終的に別れることになったわけですが、その当時の彼女さんにも質問者様にも、ゲスで勝手な感想ではありますが、よい人生経験となった、人生の糧となった、という感じなのではないかと外野からは見えます。

人生にはお互いが大事だったはずなのに、すれ違ってしまうということが往々にしてあります。精神的なハンデを抱えているならば、そういう可能性も高まります。すでにご承知のことと思いますが重ねて言いますと質問者様のせいでもないですし、彼女さんが悪いわけでもなく、そういう状況だった、そういう星の下に生まれたという以上の意味は無いと個人的には思います。自分が読んでいた人生という小説がそういう内容だった、というような。

自分の話で恐縮ですが、若い頃は自分の頑張りで大抵のことはどうにかなると思っていたのですが、なんだか年を取るにつれ、もうしょうがないよね、と思うことが増えました。

直近のそのような状況もあり、どこか安心感を求めていたのか僕は彼女と手を繋ぎたくてふと車内で左手を差し出しました。
それに対し彼女は不快ではないということで、手を繋ぎ返してくれました。

彼女も少なからず好意を持っている、それが物理的に確かめられたと思いますよね。

その際、タイミングを計って僕から彼女に交際してほしいと告白しました。
しかしながら彼女からの回答はNOでした。

まあ、普通は「なんでや!!!」ってなりますよね。私はそう思いました。そこで語られた背景としては、

・私は直近でしばらく恋人は作らないと心に決めており、頑固な性格なのでそれは今は曲がらない。
・前回車内で手は繋いだが、好きではなく同情故の行動だった。
・私は今のところ人生において結婚するつもりは無いのだが、20代後半の恋愛においては大体その延長に結婚があり、最終的にそこに辿り着くようになるのが嫌だ。
・以前付き合っていた彼氏と付き合う前に結婚する気はないと宣言し、彼氏からも了承を得ていたが、追々結婚したい結婚したいと言われるようになり、勝手に「父親にも君のこと話しておいたから」と言われ嫌になって彼女の方から別れた実績がある。
・その後、その彼氏とは友達関係に戻り普通に遊んでいたが、彼から友達関係でいるのはつらいとの事で縁を絶たれ大きな喪失感を受けた。(彼女は彼のことは友達としてはとても信頼していて好きだったようです。)

となっています。それを踏まえると、

結局は結婚に辿り着くのではないか、万が一交際して上手くいかなかったらまた人間関係を1つ失ってしまうのではないかという懸念からNOとの回答が出たのだと思う

と質問者様は想像しておられますが、私は彼女が言葉通りの気持ちでいるような気がします。つまり、質問者様のこと友達以上恋人未満の最上級の存在として思っている、というのが嘘偽りない現状の気持ちであるが、そこからエスカレーションしたいという気持ちもまた同様に無いと。

そういう価値観の女性をたま〜に見てきました。男女ではあるが友達として仲良くしたい。その仲良く、とは、閉店までファミレスに居るとか、車内でずっと話しているとか、体を触ることに抵抗が無いとか、そういう傍から見れば「付き合ってるじゃん」となるような行動であっても、それは友達の範疇であって付き合ってはおらず、今後もそれを継続したいという。

一方で私の価値観としては質問者様の方に近いので(そして比較的多くの男性諸君がそうであると推測しますが)、そこまで好きであるのであればそこからエスカレーションして恋人なり結婚なりという状態になってそれを永続化させたいと思うはずだ、と考えると思います。

しかしながら彼女サイドの世界の住民は、そもそも恋人や結婚という状態にエスカレーションするのが嫌であるとか価値を感じないという認識があり、それをはっきり明言します。私が見聞きした限りでは、こういった方々は言葉と行動が一致しているパターンも結構あった(というかみんなそうだったかもしれない)のでそれが言葉通り本心でそういう価値観なのだと思われ、疑いの余地は無いです。

そしてそれらの考えは私も理解できるような気がします。結局、付き合っても結婚してもそれらの口約束や契約は破棄できますし、付き合っている、結婚しているという状態であってもお互いがもう好きでなかったらその状態を維持することに価値は無く、一方で行動に束縛が生まれるというデメリットだけが残りますからね。

今回のケースに関しましても、彼女は「今のところ人生において結婚するつもりは無い」と明言しています。ですから、元カレ氏の「勝手に『父親にも君のこと話しておいたから』と言われ嫌になった」というエピソードも「結婚は嫌だ」という心情に反する行為だから嫌なのであって、結婚に向けて物事を進めた勝手な姿勢そのものを極端に問題視しているわけではないような気がします。

その彼氏とは友達関係に戻り普通に遊んでいたが、彼から友達関係でいるのはつらいとの事で縁を絶たれ大きな喪失感を受けた

このときの元カレ氏の気持ちは質問者様のお悩みとほぼ同一ですよね。つまり、今後付き合う予定が無いと明言している異性と仲良くしていけるのか。自分がそれ以上のエスカレーションを望んでいるのに我慢できるのか。そういうことだと思います。

そしてまた一方の彼女サイドの世界に身を移しますと、いやいや、そもそも私は付き合うとか結婚するとかいうことにそこまで価値を感じておらず、その状態になってもデメリットの方が大きいのでむしろ嫌なのである。だから友達に戻って一緒に仲良くして幸せに過ごそうぜという約束をしたのに「やっぱ嫌だ、無理」と反故にされた、であるから悲しい。という、ここでも言葉通りの意味であって、何か裏の意味というのは私は無いような気がします。

ただ、僕としては手に入れたいけど現状手に入らないと決まっているものの近くにいることはかなり胸が痛くなります。(彼女の元彼がつらいから縁を切りたいと発言した理由はよくわかります。)

我々サイドの住民(質問者様、元カレ氏、私含む)はそう思うのが自然ですね。

僕がある種駆引きとして丸1日連絡をしないと向こうから「寂しい」と連絡が来たり、
夜から4~5時間電話してお互い電話を繋いだまま寝落ちして朝を迎えてそのままおはようなんてことが多々ありますし、(僕も彼女も特に話すことはなくても通話で繋がってる感に安心感を覚えるようです。)誘えば2人きりでご飯もお出かけも喜んで来てくれます。

これも「付き合う以上の関係にエスカレーションしたくはないが、いま時点ではずっと喋ったり出掛けたりしたい程度の仲良くしたい」ということなのでしょう。彼女の発言と行動に全く矛盾はないです。我々サイドの価値観との乖離が大きいので、我々には理解しにくいのです。

これらのことを踏まえると個人的には所謂普通の友達の域ではないと感じます

これもしつこいですが、我々サイドの価値観からすると、「男女がずっと電話を繋ぎっぱなしにするのであればもはや付き合っているに等しい」みたいになりますが、彼女サイドの価値観ではこれも友達なのだと思います。

彼女サイドの価値観では現状の関係が友達であって、それは幸せな関係であるから恋人となる必要が無いということです。ここを忘れないようにしたいですね。

もしかしたら彼女の気が変わってワンチャンあるのでは?と思ってしまいます。

これもまたしつこいですが、我々サイドの価値観ではそう思ってしまいますね。私もそう思ってしまうと思います。実際、ワンチャンあるかもしれません。しかし人は他人の価値観や考えを目で見て確認することはできないので、出てきた言葉や文章や表現や行動から考えや思いといったことを想像することでしか読み取れません。難しいですね。

正直に自分の気持を説明していって話し合える関係を作り、実際に話し合うしか無いでしょう。

ある時彼女にとって僕のポジションはなんなのか聞いた時があったのですが、彼女にとって僕は【友達以上恋人未満の中の最上級的なサムシング】だそうです。
また、僕自身感情は素直に伝えてしまうところがあるので、「好き」とか「大切」などと言ったり、他の男性と仲の良いエピソードを聞くと適度にヤキモチを焼いたり独占欲が生まれることを伝えると、
彼女からそれはそれで心地よいと言われました。ただ、過剰な嫉妬・羨望・独占欲は相手の制限・規制に繋がると思っておりますので程度は考えて発言しています。

ここも、言葉通りのことだと思います。

「過剰な嫉妬・羨望・独占欲は相手の制限・規制に繋がる」かどうかもちょっとわからないですね。やきもちを焼かせることが心地良いと感じるのですから、もっと好きであると言うとか、やきもちを焼くとかすれば、彼女もっと気持ちよくなる性癖なのかもしれません。もっと気持ちよくなったら間違って恋人になってしまうかもしれません。でもならないかもしれません。これも住んでる世界が若干違うので我々には良くわからないところがあり、ともかく我々の常識で類推せず、言葉通りに考えてみることが大事なのかもしれないな、と思いました。

バリバリ個人的推測ではあるのですが、上掲の事象をみると彼女は僕を良く思ってくれている、あわよくば好きではあるが、彼女の頑固及びストイックな性格上一度自分で決めたことは絶対に曲げないという意思のもと
強靭な理性で僕と付き合う、もしくは付き合いたいという感情を殺しているのではと考えてしまいます。

頑固で決めたことを曲げたくないと本人も言っているので、そうかもしれません。

ただ、

  • 「付き合わない」と頑固に決めたその根源には結婚したくないという価値観が存在している
  • すでに現状の関係で満足しており、仲の良い友達のままでいることを希望している
  • 恋愛感情にもぎりぎり至ってない

ということははっきり言っているので、それらをまとめると友達よりも上の関係にエスカレーションすることは自分にとって利益がない、もしくはデメリットの方が大きいので現状を維持して幸せを享受したい、という話だと私は思います。思うと言うか、彼女の話を言葉通り捉えたらそうなります。そして、前述したとおり、彼女は言動に矛盾がなく一貫してるのでずっと本心を言ってるような気がします。まあそれも推測・想像の域を出ないのですが。

彼女に対して僕に抱く感情は恋愛ではなく同情なんでしょ?と質問した際は「恋愛か同情の2択であれば同情だけど、同情は嫌だな」という回答をもらったことがあります。

これはちょっとよくわからないですね…。恋愛か同情かの二択であれば、まず恋愛にエスカレーションしたくないというのが前提にあるのでもう一方の同情ということになるが、しかし同情という言葉の惨めな響きは質問者様を「最上級のサムシング」と好意的に思っている感情とはマッチしない、と言いたかったのではないかと思います。

おそらく、その状況に最も適した言葉は「共感」だったのではないでしょうか。辛かったね、ということを理解する気持ちを触れ合うことで表現する。あんまり男女論は言いたくないですが、この共感というのは男性には時おり良くわからなくなる概念ではあります。

さらに「人を好きになる感情を忘れた」のか「人は好きになるけど理性で抑えている」のか尋ねたことがあり、その際は後者だと答えておりました。

これも言葉通りだと思います。人が好きになってもっと本能に従いたくなるが、理性的に考えればその後の行動の先には恋人、結婚という自分にとってメリットが薄くデメリットが大きい状態が待ち構えているので理性を発揮してエスカレーションを抑えている、ということなのではないかな、と思います。逆に言えば、理性で考えられるのであれば同じように理性で「恋人になったほうがより幸せになる」と理解できればその気持ちを打ち崩せるはずなので、ここは一つの望みであると言えます

彼女から幼少期に親から正常な愛情をもらったことがないという話や浮気されて別れたこともあるといった話を受けたこともありますので、
彼女は周囲がもたらす様々な理不尽・不条理により生まれるつらい思いから己を守るために他人に期待する・頼る・甘えるといった感情を捨て、
結果として人の心の暖かさというものの認識が薄くなり、それが恋愛の意識・向き合い方にも影響を及ぼしているのではと考えています。(僕も一時期自分を守るために感情を押し殺して論理でしか物事を考えていないときがありました。)

これはあるかもしれませんね。両親が不仲な家庭で育った人は結婚を避けるとか、子供を育てるのを嫌がるとかいう話をよく見聞きします。まあ、そういう考えに至るのは当然ですよね。

あと、一応彼女の情報として男性との距離感は「普通の女性」(普通とは何かとはなりますがなんとなく察してください。)に比べ近めではあります。
(中略)例としてはお互いフリーであれば男友達をサシで家に呼んだり、逆に行ったり、そのまま泊まったりとかはあったみたいです。相手と寝てはいないと言ってましたし、そういうタイプにも見えませんが実際どうなんですかね。

これも言葉通り、寝てないような気がします。そもそも本能に負けてちょっといいかなーくらいの男友達と一緒に寝るような価値観ならば今現在、質問者様ともうそうなってると思います。

昔はそういう価値観だったが、何か失敗するなどして考えが変わったという可能性もありえますが、まあそこまで考えたらどんな可能性だってありうるのでこれ以上考えるのはあまり意味がないでしょう。

このような投稿を人生でしたことがなく稚拙な状況説明で大変申し訳ないのですが、僕は現在恋の盲目絶賛発症中だと思いますので、以上の内容をもちましてwithpop様に以下の質問に対して冷静かつ客観的なご意見・ご回答を頂きたいです。

いえいえ、大変詳細な状況説明であって、かつ恋の盲目ではなく冷静に分析されているように思いました。

私の全般的な彼女に対する印象としては、

  • 言動が一貫しており矛盾がないので、その言葉は常に本心をそのまま表現していると思われる
  • 「裏の意図」「本当の思い」「嘘・盛った表現」みたいなものは無い(少なくともそれを疑うべき要因は今の所無い)

の2つに集約されます。(繰り返しになりますが、質問文を読んだ限りでの考えなので、想像に限界があります)

冒頭に記した回答は、上記の2点をベースにしています。

さて、ここからは聞かれても無いことをおっさんが揶揄して書くゲスタイムです。

なんとなく、以下の2点を考えました。

  1. 質問者様の付き合いたいという気持ち(そしてもしかしたらその先にある結婚したいという気持ち)
  2. 年月の経過

まず1. について。本記事では概ね彼女サイドの世界観、価値観を推測してきました。この考えが正しかろうと正しくなかろうと、お二人の間には価値観のギャップが存在する、というのはほとんどの人が同意してもらえる最低ラインだと考えています。

そしてこれは人間関係の問題であって、二人が議論に登場してようやく意味のある議論になるものだと考えます。

どういうことかというと、歩み寄るのは質問者様だけではなく、彼女にも歩み寄って価値観のギャップを埋める誠実さはある程度必要である…と書くと傲慢ですから、「歩み寄りを期待しても良い」くらいにしておきますか。彼女側からの歩み寄りも期待したいところではあります。ここらへんは惚れた弱み、みたいになおざりにされがちですがはっきり考える必要があると思います。

彼女は現時点でお互いの関係性に満足して幸せであるように見えます。ですが、その一方で質問者様は不満が残っているわけです。この状況下で、お互いがお互いの関係をずっと続けていきたいと思うのならば、それが友達であれ恋人であれどのような関係だったとしても、お互いが気分良く過ごすために妥結点を探らなければならない、というのが誠実な態度だと思います。であるならば、満足している彼女側にも多少の妥協は必要ではないかというのが私おっさん、全裸中年男性からの彼女に対する説教でございます。はっきり言うと、質問者様に我慢させて自分が友達以上恋人未満の丁度いい幸せを享受し続けるのは違うんじゃないかい、とそういうことです。

とは言うものの、あまり大きな成果も期待はできないでしょう。そもそも恋愛感情が無い、友達としていい関係でありたいと思っているのですから、現状よりエスカレーションすべきであるという動機自体が無いということになります。「あなたは満足かもしれないが私は不満なので、お互いがお互いの関係をずっと続けていきたいと思うのならば、ちょうどよいと思う妥結点を探りたい」というそれだけの交渉カードでどこまで関係が良くなるかはわかりませんが、まあ少なくとも話はしてみるべきだと個人的には思います。

例えば、「他の友達と遊ぶ予定がかち合ったときには、特別の理由が無い限りは二人の予定を優先する」とか「1週に1ぺんは必ず二人で出かける」とか、そのくらいですかね…。友達以上であるということが分かる約束の一つを取ってこれれば、だいぶ質問者様の気持ちや焦りも楽になるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

ただ、まあ基本の回答は最初に書いた

「いまは現状の通りに過ごし、あまり意識して行動しないほうが良いと思います。少なくとも現段階では付き合ったり結婚したりというのを嫌がっているので、付き合いたい・結婚したいという雰囲気を醸し出すと離れていってしまう可能性があります。じっくりチャンスを待ちながら、少しずつジャブをかましていくくらいが良いと思います。」

というとおりで、ここで言っていることは単にジャブ、の一つです。基本は現状のままずっと過ごし、現状の付き合いの状態を崩したくない、とはっきり彼女に認識させることが大事かな、と思います。「交際する」という関係性で縛れないならば、「関係が悪化したらお互い一緒に遊んで楽しい時間を過ごせなくなる」という方向で幸せな束縛で固めて行って独占欲を満足させる、という方向にしたら受け入れられるかなと。

あとのジャブとして、根本的な価値観として結婚が嫌だということに端を発していると思われるので、これを変えていくことも大事かなと思います。彼女は家庭で愛情を受けなかったということですので、それが真実であるならば、彼女の結婚に対する最も影響を与えるサンプルが不幸せな環境であったことになるので、そりゃ結婚したくなくなるよな、というのはすでに書きましたね。

であれば逆に、結婚して幸せになったというサンプルをたくさん与えることで考えも変わるかなと。ただ、現状変更勢力はいつだって警戒されるのでやり方はとても難しいですね。

2.の年月の経過は、私自身の中で色んな話がごっちゃになってます。非常におっさん臭い話になるので嫌なのですが、なんとかまとめて書いてみます。

まず、1. で書いたところと若干重複してしまいますが、やはり質問者様の生き方として「付き合うかどうかわかんない」という女性とずっと友達以上恋人未満の関係をたらたらと続けていくことを良しとするかどうか、です。それは質問者様自身が①の質問として真っ先に上げてますね。

関係性を続けていくことはどうなのか、という①の問に対して私は「いいと思いますが、付き合えるとしてもそこまでの道のりは十中八九大変になりますし、長い頑張りの後に最終的に関係が終わる可能性もあることは承知しておくべきだと思います」と書きました。そんでこの後半部分について口を挟みたくなるのです。

特に質問中では触れられていないですが、質問者様にもいい人がいたら付き合いたい、と思うのと同じように、いい人と長らく付き合ったら結婚したい、と思う気持ちがあるのではないでしょうか。多分あると思いますが、もしそうならば、現時点で彼女の考えはそれと反対なわけです。

そういう人とすっげー時間をかけて心変わりするよう苦心して、もし最終的に質問者様が幸せとは感じない結果に終わったら不幸なことであるな、と思ってしまうのです。もちろん、それを分かっているから悩むのだとは思いますが。

初婚年齢の頻度の分布をぐぐってみると分かりますが、だいたい男女ともに初婚年齢は26〜27歳くらいがピークであって、その後は年齢を重ねるに連れ単調に低下していき増加することはありません。

もし質問者様がいずれ結婚したいと思っているならば、質問者様の今の年齢は一番結婚に適した時期であることは統計から間違いないのです。その時期に結婚したくないという彼女の心変わりをさせるという行動(恐らく年単位でかかるだろうことが予測される)が適切であるかどうか、おっさんとしては口を挟みたくなってきますね。

考えた結果、それでいい、そこまでしてでも彼女と絶対付き合いたい、と思うならばそれで全然良いと思います。その決断(特に彼女をどのくらい好きであるか)は人それぞれなので、納得できる結論を導いていただければと思います。

「結婚したいのではないか?」という単なる類推に対してあんまり掘り下げるのもしつこいですが、同様の悩みは結構あると思うので他の読者の方にも向けて書いておきますと、結婚したいという気持ちもそれは尊重できるべきなので、気になった時は常に遠慮せずお互いに相談してみたら良い(そういう関係性を普段から作っておくべき)と個人的には思いますね。結婚するかどうかというのは相談しにくいことですが、大事なことなので。

このあたり、男性側が結婚を決めたら意を決してプロポーズするという風潮がありますが、この文化は私は嫌いですね。大事な事なんだから日ごろから話し合っておくべきだと思います。

あと、ネット上で活動するフェミニスト戦士の方々が変な方向に議論を持っていってるのでみんな忘れてしまいがちですが、結婚に価値を感じないという生き方を尊重するならば、結婚に価値を感じ、婚姻届を市役所に持っていってお互いの生計を一にすることに価値を感じるという生き方も同じように尊重されるべきなのです。

本来はお互いの価値観を尊重すべきだという話であって、結婚という既存の制度に反対することが正義では決してないのです。個々人の違った生き方を尊重すべきという話が大本にあるはずなので、それを忘れないようにしたいですね。

あとは、

  • 結婚していると税制や各種契約、世間体などなどで利益を得られることが多い
  • 女性は生物的に30代後半での初産はリスクが高くなってくる
  • 寂しさ、生きづらさを解決する選択肢として結婚が適当である(と考える人が多い)
  • 男性で独身だと短命である

みたいな背景もありますね。これらは良い悪いは置いといて、実際、そうなってるのが現実なのでこれも覚えておくべきでしょう。

特に結婚の制度という点に関しては結婚制度自体が害悪だとか夫婦別性が正義だとか、あとは逆に結婚という制度に価値を感じてそこを変えることは断じてならんなどという保守派の人もいますが、その辺りは口喧嘩したい人たちに一旦任せておいて放っておくとして、日本政府がどういう国民の生き方をモデルケースとして政策を合わせていくかという問題は常にあります。

全体主義的な考え方が嫌いだとかもっと個人の生き方を尊重すべきだとかああだこうだ話す人はいっぱいいますが、現実的に政策は全員の都合の良いようには作れないので統計やそれからなるモデルをベースに展開していかなければならず、すると政策の利益を享受しやすいのはマスなグループに属することだということも頭の片隅に入れておいたら良いのではないかな、と世間に対して言いたいですね。別に政策が気に入らんと文句を言うのはその人の勝手で自由にやってもらったら良いと思いますし何か言いたいことがあるなら言ったほうがいいと思いますが、政策の利益をその時に受けれるかどうかはそのときの政策と自分の状態次第であって、政策のほうを動かすのは一個人では無理なので。

私個人としてはその辺りの思想はもはやどうでも良いです。すでに受益者で関係ないので。俺は自分だけ幸せならば良いのだ、すまんな。ただ、現状の制度が既婚者にとってすごく不利益になる変更がある、たとえば明日から既婚者は時速3km/h未満になると爆発する装置を背負って生きてもらいます、みたいな法案が可決されそうになったら話は別ですが。

「男性で独身だと短命である」は統計より明らかです。こないだ知りました。女性は男性ほど顕著な差が無いみたいです。まあ、長生きすることが良いというのも人それぞれだとは思いますが。

どんどん質問の内容とそれてしまったので一旦戻すと、「もし質問者様が結婚を望んでいるならば、その自分自身の気持ちも重視すべき」というだけの話でした。

あとは彼女の心変わりなんかもちょっと気になりますね。私は来年37歳になりますが、だいたい34〜35歳くらいから昔「まだまだ結婚しない」と言っていた女性の知人の何人かは結婚したいと言うようになり、具体的にはあの時結婚しておけば良かったとか、もっと結婚を真面目に考えればよかったとか、あるいは逆に結婚したいがもう諦めたとかいう話をたまに聞きます。その心変わりの背景としては、前述のような4項目とかがあるのかもしれません。

ただ理由はどうであれ、40歳間近になってから結婚したいと思っても手遅れ…と書くと「女は30歳半ばを過ぎたら結婚できないというご認識か」と怒られるので、「どうせそういう結論になるのであれば、初婚年齢の山のピークくらいで結婚したいと思ってると都合が良いよね」程度にとどめておきましょう。ここでは。

ほんじゃあ、この記事とか初婚年齢のグラフとかを見せたら彼女の気持ちが変わんのか?と言われたら、まあ変わらないでしょうけど。どうにもならないことかもしれないけど、なんかどうにかならないかなぁという程度のぼんやりとした話です。すみません。

ともかくこの辺り、結婚と生き方の議論を包括的に質問者様と彼女で考えていただきたい、と、いち全裸中年男性としては思うのですが、まあそれは中年男性の見える世界がそうなのであって、20代はまた別の世界が見えてるでしょうし、「飲み屋で隣の席に座っていた面倒くさいおっさんがそういう話を部下にがなっていてうるさかった」という程度の記憶と置換していただいて頭の片隅で脳の能力の4%くらいのパウワーで内容を考えていただければ丁度いいのかな、と思います。

以上です。おわり。