「家事が楽になる!!」という家電を買った→そんなに楽にならなかった話

ずーっと思ってたんだけどまとめて書くね。

たまーに家事がしんどよぉと書くと、「そういうものは自動化しちゃいましょう!😊」みたいな事を言われるんだが、いや、やった上でしんどいんだよぉどうなってんだよぉ本当に皆楽になってんのか????という疑問を常々抱いているのでそういったことを書く。

ちなみに、我が家の場合であって万人がこういう結果になるというわけではないです。というのは以降の文章を読めば分かると思うんだけど分からねー人もたまに居るから一応それも書いておくね。

食器洗浄乾燥機

多分これと同等くらいの機種だと思う。一条工務店のi-smartという家を建てるとついて来るやつ。

食洗機、すっげぇ楽かといわれるとそこまで楽でもない。

まず、予洗いが必要。皿などの汚れをそれなりに落としておく必要がある。なぜか?食洗機は内部の水を循環させて洗うので汚れを大量に含んだ食器を入れると排水溝部分に食べ残しとかキャベツの切れ端とかが詰まる。これ、精神衛生上めちゃくちゃ嫌じゃない?俺は嫌だ。こういう汚れとか生ごみと一緒に洗うのは不潔だと思う。

まあ、私の衛生観念は置いといても予洗いしてから洗うというのがマニュアルにも記載されている正しい使い方なのでそうするしかない。
予洗い、実際は蛇口からの温水シャワーでブシャーってやって終わりで済むこともあるんだけど、そうじゃないこともあってするとスポンジで洗う羽目になる。そういう事をしていると「じゃあもう最初っからスポンジで洗った方が早いな」と思ってしまう。

あと、結構気を使って予洗いをしてもその排水溝部分に詰まるゴミをゼロに出来るかと言うとそういうわけでもなく、2〜3日に1回程度掃除する必要がある。つまりメンテナンスに結構手間がかかる。

加えて、こういうビルトイン式の食洗機って結構重量があるので、出し入れする時に運動エネルギーが乗りやすく、そのせいで箸などの食器が挟まると簡単に欠けたり壊れたりしてしまう。これが不満。あと、子供やペットが居ると手をはさみそうになることもあるのでこれも危険。うちは何度かやらかしそうになった。

あとは、かなりの高温高圧な温水の噴射で掃除をするので、乾燥でもかなりの熱がかかるので食洗機に対応していない食器も結構ある。つまり全部の食器が食洗機の恩恵を受けれるわけではない。例えばプラスチック製のタッパーとか、木製製品とかそういうの。

だから食洗機対応の食器で揃えようとするんだけど、そうすると例えば雑貨屋で気に入った食器を見つけたとしても食洗機非対応だった場合に「これ食洗機対応じゃないのか…」という悲しみが発生する。これも嫌。

さらに食洗機の中にうまいこと食器を配置するのも結構なテクニックが必要だったりする。それで試行錯誤してる時間で手作業ですぐ洗えますよね?と自問自答したりする。

以上のような諸々を含めたとしても、全体的には労力も得られる体験、価値もプラスにはなる。なるが、労力は全部人力だったときよりもせいぜい5割減くらい、満足度は1.5割増しくらいの印象でしかない。たまに「食器洗いから開放された!!」くらいの評価を見かけるがぜってーそんなに楽にならないと思う。食洗機、あるならそれに越したことは無いが、家事を楽にするために絶対に必要不可欠、みたいな感じではないと思うんだな。

縦置きドラムの全自動洗濯乾燥機

参考:買ったときの記事は以下。
縦型洗濯機を使いつづけてきた私がドラム型洗濯機にした理由

続いては全自動の洗濯乾燥機。

上の記事にも書いたんだけど、衣服の洗濯と乾燥で一番優れている方式は、横置きドラム型(軸が垂直のドラムで水を貯めてじゃぶじゃぶ洗うタイプの洗濯機、一般的には縦型?というのかな、ややこしい)で洗って、縦置きドラム型(軸が水平のドラム、コインランドリー型のやつ)の乾燥機と洗濯バサミを併用して干す方式だと考えている。

なぜかというと、単純に縦置きドラムで洗濯すると衣服へのダメージが半端ないからである。衣服同士やドラムとの衝突・摩擦エネルギーで洗う洗濯方法だから。それは乾燥時も同じなのだが、乾燥に限って言えば横置きドラムでは絶対にクシャクシャにしか乾かないのは考えてみれば明らかである。だって横置きドラムの回転方向では衣服はほとんど移動しないからね。脱水したときの形状のままで乾いてしまいやすい。だから乾燥をしたいなら縦置きドラムを選ぶしか無い。

で、縦置きドラム式の洗濯機を買って数回洗っただけで毛玉っぽくなる服が沢山ある。そういう服は横置きドラムの洗濯機で水を張ってじゃぶじゃぶ洗うのが本当ならば一番良い。また、前述したように乾燥プロセスでも同じくダメージを受ける。ダメージを受けなくてもくしゃくしゃに乾いてしまってシワがアイロンでも伸びない、ということは往々にしてある。

そういうわけでダメージを与えたくない衣服を選別していくと、うちの場合は以下のようになる。

  • 洗濯と乾燥を全自動で行う衣服→3〜4割くらい(下着類+α)
  • 洗濯のみ行って洗濯バサミ等で干す衣服→4〜5割くらい
  • 手洗いしてから脱水して干す衣服→2割くらい

毎日洗濯機は動かしているのだが、その内容物の少なさにびっくりする。ほとんどの服が洗濯乾燥できない、という結論に家族内で達しているのであるから。でもまあ、これはうちの東芝の洗濯機がダメダメという可能性は十分に考えられる。しかしその効果を差し引いたとしても上記の割合がそこまで劇的に変わるとも思えない。

で、リスト中の三番目の衣類に関しては脱水を縦置きドラム洗濯機で行うわけだが、これもまた非常にイライラする。縦置きドラムは構造上、ドラム内が偏心していると上下に跳ねる方向へ大きく揺れだす。これは危険なのでセンサーが感知して脱水を止めてしまう。そのリトライ回数が既定値を超えると脱水自体を諦めてずぶ濡れのまま洗濯機内で放置されてしまう。さらにドラム内はモーターの排熱などで結構温かい。この状態だと生乾きの原因等になりやすい。

衣類1枚だけを脱水するとほぼ確実にこの現象が発生するため、手洗いをする時はいくつかの衣服をまとめて入れる必要がある。でも手洗いが必要な衣服って、同時に色移りしやすい衣服だったりもするので本当は一緒に脱水したくない。したくないがそうせざるを得ない。また、洗濯物が溜まってきたどのタイミングで手洗いすべきか、などなども計画しておく必要があり、これが本当にストレス。だったら横置きドラムの方がまだマシだったとすら思う。

あと、メンテナンスがかなりの手間。構造が複雑なのであらゆるところにホコリが詰まったり、頻繁にかび臭くなったりする。だから毎日のフィルター掃除と定期的な層洗浄は必須。どちらも横置きドラム式の洗濯機でも必要なのだが、縦置きドラム式はその頻度が段違いで多く必要。

ただ、家事にかかる労力はマイナス6割くらいは行っているとは思う。満足度に関しては従来型の横置きドラムの方がよっぽど良い。一番幸せなのは横置きドラムの洗濯機+縦置きドラムの乾燥機+洗濯バサミ等だと考えている。

上記記事でも紹介したが、LGからDualWashという製品が発売されており、これは縦置きドラムと横置きドラムの両方を備えている。これが一番良いと思うが、以前調べた時は40万円ちかくしたので流石に検討対象から除外した。今見たら在庫切れになってる。

ロボット掃除機

家事自動化の筆頭みたいな扱いだがすっげえ微妙。猫がいるから嫌々毎日動かしているが、そうじゃなかったら使ってないと思う。

ロボット掃除機の性能には満足している。

ただ、実効性能が高くならない。

ロボット掃除機を運用するには基本的には床に極力物を置かないような生活が求められる。これは小さい子供が居る家庭では基本的には無理では無いだろうか…。

何度親が片付けても、何度子供に片付けさせても、半日経ったら同じになる。床に物が散乱する。そこに猫が突進してさらに物が飛び散る。熱力学第二法則である。

そんなところでロボット掃除機を動かしたら1分に1回物が絡まって停止する。役に立たない。

あと、ロボット掃除機はそれなりの広さの部屋であれば有効活用できるが、狭い部屋では運用できない。従って結局ほかの掃除機が必要になる。

部屋に散乱する子供のおもちゃなどを片付けた上で他の掃除機を引っ張り出したならばもう部屋全部、従来型の掃除機で掃除した方が早いのだ。

それでも、ロボット掃除機はしつこく何度もゴミを掃除してくれるので人間が掃除機をかけ損ねたところのゴミをも集めてくれるという利点はある。

ただ、以上をひっくるめてもう手放しで掃除不要になるかというと決してそんなことは無いと思う。一人暮らし、ワンルーム、二階やロフトなし、みたいなケースであれば基本掃除不要なところまで持って行けるかもしれないが、一軒家で小さい子供が居るとかの状態で「基本的に掃除しなくてよい」という所まで持ってくのはぜーったい無理だと思う。人間が掃除機をかける手間は少なくはなれど必ず必要だというのが今のお気持ち。

まとめ

というわけで文句ばかりつらつらと述べました。

ちょっと否定的なことばかり言ってしまったので次回は生活の役に立ってる道具列伝を紹介しようかなと思います。