【質問#150】不労所得で暮らすための最適解

質問・悩み相談の回答です。

質問

いつもブログを楽しく読ませて頂いております。
私は、働かないでも自動的に生活費が賄えるくらいのお金が入ってくる生活が憧れです。
ブログを拝見していると、withpopさんは資産運用や投資についての知識が豊富だなあと思っております。
そこで、一般的な家庭が不労所得で生活できる金額(サラリーマンの平均年収をざっと調べてみましたが、500万~600万くらいでしょうか?)を形成するにはどのような手順が現実的でしょうか?
※ここで言う現実的とは、例えば1億5000万を年間運用利率5%で…のようなそもそもの元手がまず用意できないであろうパターンを除くというニュアンスです…。

withpopさんが考える最強の不労所得を教えて頂けると幸いです。

回答

まず前置きしますが、私は資産運用・投資について詳しくないです。自分の金をどうにか試行錯誤してすこしでも増やそうと色々調べてみた記録がブログに書かれているだけと思って下さい。それを踏まえた上であくまでも私個人の考えを書かせて頂きます。

一般的な家庭が不労所得で生活できる金額(サラリーマンの平均年収をざっと調べてみましたが、500万~600万くらいでしょうか?)を形成するにはどのような手順が現実的でしょうか?

私の結論は手を動かして稼ぐしか無いというものです。しかも、ある程度リスクが高い博打で、です。「一般的な家庭」でそれが無理だとするならば、「不労所得で生活できる資産」を得ることは一般家庭では無理という結論になります。

ちなみに、「不労所得」にはたとえば「YouTuberになって広告費を稼ぐ」「noteとかで記事を売って稼ぐ」「アフィリや広告で稼ぐ」みたいなものは除外してます。なぜならこれらは労力が発生するので完全に業務だからです。

続けます。

たとえば、キーエンスとか年収がめちゃたかい企業に勤めている、が収入面での「一般企業」の上限としましょう。年収2千万くらいがもらえたとしましょう。それで10年稼いでももらえる賃金は2億です。20年稼いでも4億です。しかも20年稼いでも4億の貯金があるわけではありません。なぜなら生活費もかかるし、入社直後から平均年収がもらえるわけでもないし、年収がそのまま可処分所得になるわけでもないし、年収が高ければそれだけ生活レベルも上がるからです。どんぶり勘定ですが、頑張っても大卒から20年稼いで42歳で1億〜1.5億とかなんじゃないでしょうか。

そういうペースで稼いでも、例示しておられる「例えば1億5000万を年間運用利率5%」にギリギリ達するレベルです。ちなみに既にご存知と思いますが、1.5億を運用利率5%とすると年間の税引き後利益は600万円くらいになる計算です。ゼロから20年稼いで年間600万円というのはすごい金額ではありますが、「一般的な家庭」が一生それで食っていくにはちょっと心もとない金額だと思います。毎年コンスタントに5%の利益が出るとは思えないですしね。

めちゃ高給な会社に勤めてもそういうわけなので、そもそも「不労所得で生活したい」というのがめちゃハードルの高い設定だと思うんですよね。私自身、そうであったら良いなとは何度も思いましたが。

であるならば、無茶苦茶な金を稼ぐにはやはりリスクを取って手を動かすしか無いのです。

具体的にリスクを取って大金を稼ぐとは、例えば会社を興して事業を始めるとかになるでしょうか。何か特別な才能があるならば、たとえば仕事を止めて画家になるとか、めちゃ売れる漫画とか小説を書くとかもありますが、これらは結局一人でやる商売なのでスケールしません。会社を興して人物金をつぎ込んで大量のリターンを得ないといけないでしょう。

でも今度はそういう方法を取って散々に儲けたとしても、今度は自分の都合で勝手に会社を辞めづらくなります。人物金のしがらみに縛られるからです。

要するに、そもそも金を稼ぐという行為は社会のしらがらみと足かせにどっぷりハマる行為であるし、その過程で得た収入は自分の生活レベルを押し上げる行為になります。

まとめると、

  • 不労所得で暮らしたい
  • しかし金がない
  • 金は手を動かして稼ぐのがもっとも手っ取り早い
  • 不労所得で暮らせる額を手っ取り早く稼ぐにはリスクを取って行動するしか無い
  • そういうことをしていると社会と人のしがらみにがんじがらめになって自分の都合で辞めれなくなる
  • 結局稼いでも不労所得では暮らせない

ということになります。

というわけで私はもう不労所得で儲けるのを諦めました。私は投資は子供らの教育資金のためと老後の生活資金のためにやっています。

なんとも夢のない結論ですが、私はどう考えてもこういうことしか思いつきません。せいぜい、仕事をする傍ら自分が趣味で作った何かが当たってそこそこ儲からないかな、という夢を持つのみです。

人生って辛いですね。