普通自動二輪で乗れる新車を見てきたまとめ

見てきた車種:

  • Kawasaki Z250
  • Kawasaki Ninja 250 / 400
  • KTM 390 Duke
  • CB250R
  • CBR250RR
  • CB400SF
  • MT-25/03
  • YZF-R3

テキトーに感想などを列挙します。

KTM 390 Duke

自分が一番気に入っている車種。見た目がかっこいいし、先進的な機能がいい(ABS、フルカラーTFTメーター、ライドバイワイヤ、スマホペアリング機能、LEDヘッドライトなど)。

車もそうだけど、私はソフトウェアや電子的な制御が介入するほうが好き。「スロットルとエンジンが機械的につながってないとやだ」みたいな考えはない。

かっこいいよなあ。見た目。

オレンジがとても印象的。

バイク屋のおじさん曰く「所有している人の話だと、『町中で視線を感じる』とよく聞きますよ」とのこと。目立つからね。「目立つので車のドライバーからも認識されやすいです。これが黒いバイクで黒い服とかだとあまり視認されにくいんですよね」とも。ふーん、そういうもんかな。ライト付いてりゃ何でも変わらないような気もするけど、確かに言われるとそうかもしれない。少なくとも黒尽くめよりもマシなことは間違いないだろう。

ちなみに、ここのお店はスタッフの印象がとても良かった。初心者にもすごく丁寧に解説してくれる。メンテ時には作業内容を見学しつつ解説し、自分でも簡単な整備ができるように大体のことを教えてくれるとのこと。すごいなー。

TFT液晶メーター。TFT液晶だと日中に視認性が悪いのでは?と思っていたが、すごく見やすい!って感じではないものの、視認性には特に問題なかった。白昼、外でスマホを輝度最大で見てる、みたいな感じかな?(ノングレア液晶)Youtubeで390 Dukeの動画を見るとみんな反射して見にくいのだが、どうもこれは角度の問題のようだ。ドライバーの目線だと全く問題ない。

Languageの設定を見てみたが、日本語は選べないみたいだ。まぁ、CJK対応なんてやりたくないよね…。そんなに数出るマーケットでもないだろうし。

373cc単気筒ということで振動を気にしてたが、乗った感じでは普段乗ってるLEAD 125と大差ないかな…という感じ。他の店舗では「長距離で単気筒は絶対やめたほうがいいですよ。振動がキツイですよ」と言われたが、こちらの店舗では「長距離辛いかどうかは巡航速度によりますね」とのことだった。まぁ、バイクの場合の長距離ツーリングってその疲れ具合が達成感にもつながるので、そこまで疲れにくさを求めているわけでもないのだけど。

エンジン音はすごくワクワクする!という感じでもない…かな?アイドリング時はなんか金属をカタカタ揺らしてるような乾いた音がしている。LEAD 125みたいな音。まぁ同じ単気筒だから当然なんだけど。吹かしても普通の単気筒サウンド。4気筒サウンドが個人的には好みなのだが、やっぱああいう滑らかさは無い(当然)。

ライディングポジションはすごく楽。ハンドルが広いから?かな?あんまり前傾姿勢にならなくてもよい。最初またがった瞬間の印象は、「えっ、これで400cc近いバイクなの?LEAD125とあんまり変わらんのでは…」という感じだった。

足は両足のかかとまでベッタリついた。今回またがった車種は全部かかとまでベッタリ。ちなみに身長176cm。

私道?で20mくらい直進してUターン、という感じでちょっとだけ試乗させてもらった(10年ぶりくらいにミッションバイクに乗るのでちょっとだけ)が、「10年ブランクがあるにしてはすごく普通に乗られてましたね。普通Uターンしようと思わないですよ。驚きました。それだけ乗りやすいバイクなんでしょうね」ということだった。

「乗りやすいというのは非常に重要なんですよ。大型買った人でよくいるパターンなんですが、乗りこなすのに結構精神力が居るので、結局今日はちょっと寒いから、今日は気分じゃないと理由を付けてバイクに乗らなくなってしまう。そういうのが発生しにくいというのも乗りやすいバイクの長所ですね」とも言われた。なるほどー。自分の場合もそれはありそうだ。

あと、クラッチがすごく軽かったのも印象深い。今日触った中ではダントツで軽かった。半クラ位置も初めてで一発で分かった。ニュートラルにも一発で入った。教習車のCB400SFはすごーく入りにくくて苦戦したのだが…。

ちなみにKTMのバイクはアンチ・ホッピング・クラッチというのが付いてるらしい。ギアをいきなり下げた場合にちょっとクラッチを滑らせてロックしたり急激にエンジンブレーキがかかるのを抑制するものだそうだ。これのおかげでクラッチも軽くなるらしい。機械的にどういう仕組になってんのか気になる。

Ninja 250 / 400

写真は250。

実車を見るとカウル付きってどのバイクも何故かすごく大きさを感じる。まぁ実際横幅はでかくなってるはずなんだけど。全長も変わってる感がする。

カウル有りか無しかですごく悩んでいたのだけど、実車を見たら「ネイキッドのほうが良いな」と決意が付いたので、カウル付きはあんまり真面目に見なかった。写真もほとんど撮ってない。

ちなみになぜネイキッドのほうが良いと思ったかというと、なんかこう心理的な大きさを感じてあまり気軽には乗れなさそうと思ったのと、メカが見えてるほうがかっこいいなと思ったのと、立ちごけしたらダメージがでかそう…とおもったのと3点の理由による。

Z250

見た感じすごくかっこよかった。けど、見た目的には390 Duke / MT-03/25のほうが気に入ってるのでこちらも少し見ただけ。

その他、写真は取らなかったけどVERSYS-X 250 TOURERも見た。純正でパニアケースついてるやつ。子供が大きくなって手がかからなくなったら一人でツーリングしたいと思っているので荷物が沢山載せられるモデルにも興味があるのだが、これは「純正のパニアケースは見た目を優先させて内容量があんまり無い。純正のを外して別のをつける人も居る」とのことだった。

あと、250ccなので車体がすごくデカかった。なんだろう?スペック表で全長を見ると250~400ccのバイクってどれもプラマイ10cmくらいしか変わらないはずなのに、すごくデカかったり小さかったり見える。車でも似たようなところはあるな。高さがあると大きいと感じるのかも?

CB400SF

もうちょっとちゃんとした写真とればよかったな。これしかなかった。

昔からほしかったバイクの一つ。初見で見た印象はとにかくでかい!!重量感を感じる。カタログを見ると「ビッグワン」とか書いてて、何がワンなのかわからないけどまぁでかくて重量感があるクラシックなバイクというあたりを押していきたいんだろうな。

座った感じもいかにもでかくて重量感のある、バイクらしいバイクという感じだった。教習車でよく乗っていたはずだが、こんなにデカかったっけ?という印象。サイズは教習車と変わらないはずだよね。ただ重量感は思ったより感じなかった。一度教習車で立ちごけしそうになったのだが…。まぁ教習車のほうがいろいろ付いてる分、若干は重くなってるはずだしな。

こちらは店内保管でビニールが掛かってる状態だったのでエンジン音も聞けなかった。残念。

二眼メーターは昔から好きで一番良いと思っていたのだが…。390 Dukeを見たあとだとTFT液晶のほうがかっこいいな?と思ってきた(新しいもの好き)。

またがった感じ、これでギュッとニーグリップするとまさに人馬一体という感じ。大きな生き物を足で捕まえて走らせてる(走ってないけど)という印象。

ただ、ちょっとハンドルが前に行ってる感じがしてほんの少しだけ前傾っぽくて辛い気がした。CB400SFって最もスタンダードで姿勢も楽だと思っていた。390 Dukeとかは逆に前傾姿勢になってつらそうだな、と思ってたけど実際乗ってみたら個人的には評価は真逆だった。CB400SFのほうがつらい気がする。

あと、CB400SFはタイヤがすごく前にある感覚がする。慣れれば問題ないのかもしれないけど、ちょっと怖いような気がするな?と思った。

この店舗で売ってるCB400SFはすごく安売りされていた。具体的な価格は許可をもらっていないので書くのは控えるが、他の400ccバイクと大差無いよね?という額だった。2018年モデルの売れ残りなので安くなってるらしい。そもそも在庫が無くなってきているので、新潟などから買いに来る人もいるとのこと。マジかよ。

CB400SFでは価格がちょっと高いなーと気になっていたので、ここまで安いと買いたくなってくる。下手したら中古より安いんじゃないかってレベル。

私は勘違いしてたのだが、バイクって在庫がなかったら簡単にいつでも取り寄せられると思っていたんだけどそうでもないんだね。この在庫がなかったらメーカーにも在庫ないしメーカーもすぐ作らないし、いつ手に入るかわからないと言われた。(他の店でも同様の趣旨のことを言われた)

あと、買うならABS搭載モデルが良いなと思っていたんだけど、「ABS搭載モデルは数万円高くなるので全然人気がない。販売量の1割くらいじゃないか」と言われた。えー、そうなん?個人的に、いざというときABSに頼って思い切りブレーキをかけれるというのはすごく重要だと思うんだけどな…。そのために限界性能が下がっても良いとはっきり思う。まぁ感覚の違いだな。

CB400SFは普通自動二輪の中ではやはり重量もあるしパワーもあるので、いずれ大型に乗りたいと思ってる人でもCB400SFで満足して大型をわざわざ買わない、という人も多いと言っていた。ふーん。まぁそうかも。

確かに今回、各店舗で大型バイクを一通り見たがこんなにデカかったっけ?と思うのが多かった。あんなの買ったら、私ならばめったに駐車場から動かさなくなってしまうだろうな、と思った。大型免許は絶対に取る!と思ってたけど、もしかしたら自分も~400ccまでの排気量で満足できる人間かもしれんなぁ。

CBR250RR

Webで写真見たときから見た目があんまり好きじゃなかったんだけど一応写真も撮っていおいた。実車みてもやっぱり無いな、とは思った。ちょっとこれに乗るのは私は恥ずかしいな…。そこまでバリバリにサーキット峠その他で攻めたいというわけでもない。そこらへんの町中やちょっとした峠で気持ちよく乗れればいいや、という感じなので。

CB250R

これも一応写真だけ撮っといたという感じ。これもWebで見た段階で見た目的にビビッとくるものがなかったんだけど、実車見てもやっぱりそうだった。

MT-03/25

「写真は撮ってもいいけどブログやSNSに載せないで」と言われたので写真は無い。

MT-03は初めて見た印象、やっぱりかっこいい。個人的に、見た目的で選ぶならやはり390 DukeかMT-03/25のどちらかだな、と思う。

ちなみにヤマハ正規ディーラーを2店舗回ったのだけど、残念ながらどちらも店員の印象が悪かった。片方は「今整備してるから早く帰ってくんねぇかな…」という態度を惜しげもなく全面に発揮しているタイプでちょっと度肝を抜かれたよね。お客様は神様だ的な精神には否定的だが、それにしてもどうにかなんねぇのかという感じだった(個人的印象)。

基本、回答が「はい」「いいえ」で終わるんだよね。全然情報をくれない。

私「MT-25/03がほしいので見積もりを出してほしいんですが」
店「すみません、もう在庫が無いです」
私「え、そうなんですか」
店「はい…」
私「…」

私「じゃあ在庫が無い場合、私はMT-25/03を買うならばどうすれば良いのですか」
店「近隣にももう在庫は無いと思います。メーカーにも在庫はないです」
私「そうなんですか」
店「はい」
私「…」
店「…」

私「じゃあ、欲しいという場合は、近隣の店舗を一個ずつ回って在庫がある店舗を探すか、メーカーで在庫ができたかどうか定期的に店舗で確認するのが良いってことになるんですかね」
店「はい」
私「…」
店「…」

私「ざっくりで良いので、総額でいくら位になるか知りたいのですが」
店「そこに書いてる価格に諸費用がかかるって感じです」
私「…」
店「…」

売る気あんのかな?

買うにしても少なくともここの店舗で買うことは無いな、と思った。車買うときもマツダディーラーの対応でだいぶイライラさせられたからね。

なので近くにある別の正規ディーラーに行く。すると、店の中にバイクに跨ってる女性を店員3人が取り囲み、おすすめポイントを説明したり相談に乗ったりといろいろやってる。私が入っても完全無視。挨拶も無い。

3人のうち一人捕まえて見積もり書いてもらおうかなと思ったんだけど、なんか3人で目を輝かせて熱心に説明してるし、それ中断させるのもどうかんかな、と思って気が引けてやめた。帰った。

しつこく別の店舗に行ってみる。今度は中古ショップ。すると運良くMT-03が置いてあり、若い兄ちゃんがやってきていろいろ熱心に説明したり、バイクをわざわざ外に出してエンジンもかけてくれた。

なんかこう、神接客みたいなのを当たり前のように望むのはどうかな、と日々思うのだけど、こうして接客応対の差を感じるとやっぱり私も人間なので、良い対応をしてくれた方に傾いちゃうよね。

つうか、バイクが好きだからバイク屋をやってるんだよね。だとしたら、獲物が来たら嬉々として説明したくならないのかな?私が例えばカメラ屋とかPC屋とか車屋とかになったら、絶対熱心に説明しまくるわ。まあ、二軒目は女性には(?)熱心に説明してたけど。

接客の話はおいといて、MT-03の話。

MT-03、すごく良い。初めて見た感じは「うわー、でかいなー」だったけれど、またがると不思議としっくりくるサイズ感。まとまりがあって運転しやすそうだなという印象。エンジンをかけスロットルを捻ると、おお…すごく心地よい排気音。素晴らしく気持ち良い。やっぱり排気音で比べるなら個人的な好みは明らかに多気筒だ。すばらしい。

メーターはWebで写真を確認していたよりもずっと良かった。安っぽさが無く、視認しやすい。

CB400SFはまたがった感じ、みっちり詰まってる感がすごく、エンジンの塊に乗ってるなという印象が強かった。

MT-03はもっと軽々とした感じでありながら、膝でタンクを挟むように力を込めると心地よい一体感。気分が上昇してくる。ギアすら入れてないのに気持ちが高ぶってくるんだよね。いやー、気持ちよさそうなバイクだ。

こちらは中古で色々な社外パーツがついているバイクだった。スクリーンも付いていたのだが、スクリーン付いてるとネイキッドでも一気にカウル付きみたいな印象になるな。バイクに乗ってる状態だとスクリーンが一番目に入るからかな。

こちらは1万km走った中古車だがぱっとみて小傷がある程度あるものの全般的に状態は良さそうで、値段もかなり安かった。

あと、こちらで対応してくれた店員さんが言ってたことで印象に残ってるのは、先に書いたとおり「単気筒だと長距離はしんどい。振動がキツイ。これは以前単気筒に乗っていた実体験」ということだった。「基本的に100km未満で原付二種ではちょっと辛いなーというあたりの距離感で走ることがほとんどで、年1回くらいは片道500kmくらいのツーリングするかも」という用途を説明していたことに対する回答です。

あとは「街乗りでの燃費は単気筒、2気筒、4気筒の順で良くて、高速走行だと逆転する」と言ってた。そうなんか。個人的には機械損失が一番少ない単気筒がどんな場面でも一番燃費が良いと思っていたのだが、そうでもないのか。単気筒は街乗りの速度域でトルクが出て燃費も良くなるようにしてるから高速巡航だとスイートスポットを逃すのかな?まぁ別に燃費気にしてないんだけど。たとえ燃費が10km/Lに満たないバイクだったとしても気に入ったら乗る。

そういや、燃費が10km/Lに満たないバイクってそもそもあるんかな?と思って調べたら、ハーレーXL1200CXというやつが4.5km/Lでタンク容量14.5Lという記述を見つけた。満タンから100kmも走れないバイクなんてほんとにあるの…?

その他

YZF-R3も実車は見るだけ見た。けど、先に書いたとおり、やっぱりカウル有りはなんかこう個人的にしっくりこなかった。

あとはNIKENも見た。今回、「いずれ大型に乗りたいと思うようになるのだから大型を最初から買おう」と最初は思っており、その過程でNIKENのゴツさと安全性が気に入って検討してたのだが、実車をみてこれ無理だわという思いになった。なんかもうデカすぎる。長距離ツーリング以外では乗りたくないな、と思える外観。車でいうと普段からハマーで幼稚園やスーパーに行くかのような面倒臭さと言うか億劫さになりそうだな…という感覚。

そういうわけで、自分的にはしばらく(少なくともここ10年位)は普通自動二輪レベルのバイクで十分だわ、という思いを強くした。まぁ乗りなれたらよりでかいバイクが欲しくなってくるとはみんなに言われるんですけどね…。

というわけで、今回乗った中では

  • カウル付きよりはネイキッドのほうが好きだな、と分かった
  • 見た目的にはMT-03/25か、390 Dukeが良い
  • でもCB400SFも捨てがたい。あれを所有し運転する満足度は思った以上に高そう
  • バイクの感覚的なデカさはスペック表からじゃわからない
  • 大型はまだまだ要らない
  • 単気筒でも別にいいかなという思いが強くなった
  • 私の身長(176cm)なら何乗っても足は付きそう

という感じのことが分かった。

本当はレンタルバイクに色々乗って確かめようとか、春先の試乗会まで待って決めようと思っていたんだけど、なんだか今すぐにほしい気持ちが高くなってきた。

あと、どのバイク屋でも今は在庫が枯渇する時期で、今を逃したら春先まで待たないと手に入らず、かつ仕様が何も変わらず値段もアップするかも…と言われた。営業トークもあるだろうが、残り1台とか2台とか言われると悩むなー。MT-03/25, 390 Duke, CB400SFのどれかを買ってしまうかもしれない。

そういえば、どのバイク屋でも「調べれば調べるほど何買ったらいいか分からなくなるんだけど」という話をしたら、「そういうときは感覚で気に入ったものを買うといいですよ。人は気に入ったバイクに一番乗るようになるんで」という趣旨のことを言われた。

皆さん文章量や写真撮影枚数からもお察しの通り、感覚だと390 Duke一択なんだよなぁ。どうすっかなー。