【質問#125】店員さんに恋をしました。

質問・悩み相談の回答です。

質問

こんにちは、withpop様。
いつも楽しくブログ、Twitterを拝見してます。
家族関連の温かいツイートが流れる度、思わず「いいね 」しつつ、勝手に心を暖めております。

本題です。
恋の病です。
先日ガソリンスタンドに行きましたところ、店員さんに恋をしました。。
恋に落ちるような言葉のやり取りがあったわけでもなく、身体的接触があったわけでもないのに、お会計の直後から「あぁ!この人のことが好きだ!」と迷いなく確信してしまいました。
今までもスーパーの店員さんやドラッグストアの店員さんに心を惹かれることはありましたが、ここまで一瞬でゾッコンラブ、つまり骨抜きにされたのは初めての事でした。

どうか引かないで読んでいただきたいのですが、私は店員さんに興味を持ってしまうと、
レシートに印字された名前をネットで検索し、その店員さんと思しき情報が出るまで果てしなく検索を繰り返してしまいます。
今回も例に漏れず、店員さんの出身校(小中高)を見つけてしまいました。
ただ、調べるだけで、校区にある家を一軒一軒表札を見て回ったり、仕事が終わる時間を見計らって後をつけようなんて1ミリも思いませんし、実行しませんが…

この、店員さんを調べてしまう癖のことを友人に話すと、正直気持ち悪い、ストーカー一歩手前(というかストーカー)、そのうち逮捕されそう、などの否定的な意見のみを頂戴しました。

私がおかしいのでしょうか。好きな人のことを知りたいと思いGoogleで名前を検索するのは悪いことなのでしょうか?
…と、そこまで考え込んでいるわけではありませんが、やはりこの調べてしまう癖は治したほうが良いのでしょうか?
また、withpop様的には、客と店員さんとの恋は実るものだと思いますか?

ちなみに私は男性、23歳、普通に働いてます。
withpop様の主観モリモリでお答えいただけると幸いです。

回答

今回の質問とは直接関係ないのですが、質問もなんだかんだで125番めまできました!良いですね。100番を超えたときは一旦これで終わりにしようかなと思いましたが、ここまで来たらもう1桁、1000件まで回答してみたいなと思うようになりました。どんなことでも良いので、送って頂けると有り難いです。

さて、今回の質問ですが、良いですね。恋の質問に回答するのは良いですね。

私は自分を論理的な人間と思ってますが、結構、オカルト的な話や人間の感情の話って好きなんですよね。オカルトとか人間の感情とかって、まだ科学が十分に解明できてないところが有るじゃないですか。オカルト現象とかも詳しく調べてみれば既知の自然現象だったり、人間の認識に由来する何かだったりするんでしょうけど、それを解き明かすプロセス、また、そうじゃないかな、と原因を推測してみるのってとてもおもしろいですよね。恋愛もそうで、相手がどう思っているかを相手の態度や言葉、表情から推測するのはとてもゲーム性があって面白いと思います。

ですが、私は学生時代は、誰も恋愛話を私に喋ってくれなかったのです。多分こいつに言っても仕方ない、意味ない、と思っていたのでしょう。正直むかつきますが、事実なので別に良いです。だから私は某が何某と付き合っているとかいう情報を全然知らなかったので、そのせいで色々やらかしたこともありました。でもまぁ良いや。俺には関係ねーし。

と、こうやって自分の話ばかり喋るのがいかんですね。話を質問に向けましょう。

先日ガソリンスタンドに行きましたところ、店員さんに恋をしました。。

良いですね、恋。

身体的接触があったわけでもないのに、お会計の直後から「あぁ!この人のことが好きだ!」と迷いなく確信してしまいました。

一目惚れというやつですね。

私も一度だけ一目惚れ(に近い経験を)したことがあります。電車の中で座っていた女性で、その時私が23歳くらい、その人もたぶん同い年くらいだと思うのですが、めちゃくちゃ顔がタイプだったんですよね。髪がボブカットの綺麗な茶髪で、ちょっと目が細くて、色白で肌が綺麗で、顔が小さくて、Tシャツにジーンズというシンプルな格好でしたが、なんだかオーラが半端なく、明らかにこれ芸能人やモデルの類なんじゃないかな?という雰囲気を全身から醸し出してました。まぁ喋りかけるくらいまでのことでも無かったですが、しかし、まだ覚えている程度には印象深かったです。

どうか引かないで読んでいただきたいのですが、私は店員さんに興味を持ってしまうと、
レシートに印字された名前をネットで検索し、その店員さんと思しき情報が出るまで果てしなく検索を繰り返してしまいます。

なるほど。

今回も例に漏れず、店員さんの出身校(小中高)を見つけてしまいました。

凄いですね。かなりの情報収集能力をお持ちであるような気がします。探偵とか興信所みたいな分野に生かせるんじゃないでしょうか?

ただ、調べるだけで、校区にある家を一軒一軒表札を見て回ったり、仕事が終わる時間を見計らって後をつけようなんて1ミリも思いませんし、実行しませんが…

私はその発想すら無かったです。店に居るんだから(もちろん毎日は居ないでしょうけど)、店に行って会うのが一番手っ取り早いですからね。調べる必要がそもそも無いと私の場合は思います。

この、店員さんを調べてしまう癖のことを友人に話すと、正直気持ち悪い、ストーカー一歩手前(というかストーカー)、そのうち逮捕されそう、などの否定的な意見のみを頂戴しました。

まあそう思う人は居ると思います。たまたま全員が否定的であっただけではないでしょうか。少なくとも私は法的に問題なく、本人も迷惑してなければ別にそれで良いんじゃないかと思います。

私がおかしいのでしょうか。好きな人のことを知りたいと思いGoogleで名前を検索するのは悪いことなのでしょうか?
…と、そこまで考え込んでいるわけではありませんが、やはりこの調べてしまう癖は治したほうが良いのでしょうか?

いや、好きな人に興味が湧くこと自体は悪くないし、目の前に詳細を検索できるGoogle検索というテキストボックスがあるのですから、やる人はいっぱい居ると思いますよ。私はやったことないですが。

ただそういうことをしていると他人に公言する人はとても少ないのでは、と個人的には思います。今回の質問者様の行動で控えるべきところがあったとすれば、それは友達に検索して出身校を調べてみた、と言ったことではないでしょうか。

あとは、これはもう質問者様自身が重々承知のことと思いますが、その調べる欲求がエスカレートして、あらゆることを知りたいと生身の人間を付け回すようになったらいよいよストーカーとして迷惑条例的にアウトになって警察が出動する事案になりますので、そうならない限りは別に良いと個人的には思います。

私もそうですし、お友達の方もそうだと思うのですが、結局他人の心は理解できません。相手がどれだけ真摯に説明しても、嘘かどうかを間違いなく確定的に判別することができない以上、誰も他人の感情を理解できません。その点に置いて、人は人と理解し合えるというのは幻想だと思います。唯一、長い付き合いを経て客観的経験的な状況証拠を積み上げて検証するしか無いのです。

そして、人は分からないもの、知らないものを恐れます。ですから、「名前をググッて出身校を調べた」というあたりに気味悪さを感じる人も居るのでしょう。これを無くすことは不可能だと思います。

また、withpop様的には、客と店員さんとの恋は実るものだと思いますか?

一般論としては普通にあり得ることではないでしょうか。ネットに投稿された体験談でも、店員にメアドや手紙を渡したりして付き合い始めた、みたいな話はよく見る気がします。

これは最近私がよく言っていること(度々思うこと)なのですが、日本社会は別に秘密警察とか政治将校とかが国民の諸活動を監視していて、変なことをしたら監禁/拷問/自白の強要をするとかいう社会ではない(そういうケースが無いとは言ってない)ので、ひとまず法的・道徳的にクリアな行動であれば、それは実行しても許されるのです。もっと言えば、民事や刑事で争う気が有るならば、自分の責任と意思においてギリギリのグレーゾーンを攻めてもいいのです(あんまり言うと反社会的な言動になるので自制しますが)。少なくとも、そういう人も世の中に沢山います、くらいまでは言い切ってよいでしょう。

ですから、めっちゃタイプなんです、今度ご飯食べに行きませんか、位のことを直接言うなり、手紙で書いて渡すなりしてもそれは一向に構わないので、そうしたらどうでしょうか。その思いが伝わるならばそれはそれでハッピーでしょうし、思いが伝わらなかったとしても、そもそも男女の仲とか就職活動とかいうのは壮大なマッチング問題の一種なので、一回の試行が失敗だった、以上の意味はないと思います。

私だったらアドリブで喋るのが苦手なので、多分手紙の類を書きますね。とりあえず、宝くじと同じで行動して試行しないとステージにすら上がれないので、そこから初めては如何でしょうか。本気で付き合いたいならそれ以外方法は無いのは明らかです。その人の事を調べまくったところで「こんなに私のことを調べてくれるなんて!すてき!抱いて!結婚して!」となる可能性はゼロなので。

以上が回答で、ここからは余談です。

恋とは何なんでしょうか。最近、それを色々考えることがあります。

私は長らく考えた末に、「その人の、可愛い、かっこいい、おっぱいがでかい、背が高い、などの属性が例えなかったとしてもその人を独占したいという自己中心的な欲求」が恋で、その欲求が昇華され、「その対象の人のことを思い、大事にし、かつ見返りを求めない」ことが愛なんじゃないかと考えました。

なぜそう言えるのか。

出典はもう忘れてしまったのですが、たしか精神科医の方が言っていたのですが、「恋とは理性を身に着けた人間が子孫を残せるようにするための一種の精神病」との事です。これの真意はわからないのですが、私は

「人間は理性的なので、本能的にパートナーを選ぶ前に理性が社会性だの年収だの学歴だの家庭環境だのをみて相手の価値を見極めるために生殖行為へと至る確率が極端に低い。このために恋という理性的でない、本能的な性質を脳をあえて誤判断させる精神病のような仕組みを残した」

と解釈・推測しました。ちなみに、この作用を及ぼしているのはドーパミンです。

ですから、私に言わせれば婚活とかで相手を結婚相談所のデータベースから、「年収がいくら以上、年齢はいくつくらい、身長はどれくらいで、最終学歴がどうで、現在の仕事は何某」とかいう、価格.comでスペック検索するみたいな方法で相手を絞っていくのって、それはもう家電製品を買っている行為と本質的に等しく、恋ではないんですよ。その人の属性が好きという気持ちをその人が好きという気持ちと勘違いしてるんですよ。だから、例えば年収が高かった旦那が病気や転職で年収が下がり、今まで通りの生活が出来なかった時に「こんな男じゃなかった。私はこんなポンコツな男と結婚してない」などと文句を言って不倫の末離婚する人がいたり、子供が生まれて奥さんの体型が崩れたり、生活様式が子供中心になって一変した時に「こんな女じゃなかった。昔はもっと可愛かったのに」などと文句を言って風俗通いの末梅毒を貰って奥さんにうつして色々なやらかしがバレて破滅したりする人がいたりするんですよね。

たとえそういう魅力的な属性が無かったとしてもこの人を独占したい、他の誰かに取られたくないというならば、そこにはもう理由が無いので、理性的、論理的ではない判断と言っていいと思います。その一種の病的な状態が恋なんじゃないですかね。

そして、この病的な状態を引き起こしているのはドーパミンと書きましたが、ドーパミンは同じ相手に対してはせいぜい3〜4年ほどしか分泌されず、脳が刺激に慣れてしまうらしいんですね。つまり、相手への恋心は長くても数年しか持たない。それ以上の付き合いになるには、何か別の機構が必要です。

それが、相手への見返りを求めない思いやりが普通になった状態なんじゃないですかね。

何故そう思うのか、は私にもうまく説明できません。ただ、長く続くには少なくとも「見返りの求めない」「思いやり」が必要だと思います。

人間関係はギブアンドテイクと言いますが、しかし、これって家族には成り立たないんじゃないかと最近思うんですよね。例えば親子関係なんかがその最たる存在で、親は子に対して基本的にgiveしかしません。子供から学ぶことももちろん有るには有るのですが、子供が意図的にやったものではなくて偶然の産物です。こういう関係が血の繋がっていない夫婦間にも必要なんじゃないかなと。

giveとtakeがあることが当然と考えると、今度はgiveとtakeの量を天秤にかけ始めるんですよ、人間って。この議論ってすごく不毛で、そもそも確定的にどちらが多いと判断することは不可能なので、結果、私の方が苦労している、いいや、お前のほうが楽している、俺が苦労している、こんなにやってやってんのに何が不満なんだ、という不幸自慢のガチンコ対決みたいになって生産性が皆無なんですよね。

もし恋の延長線上に愛があって、愛が人間社会において子供を産み育てるための人間関係を保つ時間的余裕を構築するため等に必要とされるならば、つまり愛ってそういうことでは。という気がするんですよね。

すげー可愛い店員を見つけた、という23歳男子に上記のような事を考えろよ、と説教したいわけではないです。ないですが、ほら、子供と違って恋人や夫婦って別に血も繋がってないし結局他人じゃないすか。離婚を考えている夫婦が子供が居ることを理由に踏みとどまるのって、やっぱり血の繋がっている子供が本能的に可愛いと思ってるからだと思うんですよね。その結局は血も繋がってないし本心もわからないような他人である関係をつなぎとめるのって、ギブアンドテイクみたいな差し引きゼロの関係じゃなくて、無条件に相手を幸せにしようという気持ちをお互いに持つことだと思うんですよね。

ちなみに、そういう「見返りの求めない」「思いやり」が重要だよな…という話を私の嫁さんにしたところ、「そうやって善人ぶってるのが気に入らない」と言われました。

以上、よろしくお願いいたします。