SUVにミニバン用タイヤRV-02を装着してみる

ということをやる。

GEOLANDER SUV

私のCX-5に純正で装着されていたタイヤはヨコハマのGEOLANDERでした。型番は忘れてしまったのですが、後継はGEOLANDER SUVになっています。

こいつの特徴として公式サイトにかいてあるのは

オンロード性能を満たしながらM+Sにも対応

ということです。M+SというのはMud/Snowという意味です。

昨今のSUVはオフロード走行ってなんだっけ?みたいな感じの車が多く、駆動方式もほぼFFですし、単に車高が高いだけの車で悪路走破性は「普通の車よりも腹を擦りにくい」程度であると推察されます。おそらくですが、ユーザーもほとんど町中を走行する方がほとんどでしょう。私はキャンプによく行くので不整地走行も若干はしますが、不整地を走行した先にあるオートキャンプ場ではほぼミニバン一色な気がします。つまり、結局普通の車で行けるようなところしか行かないということです。

ということで、私含め普通のユーザーにはM+S対応なんて要りません。雪道だって、スタッドレスの代わりになるような性能ではありませんから。

じゃあオンロード性能に全振りしてオフロード走行を全く考えてないタイヤのほうが良いんじゃないの?というわけでヨコハマタイヤ好きの私がヨコハマタイヤのラインナップから探してきたのがRV-02でした。

RV-02とGEOLANDERの比較

RV-02はミニバン用タイヤと書かれています。しかしながら私のようなユーザーを見越してか、SUV向けのサイズもラインナップされており、CX-5の純正サイズ(17インチ)もありました。

で、両者の性能がどう違うのか比較したかったのですが、公式サイトの情報を見ても全然わかりません。当然ですが、テストしている車両が異なるために、制動距離、ノイズ音圧といったデータが比較できないのです。唯一比較できそうな値は転がり抵抗でした。

RV-02は評価A、GEOLANDERはRRC=8.7だそうです。転がり抵抗評価Aというのは、RRCが7.8〜9.0なのでほぼ同等です。

あとは速度記号と荷重指数が違っていました。一応これも見ておきましょう。

BluEarth RV-02 225/65R17 106V XL
GEOLANDAR SUV 225/65R17 102H

荷重指数はRV-02は106なので、950kgまで耐えられるようです。GEOLANDERは102なので850kgまで耐えられるようです。そんなに重いものは載せないので純正タイヤよりも耐荷重が下回ってなければ何でも良いと思いますが…。

RV-02についているXLというのはextra loadの略で空気圧を高めに入れることが出来、耐荷重を増すことができるタイヤということだそうで。へー。今回初めて知った。

VとかHとかいうのは速度記号で、Vは240km/h、Hは210km/hがタイヤが耐えれる最高速度になります。

別に200km/h以上出さない(そもそも出ない)ので関係ないのですが、安全余裕は少しでも多いほうが良いだろう(つまり頑丈なタイヤなのだろう)という考えで、やはり今回はRV-02を買ってみることにしました。

静粛性

最初乗ったときは「なんだこのタイヤ?うるせー!!!」という感じでした。ただ、スタッドレスから交換したのでそう思ったのかも知れません。1ヶ月超乗った今はもううるさいとは思わなくなりました。GEOLANDERとの比較は記憶との比較になるので中々難しいですが、大差無いような気がします。

ドライ路面グリップ性能

GEOLANDERと大差ないような気がします。すごくグリップするわけでは無いですし、普通のタイヤです。特になんとも思いませんでした。ごくごく普通のタイヤ。

ウェット路面グリップ性能

体感で明らかに変化があったのはウェット路面ですね。元々「ウェット路面に強い」ということをうたった製品でしたが、がっつり路面に食らいつく感があります。客観的な言葉で伝えるのが難しいですが、ハンドルを切るといつも以上に力強く回頭していくというか。いや、それは言い過ぎかな。安心感がある、って感じですかね。

まぁこれも直前に履いていたのがスタッドレスタイヤだったことによる印象の差が激しかったことが一因だとは思います。

まとめ

ミニバン向け、とはっきり書いているBluEarth RV-02ですが、SUV向けのサイズもランナップされており、使用しても別段問題があるわけでもありませんでした。純正で付属しているGEOLANDER SUVよりも若干安い上に実用上問題ないので、節約したい人はRV-02で良いと思います。GEOLANDER SUVは冒頭に書いたとおり、M+S対応とは書いてあるものの、本気でオフロードコースを走る人はこんなタイヤは履かないでしょうし、多少雪が降り積もってるからと言ってこのタイヤで出かけるのは勇気が要る(危険だし)し、なんかいまいちM+S対応ってメリットが分かりにくいですね。ということで多くのユーザーはRV-02でも問題ないのではないでしょうか、という話でした。