リード125を買った

この記事の続き。

子供の送迎はバイクでも可能か

というわけで買った。

ホンダ LEAD 125

正直、どれも大体同じだろ…と思ってあんまり真面目に調べなかった。リードを選んだ理由は、競合車種よりもちょっと馬力が大きい(11ps)ことと、メットインがでかい(フルフェイス2つ入る)ことの2点。

メインの用途は子供の送迎(学童や習い事)と近所の足。普段の買い物にもバリバリ使うので荷物はなるべくたくさん積める車種のほうがよい。最初、PCXを検討していたのだがこの点でPCXがドロップ。次にシグナス、アドレス、リードで検討していたが、この3車種だとリードが馬力があり、かつシートが比較的フラットなので、後ろに子供を乗せる際でも子供が怖がりにくいだろうというバイク屋さんの助言もあり、リードにあまり悩まず決定した。

ネットの評判を見ているとアドレスの方がパワーは無いもののキビキビ走れるみたいな評価が多かったものの、原付(50cc)しか所有したことのない私に判断がつくとも思えなかったので、リードで良いかなという結論になった。

私とバイク

私は子供の頃からバイクに乗りたかった。なぜか。何でだろう。

自転車は子供の頃から好きだった。自転車に乗って色んな所に行っていた。父親がバイク、自転車が結構好きで、私に当時はまだ珍しかった6段変速の子供向けの自転車を買ってくれた。思えば、私がカメラ好きなのも父親の影響かもしれない。家に一眼レフや二眼レフが転がっていて、それを触って遊んでいた。

自転車に乗っていったとき、いつもバイクはアクセルを捻るだけで前に進んでいいな、と思っていた。小学生の時はバイクに乗って旅をする漫画をノートに書いていた。大人になったら絶対にバイクを買おうと思っていた。

大学生になったとき、車よりも先に原付の免許を取った。初めて買ったバイクはまだ2stだったホンダのDio(中古)で、よくエンジンがかからなくなっていた。このバイクに乗ってしょっちゅう色んな所に行っていた。その後、車の免許を取って友達からS13シルビアを貰ってからはあまり原付にも乗らなくなってしまったが。それでも、いつかはちゃんとしたバイクに乗りたいとはずっと思っていた。

大学生のときはずっと貧乏だったのでバイクの免許も取れないし、バイクを買うのも夢のまた夢だった。就職が決まってから、社会人になったらいよいよバイクの免許を取りに行く暇などなくなると思って、彼女(嫁さん)にお願いしてお金を借り、普通自動二輪の免許を取った。

就職したらNikon D90とHonda CB400SBを買おうと心に決めていた。それで色んな所に行って写真を撮ろうと。カメラはすぐに買ったが、バイクは駐輪場が近隣に無かったこともあって後回しにしているうち、結婚だの引っ越しだの出産だの車を買うだの家を建てるだの次々とイベントが重なりもう30代になってしまった。

このままほっといたらバイクを永遠に乗らないままジジイになってしまうという危機感もあり、この度原付二種ではあるがバイクを買おうと思った次第だ。近所の足、子供の送迎という理由もあるにはあるが、まずメインは自分が乗りたいから。

本当だったら250ccくらいのもうちょっと車格のあるバイクが欲しかったのだけど、まぁ最初は原付二種でいいかという感じ。