【質問#211】 質問#202のお礼

質問・悩み相談の回答です。

質問

質問#202 選択一人っ子についての質問をしたものです。
お礼が遅くなりましたが、丁寧なご回答をありがとうございました。

実は「背中を押してもらいたいタイプの相談」で当たりです。

二人目が欲しい、というのは私の希望でもありますが、
相談をお送りした頃には諦めの気持ちの方が大きくなっていました。
家族全体のQOLを落として二人目を育てるよりは、
一人っ子の方が良い状態で家庭を維持できるだろうと考えていました。

しかし回答として読み取っていただいたように、外面に対しての意識から決めきれない部分があり、あのような相談となりました。
丁度仕事の後輩に二人目が生まれ、ママ友さんにも三人目が生まれた頃でした。

二人目を早めに諦めてしまえば悶々とした気持ちの時間も減り、より多くのリソースを子供や趣味に振れるのに、という考えから、後押ししていただくためにご相談いたしました。

結果、私の欲しかった回答をいただくことができました。
おかげさまで悶々とした気持ちを吹っ切ることができて、今はすっきりとした気持ちでいます。
気持ちが楽になりました。
本当にありがとうございます。

余談ではありますが。

現実問題無理と考えていた猫を飼うことになりそうです。
一目惚れした猫さんがいまして。
「いずれ犬を飼うなら、今、猫を買っても問題ないのでは」という気持ちから、色々心配点を相談しているうちに、なんとかなりそうな気がしてしまいました。

犬も諦めたわけではなく、子供がもう少し大きくなって、ある程度自分のことをできるようになったらお迎えしても良いと考えています。

子供と犬と猫。
全てが叶うわけではありませんが、三つの内二つが叶えば上々に思います。

重ねてになりますが、丁寧なご回答をいただきまして、ありがとうございました。

回答

ご丁寧に感想をいただきありがとうございました。こちらも返信を頂いたのはずいぶん前なのですが、諸事上あって届いたことに気づかず…。

あの回答はかなり悩みました。と言いますのも、私自身似たような問いで悩むことが何度かあったからです。

私自身の話になってしまいますが、ついこないだも嫁さんから「お金があればもう一人欲しかった」と言われショックを受けました。嫁さん曰く、次女が世話焼きでぬいぐるみに毛布をかけてあげたり、調子が悪くて寝ていると体温計を持ってきてくれたりするので、もし赤ちゃんが居たら沢山お世話をしてくれて微笑ましい光景が見られただろう…とのことでした。

まあ、確かにもう一人きょうだいが居たらそういう光景は見れたと思います。しかし、それでもう一人生まれたとしても、更にもう一人居れば…という思いの繰り返しだったとは思います。

人生では、やり直しが効かないことがたくさんあります。出産育児はその一つですし、学生時代や受験、就職などの数々のタイミングでの岐路、そういったところで人は常に悩みます。一方の道に進むと、もう一方の道に進んだ自分とは永遠に別れることになります。人生は非決定性の計算機械のようにはいかないということですね(一部の人にしか伝わらないたとえですが…)。

選ばなかった選択肢の行く末は未知数です。未知数なので人間は良い期待をしてしまいがちなんだと思います。岐路に立っているときは全ての選択肢が未知数です。そして選ぼうとしていない選択肢の方に正解があるのでは、と考えてしまいがちです。けれども、未知である道筋を明らかにする方法はありません。人間はそうやって悩み続ける生き物なんだと思います。

選んだ結果にあらゆる観点で正解と思える結果が得られたら幸せですが、多くの場合はそうではないので、多くの人はやっぱり「あの時別の選択肢を取っていたら」と考えてしまうでしょう。けれども、何度も書いているように選ばなかった道筋は結局未知数なので、選択しなかった道筋を経由することで今よりも幸せになっていたかどうかも分かりません。「隣の芝は青く見える」理論と同じですね。

私もそういった後悔はたくさんありますが、「あの時ああしていれば」という思いにふけることは反省ではないので後々に生かすことができません。なのであんまり考えないようにしてます。

と、なんだか選んだ選択で後悔することが前提な文章みたいになってしまい恐縮ですが、この文章を読んで下さっている皆様にお伝えしたかったことは、やり直しが効かない選択肢に直面した前後ではどうやっても人間は悩み続ける生き物なんだよ、ということでした。

結果、私の欲しかった回答をいただくことができました。
おかげさまで悶々とした気持ちを吹っ切ることができて、今はすっきりとした気持ちでいます。

とのことでしたし、文章中からも論理的な思考の帰結であるということが読み取れますので、質問者様におかれましてはやはりご決断に間違いは無いのだろうと思います。

現実問題無理と考えていた猫を飼うことになりそうです。
一目惚れした猫さんがいまして。
「いずれ犬を飼うなら、今、猫を買っても問題ないのでは」という気持ちから、色々心配点を相談しているうちに、なんとかなりそうな気がしてしまいました。

犬も諦めたわけではなく、子供がもう少し大きくなって、ある程度自分のことをできるようになったらお迎えしても良いと考えています。

猫は良いですね!実はSNSにてこの猫さんの写真を見させて頂いておりますが、可愛いですね。整った顔で毛並みもとても綺麗でした。一目惚れしたというのも納得です。

犬も猫も感情表現が豊かで知能も高いので、種は違えどまさに家族の一員だと思います。飼っていると鳴き声のトーンやリアクションで感情も読み取れますし。

子供と犬と猫。
全てが叶うわけではありませんが、三つの内二つが叶えば上々に思います。

こちらに関しても全く同感です。

質問者様の文章の節々から家族が幸せであるようにという気持ちが伝わってきますので、それらはきっと現実になると思います。

(余談ですがこういう考えを端的に「人生は思い通りになる」と私は表現しています。どっかに記事を書いたような記憶が)