大型バイク選び3 予算は?ほんとにリッター?

つらつらと書いていく。

予算は?

正直なところ、買おうとすれば250万円くらいまでだったら出せる。ローン前提だが。そのくらいだったら特に問題なく払える。
なぜかというと、最近奨学金などいくつかのローンを完済したことが大きい。毎月の家計支出が大幅に減った。嫁さんも理解してくれていて、買えるんだったら自由にすれば?という感じだ。

ただ、買えるからと言って高いバイクを買うのは賢くないと思っている。

自動車やバイクは事故ったら資産価値が大きく減じてしまう資産である。事故らなくても5年も経てば資産価値は元値の4割以下になるんじゃないだろうか?だから、個人的にはこれらは耐久消費財として考える必要がある。資産にならない耐久消費財に金をつぎ込むのはよろしくない。だって子供二人を大学まで入れないといけないからね。

250万円のバイクを買って10年乗ったら毎年25万円の出費となる。毎年25万円の価値のあるexperienceをreceivingできないとinitial costがpayできないという考え方ね。ok, so far?

ここで冷静に考えれば250万円のバイクから得られるexperience valueと100万円のバイクから得られるexperience valueはそこまで大差無いと思ってきたんだな。もっと言うと今乗っている390 Dukeだって相応のexperience valueを毎年generatingしてくれるわけで、そこから新しいバイクをgetするためのイニシャルコスト C-new と C-new を支払うことで得られる体験価値 E-new が見合ってないと390 Dukeに乗ってたほうが良いということになるよね。I am one of a 理系 people and thinking logically and mathematically day by day, so I should do the math for decision making to purchase new motorcycle. ok so far?

ルー語も疲れてきたのでやめていいですか?やめるね。

で、そういうわけでもうちょっと定量的な判断がしたいなと。直感的にはやっぱり高くても120万未満には収めたいな…と思ってきた。

排気量は?

リッターバイクに乗らないとリッターバイクに乗りたいなという思いを引きずるな、だからリッターバイクが欲しいなと思ってたわけなんですが、前述のような適正予算を鑑みてここは再考したほうが良いなと思ってきた。

なんでかというと、バイクのコストを削減するためには排気量を下げるのがインパクト大なので。リッターオーバーになるとなんか知らんけど急に値段が高くなる気がするんだよな。このあたりも最終的には意思決定マトリクスなどを書いて決めたいね。

あとはやっぱり、昔から持て余す大パワーよりは使い切れるパワーという思想が強いのでそういう思いも大型二輪免許取得という一時の舞い上がった気持ちで振り回されないよう注意したいなどとも思い。

Kawasaki VERSYS 1000 SE / NINJA 1000 SX

というわけで、どういうわけで?知らんけど、とりあえず今度はカワサキプラザに行ってVERSYSとNINJA 1000 SXを見てきた。

カワサキプラザ、まず店舗がきれいでびっくりしたわ。なんかアロマ的な匂いがするし。コーヒー出てくるし。もはや車のディーラーやんけ、と思った。まあ今回は値段も車と同じなんですけどね…。車で行ったのだが、店員さんが出てきて誘導してくれたぞ。ここはほんとにバイク屋か?

そういやNINJA H2 SXもあった。一応、またがるだけまたがらせてもらった。ツアラーモデルと言えど、あのポジションはちょっと長距離きついんじゃないかな、と個人的には思ったが…。実際乗ったわけじゃないから知らんけど。NINJA 1000 SXのポジションはまあまあ楽かな、と思った。今乗っている390 Dukeと姿勢はあんまり変わりないかな?足つきは良好でべったべた。NINJA 1000はよっぽどのことが無い限りは足つき性で困らないんじゃないかな。

ともかく、NINJA 1000はまたがってみたものの、やっぱりビビッとくるものがなかった。直感的にあんまり所有したいと思えないんだよね…。なんでだろう。なのでNINJA 1000は無いかな…と思った。

VERSYSも脚付きは良かった。かかとまで付くけど体重はかかとにはかからないな、という感じ。おっと、また足長いアピールが出てしまいましたね。ちなみに自分では足が細く、上半身が太っててでかいのでミニオンに出てくるマフラー巻いたハゲみたいな体型だと思っています。だからどうした、って言わないでね。

タンデムシートも柔らかくていい感じ。写真で見た印象ほどにはデカくなかった。ただ、欲を言うとフロント周りがもうちょっとシュッとしてると好みかな、とは思う。

ウィンドスクリーンはかなり巨大。一番高さを高くすると目線のちょっと下くらいに上端が位置するので、この状態で高速を走ったら全然風を感じないだろうなと思う。「私、守られてる…」という感が半端なく強かった。

ハンドル周りのボタンもかなりごちゃごちゃしていていい感じ。ああいう、ごちゃごちゃ沢山ボタンが付いているデバイスが好きなんですよねー。

値段は好ましくなかった。

何もオプションを付けないで、乗り出しギリギリ200万円を切るというのはまあ、装備内容(電制サスに4気筒にクルコンにIMUにコーナーライトに…)を考えると高くは無いのかな、とは思う。しかしねー、パニアケースとリアボックスが高いんだわ。これ。

公式サイトを見ると、


from kawasaki

と書いてる。で、よく読むとね、パニアとトップケース(リアボックス)をつけるには基本的にここに書いてあるほぼ全部のオプションが必要なんですわ。社外品を装着するという手もあると思うけど、社外品だってそんなにべらぼうに安くないからね。安いのはソフトケースなんだけど、なんかこんなにでかいバイクにソフトケース付いてたらちょっとかっこ悪くない?と思うんだな。そういう背伸びのためにいくら必要かと計算したら214K円かかりました。21万円って。安い原付2種スクーターをもう一台買えるやんけ!

それにメンテナンスパックだのコーティングなどを足していったところ、250万前後の見積もりになりましてね。まあこのくらいにはなるやろな、とはバイク屋で話を聞いていて思ってたんです。

思ってたんですが、だんだん冷静になってきましてね。

まず私、実はMazda CX-5を270万くらいで買った記憶があるんですが、これってトリビアになりませんか?

バイクはタイヤ2つで2人までしか乗れないけど、CX-5は5人乗れる上に排気量は倍だし荷物も500Lオーバーですよ!!あと、Thuleの結構良いルーフキャリアとルーフボックスを買いましたけど、確かこれもセットで10万円は超えなかったと思いますよ!!んで、Thuleのルーフボックス、250Lくらい入るでかいやつですからね。で、バイクのパニアケースなんて片方28Lですからね!!奥さん!!いやー、びっくりですよね。怖い怖い。バイクは怖いわ。川崎重工おそるべし。さすが船作ってるメーカーは違うわ。まあカワサキが特に高いというわけではないですが。

なのでまあ、VERSYSはこれ、無いなと思った。いくらなんでも贅沢すぎる。

VERSYS 650が日本でも売られていたらそれが一番良かったかもなんだけどね。でも売ってねぇんだもん。売ってくれよ。

次回以降

定量的な評価点を決めていこうと思います。当ブログでおなじみの意思決定マトリクスなどを使用する。