大型自動二輪の卒検に合格しました

やったぜ。

教習とかの思い出

前に書いた記事とかぶるところもあると思うけど書きます。

教習は余裕でした。クランクもスラロームも一本橋も所定タイムを出せなかったことはあれど、接触したり橋から落ちたりなどということは一度もなかったです。正直、教習開始時点で卒検受けても受かったな、と思います。じゃあ一発試験で受ければ良かったじゃないかって?うん、そうだな。結果的に考えればそう思うが、正直に言うとチキったところはございますね。多分、日常的に中型のMT車を運転してれば大体の人は一発試験でも行けるんじゃないかな?一発試験じゃなくても、そういう人が教習所通ったら一度も失敗すること無くストレートで卒業できる気がします。

これは俺は運転上手いんだという自慢では決して無くて、本当に日常的に乗ってる人であれば余裕だと思う、という話です。教習所って基本的に生徒を卒業させるのが仕事で、なんとか粗を探して落とそうとしてくる教官って居ないですし。教官の話をちゃんと聞いて自己流にやらず真面目にやってりゃすぐ受かると思う。いや、超意地悪な教官が居るかも知れないじゃんと言われればそうですが、まあ、でも断言して良いんじゃないかなってくらい少数派だと思う。もちろん私自身もそんな人には出会ったことが無い。

教習中は常に「君はこのコースをずいずいずいーっと走っててね」って感じで放置が多かったです。要所要所で癖とかやり方を説明されるくらいかな。同じようにバイクで教習所に通っていた人(≒日常的にバイクに乗っている人)もそんな感じで放置だった。卒業があやうい生徒がいればそっちにつきっきりにならざるを得ないのでしょう。

普段バイクに乗ってない人は「普段乗ってないんだろうな」ってのが、生徒の目線で見てもよくわかりました。卒検間近になってもぷるぷる、ふらふらと運転してて、教官にもつきっきりで指導され、「急制動も10回中3回成功するとかじゃなくてコンスタントに10回成功できるのを目指しましょう」などと言われていた。正直、あれで路上に出てもバイクこかしまくって危ないんじゃないかなと思うんですが、まあ一応法で定められてる所ができれば合格となるので仕方ないんでしょう。

逆に言えば、どんなに下手くそな人であっても所定の基準が定められた卒検に合格させるのが教習所の仕事でありますし、バイクに乗りたいという人を卒業までに少しでも上手にさせるのも目的であるでしょうし、下手なのがアカンということを言いたいわけでは決して無いですけど。っていうか下手だから教習所に通って教えを請うわけですし。

ただ、大型取るんだったら中型のバイクを一回は所有して慣れてたほうが絶対楽だね、ということを言いたいですね。自分も所有すること無く続けて大型取ってたら大変だったとは思う。多分ストレートでは卒業できなかっただろうなと…。

じゃー、最初から大型二輪に乗りたくても小さいバイクから絶対練習すべきだと言うのか?みんなそんなに金かけれるのか?とか言われそうな気がするんですが、私個人の意見としては、はい、そうですという感じですね。皆さんのことに関しては私の発言じゃなくてみなさん自身で考えて決めて頂ければと思います。

教習全体を通して漠然と感じたのは、大型自動二輪は普通自動二輪の時には無かった要素を追加で新しく出来るようにするというよりは、普通自動二輪のときでも求められていたことをより高度なレベルで達成させることを求められている、という印象でした。

個々の課題を思い返してみると…。

クランク: これは意外と難しかった。私は練習中も接触させなかったけど、普段乗ってないであろう人たちはよく転倒させたり、パイロン倒してるのを見かけた。技術的には、半クラと後輪ブレーキで速度調整することを普通にできて、かつゆるやかなS字のカーブを描くように走行できれば簡単だと思う。あと、実は1回までなら足を付いても減点にならないらしい。
1速アイドリング半クラと後ろブレーキで行ってたんだけど、「もっとアクセルふかさないとエンストするぞ」と言われてた。正直、普段乗ってる390Dukeに比べればNC750なんてエンストさせるほうが難しいと思う。教習中も一回もエンストさせなかった。

波状路: 普通自動二輪のときから、「あの教習やりたい!」と思っていた。半クラでブオンブオンする系の運転操作が好きなんですよね。やってみたらめちゃくちゃ簡単だった。5秒以上だっけ?正直タイムを気にしたことが無い。

スラローム: スラロームが一番苦手だった。冬なんであんまり車体を傾けたくなくてですね…。以前滑ったことがあり…。
規定7秒以内だが、私の平均値が7秒ぎりぎりで、半分近く失敗するみたいな感じだった。卒業検定のときは6秒台だったのでよかった。スラロームも結構苦戦している人がいたな。パイロンを倒したり、曲がりきれずに外にでちゃったりなど。教官はしきりに「タイムは気にせず、通過することを目標に」と言ってた。まあ実際、ゆっくり行っても7秒台で通過できるんですよね。1秒縮めればよく、かつ、7秒超えたところで減点にしかならないのでタイムにこだわっても仕方ない、それより検定中止にならないように(パイロン接触、転倒、コースアウトなどで中止)という話でした。卒業することを目標にするならばそのとおりですね。

S字: 何のためにある課題なのか正直理解不能だった。クランクとほとんど同じだしクランクの方が難しいし。でも、S字でも失敗している人(転倒)は結構見かけたので、普段乗ってない人は気を抜かないようにしたほうがいいかも。

一本橋: 最初の一回のみ規定タイム(10秒以上)に満たず、9秒くらいで通過してしまったが、その後の教習では全部10秒以上だった。これは普段から町中で低速走行の練習してた成果もあるのかもしれない。信号待ちで停車するとき、なるべく遅く走行して足を付くのを遅らせる、みたいなことをしていた。(後続車に迷惑がかかることがあるので練習するときは空気を読もう)

急制動: 急制動も結構苦手だった。バイクによってブレーキの効きにだいぶ差があり、何度か前輪も後輪もロックさせた。前輪ロックは正直あせった。
急制動はやり方を覚えれば簡単。まず、急制動は急制動と言ってるものの急ブレーキをかけなくとも、所定のラインの直前で止まるような感じ(つまり町中を運転している時に停止線の直前で止まるようなイメージ)でブレーキを制御すればあっさり止まれる距離が設けられている。これを、「なるべく短く」という気持ちでブレーキをかけるとロックさせてしまう。余裕分は目一杯使うようにすればよろしい。
もう一つのコツは、制動開始線を通り過ぎてからアクセルオフと同時にブレーキではなくて、開始線の3mくらい前にすでにアクセルオフにしていること(なので、アクセルオフの直前の速度は開始線の侵入速度が40km/h以上になるように42〜3km/hにしておく)。こうすることで制動開始時にはちゃんとエンブレがかかっているのでより安全に停止できる。

坂道発進: 前述したように390dukeを運転してればNC750なんてエンストさせるのが難しいので余裕だった。一応、失敗しないように後輪ブレーキは半クラで前進する力を感じるまでしっかりかけておけば失敗は無いでしょう。聞いた話だと、セカンドになっているのに気づかず発進させようとして失敗している人がちらほらいるとか。まあ、普段運転してれば停止時にはニュートラルや1速にする癖がついてるからここで失敗することは無いんじゃないでしょうか。町中と違って後ろで後続車を待たせてるわけでもないし、ゆっくりやってOKなんだから。

法規走行: 首を大げさに振って「ちゃんと確認してるぜ!」アピールをしとけばだいたい大丈夫だと思う。あと、町中での方向指示器を出すタイミングよりもだいぶ早く方向指示器を出しておけばOKでしょうか。あとは、交差点の真ん中の印の本当にすぐそばを通らないとショートカットしたとみなされて減点されるらしい。町中での右直事故の原因もこのショートカットが一因なので普段から意識したほうが良いでしょうね。

学んだこと

低速走行は結構練習できたので上手くなったと思う。あと、普段スクーターにも結構乗ってるので変な癖がたくさんついていたが、それも矯正された。そこは良かった。そこに教習所に通うコストを見いだせるかどうか、ですかね…。
個人的には自動車学校に通うという経験自体が結構楽しかったので、お金をかける価値はあったかなとは思う。

その他思ったこと

小型二輪、すぐ免許取れるし原付二種は今アツいジャンルなので小型二輪免許良いよねと教習所に入る前は思ってました。

入ってから一緒に教習を受けたり、技能教習の規定時間の表なども見たりして思ったんだけど、小型自動二輪ってこれ思ったよりも時間かかるのな…。世間では2日で取れるとか言ってるけどマジか?無理な気がする。都会の教習所だとそもそも予約が取れないと思う。

手元の資料を見てみると(法的な縛りがあって全国どこでも同じなはず)、普通自動車免許持ちの状態で、小型二輪AT車で第一段階3時間、第二段階6時間。MT車で第一段階5時間、第二段階5時間。これやっぱり無理だと思う。私が通ってた教習所だと1日に2時間以上予約取れなかったし。

一方で、普通二輪AT車は第一段階5時間、第二段階8時間。MT車は第一段階9時間、第二段階8時間。

時間数を合計してまとめると、

小型AT 9時間
小型MT 10時間
普通AT 13時間
普通MT 17時間

※すべて普通免許持ちの場合

といった感じなんですよね。

しかもしかもしかもしかもしかもしかもしかもしかも、まじでびっくりして腰抜かしたんですが、小型二輪って卒検もあるんですね!びっくりしたわ。原付と同じで卒検なしだと思ってた。正直なめてた。すみませんでした。

するってーと、コストの問題もあるとは思うんですが、小型二輪ATで9時間かかるなら+4時間の教習を受けて普通自動二輪ATにしたほうが良いと思うんですけどね…。もう通勤通学下駄バイクのためと割り切ってそれ以外の用途では絶対にバイクに乗らないということであれば小型二輪でも良いと思いますが、ちょっとでもバイクに興味があるなら小型二輪じゃなくて普通二輪を取ったほうが絶対に良いと思った。下駄バイクと言えど軽自動車じゃなくてわざわざ死ぬ危険性が高いバイクを選ぶんだからバイクに多少なりとも興味あるよね?と思うんですけどね。

来てた人

前にも書いたとおり、女子が多かった。20代女子も入れば、まあ、どちらかというとおば様的な年代の方も大勢いらっしゃいましたね。バイク、流行ってるんですかね?流行って欲しいですね。もっといろんな車種のバイクが市場に出てきてほしいです。駐輪場ももっともっと増えてほしいです。

男の方も20代男子も入れば私のようなおっさん、私よりもおっさん、イエローコーンのジャケット着て鉢巻巻いてサングラスしてる、BBQ Pit Boysみたいなおっさんも居ました。あ、この人たち2りんかんの店先によくたむろしてるぞ!と思った。

あとはいわゆるオタクっぽい人も結構居たな。どちらかと言うと私もその部類だと思うのでそのことに関しては特別なにも思わないんですが、一人めちゃ調子こいてるオタクが居てキツかった。

乗りはじめのテスト走行的な時間でブオンブオンブオン!とか言わせながら超蛇行して走ったり、カーブで煽りハンドルしたり(バイクでやる人始めてみた。車でもアレだが…)。走行後、アクセルだかブレーキだかがおかしいと教官に文句言ってて、「最高のコンディションのバイクを用意できないのは我々の落ち度かもしれませんが、多少コンディションが悪いバイクや環境でも乗れるようになるのが教習の一つの目的でもありますので」などと言われてた。まあそのとおりだな。その人は結局その時間の終わりに見極めNGになってて心の中で腹抱えて笑った。

卒検の思い出

卒検は我ながら完璧な出来だった。多分、ぜんぜん減点されてないと思う。試験官の方がゆるかったという理由もあるとは思うが…。検定後、ここが良かったとか悪かったとか一人ひとり言われるのだが、私に関しては「とてもよく乗れていた。強いて悪いところを挙げれば、ウィンカー出すのがちょっと遅い」とのことだった。やったぜ。

練習でも最初からほとんど失敗してないのだから普通に考えれば落ちる要素は無いんだけど、事前に「新型コロナの影響で一時閉校ということも絶対ないとは言い切れないからさっさと卒業するように」と言われていたのでちょっと緊張した。まあストレートで全部受かったので良かった。

まとめると、

  • 普段バイク乗ってる人で大型二輪一発試験は意外といけるかも
  • 普段バイク乗ってる人で教習所に通っての大型二輪だったら余裕
  • 小型二輪取るなら普通自動二輪取っちゃえば?と個人的には思う

という感じです。

今後

まだKTM 390 Dukeあんまり走ってないんですよね。特に去年はコロナがあったので。今年もそうでしょうね。走行距離はまだ5000kmちょいだと思う。

だからDukeでもうちょっと走ろうという気持ちもあれば、低走行で高く売れるうちに乗り換えようという思いもあり、複雑。乗り換えようと思う気持ちのほうが正直今は高い。

しばらく新車探しをして、絶対にこのバイクに乗りたいと思うものが出てきたらそれに乗ろうかなと思ってます。ちまちま見てきたバイクを書いていきます。