小説のまとめ

私が書いた(書いている)小説があちこちに散逸してまとまっていないので、とりあえずカクヨムにまとめました。

小説一覧

この際にそれぞれを紹介してみようと思います。よろしければ読んでやって下さい。

夢日記

もともとは「夢日記あのぱら」というタイトルでGoogle Play Booksに掲載していました。いました、というか、今もまだあるはずです。

名前の通り、夢日記です。私は高校生くらいのときから夢日記を付け続けていて、その10年以上の記録の中から適当にピックアップして多少の脚色を加えつつも夢のメチャクチャな感じは残しつつ、小説とブログ記事の半々くらいの文体で書いています。自画自賛ですが、今読み直してもゾクゾクするほど不気味で気持ち悪い単語がたくさん出てきてとても良いです。

たとえば肩からポロポロと落ちていく謎の物体「ぎよ」や、雲の上の神様が怒って人間界から剥奪する「ネットワークCとD」、巨大怪獣のように扱われているが本当は心優しい「ゲンガン」など。こういう名前は思いつこうと思って思い付けるものではないですね。夢っていいもんですな。

全般的に、グロい話が目立ちます。首が飛んだり血が出たり。けれども、気持ち悪くさせようと思って書いている訳ではないのでそこまで極端な表現は無いので安心して読んでいただければ。

幽霊探知機

これも夢日記の一種です。1年に1回くらい、ちゃんとしたストーリーがある夢を見るのですが、それを小説にしたのがこれです。実はこれは本ブログのブログ記事として公開されていました。

この夢はストーリーこそ曖昧で盛り上がりにも欠けてましたが、私自身はすごく盛り上がりのある話よりは、淡々と進んで曖昧に終わる話のほうが好きなのでこれを小説として書くと決めて描きました。夢の中の風景もとても印象深くていつか絵としても描きたいなと思っています。

文字数は1万文字に満たないのですぐ読めます。

猫の校舎

これもまた夢日記の一種です。というか、夢で見た要素が一つも含まれていない小説はほぼ無いのですが…。

これは一番最近に見た「ストーリーのある夢」で、これも「幽霊探知機」と同じく夢の中の情景がとても綺麗でした。それに子供の頃の記憶や季節の移ろいの感覚、そして家族を持ち、大人になり、恋愛をしていた頃を懐かしく思うような気持ちを全部ごちゃまぜにして捏ね上げた作品です。

書いている途中に入れ込みたい要素がたくさん出てきて、最終的には泣ける作品に仕上がったのではないかと思います。私は泣きながら書き上げました。読んだ方からも、「泣いた」という感想をいくつか貰っています。

ライク・ア・ムービー

この記事で説明した小説です。前作が「猫の校舎」で、泣ける作品だと思っている…ので、今回は下品で笑える小説を目指して書いてみました。

この作品に関してはあまり夢で見たネタが含まれていませんが、代わりに筆者自身の体験がたくさん散りばめられています。主人公の設定も私自身とよく似ていています。

もともと私はブログでは下ネタや下品な表現を多用していたのですが、広告収入を得るようになってからそれは止めました。この小説ではそういった表現を止める前のことを思い出しつつ、ブログの文章に近い文体で書いています。物語中盤に大どんでん返し…と言うほどではないですが物語の雰囲気を大きく変える事件が出てきて、前半と後半では大きく雰囲気が異なってくると思います。

この小説のターゲットは30代以降を想定しています。iモードや写メール、黎明期のインターネット、MDプレーヤー、着メロ、BRAHMANやTHE MAD CAPSULE MARKETS, GOING STEADY…そんな話題が頻出します。テーマは「おっさんおばはんの同窓会」としています。同窓会でおっさんおばはんが集まった時に語られて盛り上がる話をイメージしています。

カクヨムでは「性描写あり」と書いていますが、それは下品な言葉を多用しているから一応設定しているだけであって、官能小説のように何か生々しい行為のシーンがあるとかではないです。

今まで書いた小説の中で最も長く、最終的には20万文字を超える予定です。

本記事公開時点でまだ未完成ですが、今年中には完成すると思われます。いまは週一回ペースで更新しています。もし、クリスマスまで間に合えばクリスマスに全部公開します。

Factory on the Moon: 1940

私の人生の中で一番の大作にしようと、高校生の時から温め続けていたネタを全部入れたのがこの小説です。戦争や、戦争をしていた時代の日常生活を扱った話で、なるべくリアルに書きたいと考えており、さまざまな文献を読み漁ったり資料を集めたりして中々下記進められません。30代のうちには描き終えたいと思っていますが、どうなるか…。

いまはほぼ更新停止中です。

この小説は三部作にしようと思っており、一作目では第二次世界大戦と同時期程度の、地球ではない世界を扱います。SFです。二作目では、今現在の日本社会に似たような世界を扱おうと思っています。これもちょっと戦争の話が混じります。三作目はどうするか考えてませんが、今の所「夢日記」に似たような雰囲気の話にしようかなと思ってます。

まとめ

ぜひ読んでください。読んで感想等頂けたら嬉しいです。