生活の役に立ってる道具列伝

前回の記事は以下。
「家事が楽になる!!」という家電を買った→そんなに楽にならなかった話

前回、「言うほど楽にならんよね?」という家電を書いた。今回は逆にすごく役に立っている物、買ってよかったと心から思うものを取り上げていこうと思います。

始めに言っておきますが、参考にはならないと思います。あと頑張って思い出したけどそんなに数が無かった…

原付二種スクーター

もうこれはガチでやばい。郊外都市のスーパーギャラクシーエクスプレスバレットトレインウルトラデラックスって感じ。各種小売店舗に駐車場が併設されている程度の郊外都市、東京で言えば三多摩地域あたりでは最強の乗り物では?近年の学説によると原付二種はイザナギが黄泉の国にいるイザナミに会いに行くために創造した神の乗り物であったという説もございますね。

何が優れているかというと

  • 機動性の高さ
  • 停止状態からの加速の良さ
  • 燃費の良さ
  • 運用費用の安さ
  • 車体の安さ
  • 積載量
  • 車とは別枠の駐輪場

というあたりですね。はっきり言ってデメリットは無いのではないかとすら思います。

いくつか補足をします。

「機動性の高さ」というのは自転車よりも少し大きい程度で、かつバイクの中では軽い車体であることから取り回しが楽で気軽に出かけたり、細い道や駐車場でも気楽に入っていける、という意味で書いています。場合によってはエンジンを切ってバイクから降りて手で押して歩道を歩くということもできますからね。これが便利なシーンは都会だと多々あるはずです。

ちなみに特にすり抜けしまくることは想定しません。すり抜けすればより機動性は高く、目的地への到着時間も早まりますが、単純に危ないので個人的には推奨しませんし、やりません。全然やらないわけではないですが、よっぽど幅が広くて事故の危険性が低いと判断できる状況でないと私はやらないです。すり抜けしなくても前述したとおりのかなりのメリットがあります。

燃費の良さですがこれはまぁ本当にすさまじく、4L程度のタンク容量で毎日運用して1ヶ月くらい燃料が持ちます。同じじことを我が家のCX-5でやると同じく1ヶ月くらいで燃料がだいたい尽きるのですが、CX-5のタンク容量は65Lと言えばそのすごさが分かるでしょう。燃料費は1/10程度です。

運用費用に関しても、まず保険がファミリーバイク特約によって少ない費用で済みますし、そもそもの車体費用についても安いモデルは20万円を切ります。20万円ですよ?奥さん?今時自転車だってちょっといいやつ買ったら20万なんて軽く超えますからね。ちょっと良いカメラのレンズ買ったらすぐに吹き飛びますからね。もう20万円なんて安いもんですよ。ハイエンドスマホ2台分程度ですよ?その程度の投資で天照大御神と一緒に誕生したとされる神々の乗り物を所有できるんですから、それはもう激安でしょう。びっくりドンキーって感じですね。

積載量に関しても皆様が思ってる倍はおそらく積めます。私が乗っているのはLEAD 125というスクーターですが、こいつはスーパーのでかい袋二つ分+トイレットペーパーくらいは余裕で積めますね。リアボックスを装着すればさらに積めます。

車とは別枠の駐輪場に停められるというのも素晴らしいですね。各種店舗の周辺が渋滞していてもすり抜けていってバイク用駐輪場に停めるなどといった運用ができ、まさにエクスプレス。ファストパス。ブルジョワの生活であります。コストコとかああいう土日は混むから行きたくない…みたいな店舗あるでしょ?そこで神々の原付二種ですよ。さすがにコストコとかだと積載量は不足しますが、そこは回数でカバーできます。

本当に、この半生くらいで一番買ってよかったと思えて一般的にもおすすめできるのが原付二種ですね。

ただ、有用である都市の規模が限られるというのも事実です。都心では駐輪場の不足によって移動先に制限を受ける、田舎ではパワー不足およびコンパクトな機動力を生かせるシーンが無いです。ある程度「中途半端」な都市に適しているでしょう。東京都多摩エリアは間違いなく適している土地です。

車もしくはバイクもしくは電動アシスト自転車もしくは自転車

原付二種とかぶる項目なんだけど。原付二種を所有しないにしても公共交通機関以外の足のオプションは持っておいたほうが幸せだよねという話です。田舎だとまず確実に車を所有するでしょうから、都市圏に住んでる人を想定して書きます。

やっぱり東京来て思ったんだけどさ、健康で文化的な生活を営むために絶対に必要なアイテムって公共交通機関以外の移動手段だと思うんですよ。

自分が東京に来る前は、長らく東京とか都市圏って地下鉄もあればバスもがんがん走ってるし、タクシー乗り場に行けばタクシー来るし、飲んで身一つで帰れるし最強だよな。と思ってたんですよ。

いや、でもね。その代わりに公共交通機関に乗ることで受けるストレスがこれ半端ないと思う。以下に例を示す。

  • 喧嘩し始めるオッサン
  • イライラしてる車掌のアナウンス
  • 香水がめちゃくちゃ臭え姉ちゃん
  • ゲームに夢中になって腕をぷるぷる当ててくるサラリーマン
  • 加齢臭やワキガが凄まじい人
  • 寝て寄りかかってくる人
  • 人口過密状態
  • 感染症リスクの高さ
  • 基本座れずギュウギュウ詰めの車内
  • 駅周辺の大量のゲロ
  • スマホを覗いてくる人

たまーに用事がある時にこういう乗り物に乗るならまぁ許せるが、毎日こういう乗り物で通うってありえなくない?ありえなくなくなくなくなくなくなくなくなくない?上記のような事態に遭遇する頻度が毎日乗ってて月イチくらいであれば許せるけど、毎回どれかには出会うからな。絶対無理だわ。無理だわと思ってたので東京で就活してたときも都心の会社は選ばなかった。

それと比べると、まず一番快適なのは車だと思うんですよね。全天候対応で外界と隔離されている空間。バスや電車とは比べ物にならない快適な椅子。オーディオシステムと空調。もう自分の部屋がそのまま移動してる感じだと思うんですよ。

都内で車所有すると高いじゃん…とか、今どき何百万もかけて車所有するのってアホじゃない?無駄じゃない?とかいう人、沢山居るんだけど個人的には全然そうは思わない。日々の買い物を快適にする、郊外に遊びに行ったりするための投資として見合う価値を提供していると思う。別に数百万の新車を買わなくても〜百万円で買えるような中古のコンパクトカーなどでも良いわけだしな。安い中古車でも前述した項目はすべて得られるので。

バイクが好きならバイクでも良いと思うんだけど、バイクには色々欠点がある。まず、駐輪場が駐車場以上に見つからない。事故ったときのダメージがでかい。イメージが悪い。など。一番の問題は都内だと駐輪場不足だろうかと思う。

車、バイクが諸事情によりアウトならば電動アシスト自転車、もしくは自転車という手がある。体を動かす分ちょっとキツイが、上掲の公共交通機関から来るストレスに日常的に身を晒すよりはよっぽどマシと思うんだな。それに、自転車に乗るのは健康にもいいし。あと、都内だと、自転車移動と電車移動って実はあんまり移動時間変わらなかったりもするんじゃないかな?

あとはどの選択肢についても(ある程度の)荷物を運べるという利点が挙げられる。これも東京に来た時びびったことの一つ。スーパーの袋持って歩いている人、多いんだよね。田舎じゃ考えられなかった。キツくない?指痛くない?せめて自転車(とカゴ)くらい使えないとしんどいと個人的には思うんだけどどうでしょうね。

子育て世代も車があったほうが絶対に楽だと思う。よく、電車に赤ちゃんと乗ってて世間が冷たかったみたいなニュースが定期的に流れてきますが、車移動に切り替えちゃえばそういう妙な人たちとは完全に付き合わなくても良くなるので快適ですよ。どこかに行く時に「赤ちゃんや小さい子供を連れて移動するのが迷惑かも…」なんていちいち考えると辛くないですか?私は辛い。病院連れて行く時なんかも安全だし。

ともかく、上記のようなストレスを避けるための足は絶対買ったほうが良いよね、という主張でした。

パソコンと高速インターネット回線と4Kディスプレイ

最近はスマホで事足りるとか言う人が増えてますが、絶対にパソコンは持っておいたほうが良いと思う。
なぜか?クリエイティブな作業をするには絶対にパソコンの方が優れているから。ここで言うクリエイティブな作業とは、絵を描くとか作曲とかではなくて、「何かを作る」という作業全般を指す。仕事でちょっと長い文章を書く、プログラミングをする、ブログを書く、表計算ソフトでちょっと込み入った計算をする、写真や動画を編集する、など。

スマホってのは基本的にはパソコンとアーキテクチャがそこまでべらぼうに違うわけでもないのでパソコンで出来ることの殆どは頑張ればスマホで出来る。でも、頑張れば、なんだよね。結局。パソコンのほうが専用の入力デバイスが付いてるし、画面がでかいし、性能は高いし、搭載するアプリケーションもPCの方が高機能である。だから作業効率を考えたら絶対にPCに分がある。

そう言うとたまに「タイピングよりも早いフリック入力する人が居ますよ」という反論を目にするが、そういう極端な少数例の話をしてるんじゃなくて、ほとんどの人はある程度慣れたらフリック入力よりもタイピングのほうが早くなるし、長い時間打ち続けられるし、作業効率高くなるよね?って話をしている。小さい画面をポチポチして何かを作り上げるのは不可能とは言わないけど、PCでやった方が楽な作業はPCでやった方がいいよね?ということ。結局、スマホはコンテンツを消費するために特化したデバイスで、作り出すのには向いてないと思うんだよね。

「でも自分はクリエイターじゃないし」と思われるかも知れないが、しかしここで言うクリエイティブな作業というのは前述した通り、ちょっと長い文章を書く、表計算ソフトや文書作成ソフトを使うなどの仕事で日常的に必要になる作業をも包含している。仕事とは何か価値を生み出す作業であり、価値を生み出す作業を突き詰めていくと必ずどこかでパソコンが必要になる、というのが個人的な意見だ。よく分からんけど、例えば大工だってCAD的なツールは何か使うだろうし、工程や材料の管理する専用のツールを使うだろうし、飲食業だって広告打って効果を確かめるのにはパソコンに特化したUIを持つようなWebサービスを使って作業する事になるだろうし、お金の勘定するにもパソコンは必要だろうし。

つまり、仕事してメシを食っていくにはどこかでPCが必要であって、それは合理的な選択であって、私生活にも必ずやつだつからPCは持っておいた方が良いということを言いたい。

ついでに言えば、出来れば4Kディスプレイと高速インターネット回線も欲しい。これらも作業効率に大きく影響を与えるから。

スマートロック

スマホなどで施錠・解錠できて、そのログを通知してくれたりするような製品。Qrio lockが一番有名かな?自分はセサミという製品を使ってます。

セサミ スマートロック

色んな製品があるけど、どれも機能的には大差無いと思う。

  • スマホで施錠・解錠
  • 遠隔地から施錠・解錠
  • 施錠・解錠された通知を受け取る
  • 鍵を開ける権限を誰かに一時的に与えることができる
  • オートロック
  • 解錠・施錠の状態を確認

みたいな感じかな。スマートロックがあることによって、例えば「家の鍵、閉めたっけ?」と不安になることが皆無になります。個人的にこれが一番でかい。家に着いたら勝手に開錠してくれる機能も楽でいい。時々ちゃんと動かなかったりするけど…(端末との相性が大きい。セサミとiOSの組み合わせだとこの機能が動かないことが多々ある)。

その他、子供が居る場合は「家に帰ったことが確認できる」というメリットがあります。開錠・施錠のログが通知されるので。

スマートスピーカー

うちはGoogle Homeを使っていますが、まあなんでもいいと思います。これ、あると非常に便利です。スマホにいちいち手を触れずに以下のようなことができるんですよね。

  • ショッピングリスト機能
  • 今日の天気や気温を朝確認する
  • スケジュールの確認(次の歯医者の予定は?みたいな聞き方ができる)
  • 子供がアキネーターで遊べる
  • IFTTTと連携できる
  • 「ググったら3秒でわかること」を教えてくれる
  • ハンズフリーキッチンタイマーとして使用できる

というあたりです。

これも補足します。

ショッピングリスト機能というのは、「ショッピングリストに柔軟剤を追加」と言うとスマホやPCから参照できるショッピングリストに項目を追加できるという機能です。もっと汎用的な名前を付けたリストを使用することもできますが。これが最高に便利で、たとえば洗剤が無くなったとか醤油が無くなったとか卵が無くなったとかいちいち覚えてないじゃないですか?で、買い物から帰ってきてから「ああ~あれを買い忘れた」となるのを限りなくゼロに近づけることができます。

IFTTTとの連携に関しては、まあ色々アイディア次第でできると思いますが、我が家では話しかけた言葉をLINEで送信するという処理を導入しています。これで家で留守番している子供から親に対しての通信が行えます。スマホからGoogle Homeへは「ブロードキャスト」という機能でボイスメッセージを再生できるので、これで双方向通信が可能になります。最近の機能で完全に音声通話ができるようになったっぽいですが、設定が面倒で試していません。

なんか、固定電話の代わりになるようなデバイスが家にあれば不要なんですけどね。でも、この方法だとまだ字を読めない子供でも扱えるので便利だったりします。

「ググったら3秒でわかること」は、例えば「セフジトレンピボキシルって何の薬?」とか、「ローストビーフの調理温度は?」とか、「1245×567は?」とか、「○○(店舗名)の営業時間は?」とか、「大学芋の由来は?」とか、「卵一個のカロリーは?」とか。こういう疑問が出た時にいちいちスマホを触らずともしゃべるだけで答えが返ってくる。最近はこういった自然言語での質問もかなり精度が向上した。

「スマホに搭載しているSiriとかGoogleアシスタントでもいいじゃん」って言われそうですが、据え置きでそこにいつでもある、というのが便利なんだとも思いますね。据え置きのデバイスがあれば「スマホを探して」というのもできますしね。

上位機種の炊飯ジャー

タイガー魔法瓶(TIGER) 炊飯器 5.5合 土鍋圧力IH式 料亭炊き ご泡火炊き プレミアム本土鍋 5段階炊き分け タッチパネル シルキーブラック 炊きたて JPG-S100

ここからは特に「買ってよかった」と思えるかどうかは微妙な部類に突入する。個人的によかった、という程度。

炊飯ジャーの土鍋窯を使ってるような上位機種ってなんか意味ある?とずっと疑問に思っていたのですが、これ、違うね。明らかに炊いたご飯がうまくなる。上のリンクは自分が使っている製品ですが、各社似たようなものは発売しているのでどれでも大差ないとは思う。多分。

もし白米を頻繁に食べる人であれば、買った方が絶対に幸せになります。私はこの値段でも買った良かったし、次買うときも上位機種を買おうと思いますが人によってはそこまででも…って感じになるかもしれない。一度食べて価値があるかどうか判定できればいいんだけど、そうではないからね。

例えていうならば、キャンプの時に飯盒で炊いた飯ってなんかうまく感じると思うんだけどそれと同じくらいの満足感を得られる…といった感じかな。…分からんか。

低温調理器

アイリスオーヤマ 低温調理器 真空調理器 スロークッカー IPX7防水 低温調理器具 防水機能搭載 レシピブック付き ブラック LTC-01

これも世間一般にお勧めできるかなぁという感じなんだけど、個人的にはあると嬉しい一品。私が使っているのはAnovaという製品なんだけど、Amazonで検索したらアイリスオーヤマからAnovaのパクリとしか思えないデザインの製品が販売されていたのでこれを掲載してみた。中華製の類似品も大量に売られている。
製品の仕組みとしてはサーモスタットとヒーター、水流を発生させるためのモーターという組み合わせの単純なものなので、特に高い製品でも安い製品でも大差ないと思う。耐久性は違ってくると思うが。自分が買ったときはAnovaとBONiQしか無かったから仕方なく高いAnovaを買ったけど、こだわりが無ければ安い製品で十分だと思う。

我が家では低温調理器はローストビーフもしくは温泉卵製造機専用になっている。温泉卵もローストビーフも両方大好きなので私は満足しているが、一般的に温泉卵とローストビーフを作れるマシンに1万円ちょっとくらいの投資ができるかというと微妙だと思う。まあ、ほかにもレシピは色々あるんだけどね。

ローストビーフはその辺のスーパーに売っている総菜のものよりは圧倒的に美味いものが簡単に作れる。失敗しない。

レシピは色々試したが、以下の「③BONiQ後に塩」が一番うまい。

57℃ ローストビーフ低温調理 塩投入比較

これは何にも下味をつけずに低温調理した後で塩をしみこませるという一番楽なレシピでもある。他のレシピを見るとワインを入れろとか玉ねぎを入れろとかにんにくを入れろとか色々手順が多いが、これらはやることが多いわりに大してうまくなかった。好みもあると思うが、私は何もせずに低温調理したあと、塩、コショウなどでシンプルに味付けするのが一番うまいと思う。

ソースも最初は手で作っていたが今は面倒なのでキューピーのドレッシングなどをかけて食ってる。

キューピー テイスティドレッシング 和風 香味玉葱 210mlペットボトル×6本入

この和風香味玉葱というやつが、ローストビーフがパッケージに写っているだけあって一番うまかった。他にも合うのはあると思うけど。
ネットで検索したレシピでローストビーフのソースをいくつか作ったが、これはどれもこれも正直なところあまりうまくなかった。キューピーとか味の素とかのドレッシングが何だかんだで一番うまいとおもう。

キャンプに行くときは必ずローストビーフを作って持って行っている。すぐに食べれるし子供も食べれるし、酒のつまみにもなるし。

まとめ

まああんまり参考にならないと思うけど、このあたりが私が思う「買ってよかった」リストです。ご査収下さい。