【質問#193】カメラで娘を綺麗に撮りたい

質問・悩み相談の回答です。

質問

お世話になっております。
業務中に何かの調べものの際にこのブログを発見し、楽しく読ませて頂いてます。
ほぼほぼエントリ全て見切った気がするのでanoparaフリークとして活動できるやも知れません。

標記の件なのですが、娘さんの写真を見るたびに「自分もこうして娘が撮れたらなあ…」と思ってしまいます。
そもそも写真を撮る習慣がなく、撮ると言ったらスマホのカメラで肉か麺を撮る程度です。
技術もなければそもそもの機材がありません。全くの門外漢であり、どうして良いかもわかりません。
しかし不思議なことに手元には政府から支給された謎の10万円があるではないですか。
元は自分が払った税金らしいのですが、天から降って湧いた10万円、それでカメラを始めたいと考えています。
予算10万として、なんかこう、カッチョのよろしい感じに写真が撮れるカメラとレンズの組み合わせ?
などを教えていただけないでしょうか。

余談ですが、よくよく考えるとそもそも娘が居ませんでした。
と言うか冷静に考えてみると嫁が居ませんでした。
(くやしいのうくやしいのう…)

綺麗な写真が撮れるようになって嫁さんゲットしたいのでどうかよろしくお願いいたします。

回答

娘です。

他の質問も貯まってはいるのですが、なんかご質問の勢いに笑ってしまったので先に回答してしまいました。お許しください。というかまた結構質問が溜まってます。すみませんお許しください。

娘たちは父親の教育によりニンテンドースイッチなどにはそこまで興味を示さず、マザーシリーズや聖剣伝説シリーズ、Stardew Valleyなどにハマっております。

そのほか、以前載せたような気もしますがある程度現像し直したので載せてみます。

他にも色々撮っているんですが、顔にぼかしをかけるのが大変なのでこのくらいでご勘弁ください。

ほぼほぼエントリ全て見切った気がするのでanoparaフリークとして活動できるやも知れません。

こちらですが、オフ会的なものをしてみるとたまにこういう事を言われます。ほんとぉ? みんなそうやって言うけど、本当にアタシのことだけ見てくれるのかな…。と思う。

まあそれはおいといて、エアー愛娘、もしくはイマジナリードーターをきれいに撮影するためのカメラ一式を揃えるのに適切な選択は?ということですね?これはスーパーミラクル難しい質問です。

なぜかというと、カメラっていうのは車やバイクや料理がそうであるように、個々人にとっての「最高の一品」って評価軸が多様すぎて決められないんです。カメラなんだからより写実的に写るのが良いのでは?例えばWW2時代のカメラと現代のカメラを比べたらそれは現代のカメラのほうが優れているのでは?と思われるかも知れませんが、違うんだよなぁ。古いレンズでも高値で取引されているレンズはたくさんあります。それはつまり、古いレンズに価値があるという証明に他ならず、一概に年代によってカメラやレンズの良し悪しは比較できないと思います。

なぜ古いレンズに価値があるか?それは、それぞれのレンズには「味」のようなものがあるからです。どんなレンズにも独特のクセがあり、レンズが変わると写真の写りは大きく異なります。具体的には周辺減光、歪み、ゴースト・フレア耐性、MTF曲線、F値、焦点距離…などなどなど測定した物理的なパラメータによりその「味」は変化します。この「味」に対する評価軸も多種多様なんですよね。

それに加えて、撮影した画像をどう処理するかという点でもまた個性が出てきます。例えばカメラ界におけるキヤノンの画像処理エンジンは人間の肌がきれいに写るように調整されてるんですよね。だからブライダル業界とかではキヤノンが多いと言われています。実際、私は知人の結婚式に出席するたびカメラを見ていますが、そして新郎新婦:カメラの見る割合は3:7くらいですが、やっぱりキヤノンが多いですね。七五三など、子供を撮影するスタジオに言ってもキヤノンが多いです。ニコンにであったことは1〜2回しか無いんじゃないかと思います。

つまりほとんどの人間は人間を撮影する時に肌色がよりきれいであって欲しい、美しく写っていて欲しいと思っているわけですね。言い換えるとカメラは写実的に写る必要は無い(少なくとも、そう考えている人が商品開発に大きな影響を及ぼす程度の数存在する)と言えるわけです。

これはスマホのカメラアプリが顕著ですね。肌を美しくソフトウェア加工するようなアプリがよろしいとする人たちもたくさんいますね。質問者様もご自身で「カッチョのよろしい感じに写真が撮れるカメラ」とおっしゃっていますね。

で、肌色がきれいに写ることだったり、なんだりかんだりを求めるわけで、その評価軸が多様過ぎて困っちゃう、という話なんですな。

ちなみに私が好きな写真は大きく分けて二種類ありまして、一つがレトロな雰囲気の写真、もう一つは解像感がめちゃくちゃ高くて被写界深度が浅い写真とか暗い写真とかです。例えば以下のような。

なんかキラキラした写真よりは暗くて寂しくなる写真の方が好きですね。

なのでまずはご自身がどのような写真が好きか?を探すのが良いと思います。GANREFフォトヨドバシPHOTOHITOKASYAPAビックフォトスタイルなどをよく見ます。販売店が運営しているサイトは一般的なユーザーが持ち出すであろうシーンに近い条件で撮影したものが多く参考になると思っています。あと、私はNIKON使いなのでニコンが提供しているニッコールレンズユーザーズギャラリーもよく見ます。

何が好きなのか、好きな写真のどんなところが共通しているのかというのを見つけること自体も難しいのですが、ざっくりと「明るいか暗いか」「コントラストは高いか低いか」「パキッとした画なのかボケてる感じか」「レトロな感じか現代的な感じか」「被写体は人物か自然か人工物か物か」「色合いは鮮やかな感じか淡い色使いか」あたりに注目してみて下さい。

好きな写真の傾向がつかめたら、あとは好きな傾向の写真を多く撮影しているカメラやレンズ(特にレンズ)をメモって下さい。大体、偏って来るのではないかと思います。その傾向が分かったらあとはそれを撮影してる機材を買えば良いです。終わり。簡単ですね。

一般的な回答は以上です。あんまり参考にならなそうですね。すみません。

一つアドバイスと言いますか思うことがあります。店員やネット上の写真家やアマチュアの意見を聞くことは良いと思いますが、最終的には自分の直感や、出会ったカメラのうちでどれが好きだったか、所有したいかという気持ちを重視したほうが良いように思います。これは最近、何か高いものを買う時に私が重視してることですね。車でもカメラでも何でもそうですが、最終的に自分が好きだという気持ちはその対象をよく使おうとするモチベーションに等しいので、ここを特に重視したほうが良いと思います。好きだったらある程度の使いにくいところは我慢できますが、好きじゃなかったら嫌いなところばかり目に付いてしまいます。それが人間です。

ただ、質問者様は私に質問をしてくれたということであって、ある程度は私の好きな写真と好みが似通っているのではないかとも想像できます。従って、私の考えている思想的な事も記しておきたいと思います。 以降はあくまでも私の観点で良いと思うことを列挙しているだけでこれが唯一の選択肢や絶対的な基準ではないことにご留意下さい。

レンズ交換式カメラを買う

まずはレンズ交換式カメラ(デジタル一眼レフやミラーレス一眼カメラ)が絶対だと思っています。先程述べたとおり、カメラはレンズを交換すると全く写りが異なってきます。違うカメラになると言っても過言ではありません。

また、実際には自分にとって最高のレンズとカメラに一発でたどり着くのは難しいので、満足行かなかったときのためにリカバーが簡単なレンズ交換式カメラを買っておいたほうが良いという理由もあります。

あとは、単純にレンズ交換式のカメラは交換できないモデルに比べて機能や性能が上位のモデルが多い(レンズ一体型で機能・性能が優れているモデルもありますが)というのも理由ですね。中途半端にいいカメラを買うと、その写りもスマホに比べると確かにいいね、程度で終わってしまうのでいつか使わなくなってしまう可能性が高いです。少なくとも最新のiPhoneその他ハイエンドスマホよりは全然画質が良いよね、程度満足が行くモデルを買うのが最低条件と思います。

ズームよりは単焦点レンズを

個人的にはきれいな写真を撮りたいなら単焦点レンズをおすすめします。と、こう書くと必ずカメラのプロ・アマ問わず色んな人に叩かれます。が、個人的にはそれでも単焦点レンズをおすすめします。

そもそもズームとか単焦点とか言われても意味不明と思いますので簡単に説明しますと、ズームはその名の通りズームして遠くのものを近くに寄せたり、逆に広い範囲を写せたりと調整できるやつ、単焦点はそれができないやつです。ズームできるやつとできないやつとでは出来るやつのほうが良いのでは?と思われるかも知れませんが、ズームできるレンズはその分設計が難しいので、写りが犠牲になっている場合があります。ズームでも綺麗に写るレンズはありますが、個人的にはなるべく単焦点を使っていきたいな、と思うほどには明確な違いが感じられます。

最近は特にズームの方が良いよ、という意見を聞きます。ズームレンズの性能が向上したこともあれば、大事な時にガチャガチャとレンズ交換してシャッターチャンスをのがしては元も子もないとも言われます。

でも、我々のようなライト層がコンテストに応募するのでもなく趣味で家族の写真を取って満足したいという話であれば、本人が満足できるかどうかが全てなわけです。どれだけ世間やプロの写真家が何を言おうと関係ないのです。例えばレーシングドライバーが「最高の車は4WDでハイパワーターボのスポーツカーが良くて、それ以外は車とは認められない」とか言ったとしても、ファミリーがミニバンを選んでるときの参考にはならないでしょ?そんな感じです。

私は私が撮ってきた写真を見ていくと、良いなと思える写真は圧倒的に単焦点で撮ったものが多かったです。なので私は単焦点が良いと思うのです。

頑張ってフルサイズを

同様にして、センサーサイズはやっぱりフルサイズが良いと思います。これも単焦点レンズと同じ理由で、単に私が良いと思った写真は圧倒的にフルサイズ機で撮ったものが多かったからですね。

フルサイズ機となるとかなり値段も高くなりますが、私は相応の価値があると思ってます。写真にハマったらいつかフルサイズには行き着くので最初から良いやつを買ったほうが良いという考えもあり。

具体的なおすすめ

というわけで、私が思う具体的なおすすめカメラを列挙していきます。

SIGMA fp

私が最近SNSなどを見て好きだなと思う写真を連発してくれるカメラNo.1です。上のリンクはキット(カメラ本体と特定のレンズがセットになったモデル)です。キットに付属するレンズ(キットレンズ)はたいていオマケ的で写り的には平凡でいずれ使わなくなるようなものが多い中、このレンズに関してはネット上の評価も高く、実際撮った写真を見ても中々良いように思います。見た目もかっちりしてかっこよく、拡張パーツも多数あるみたいですね。

ミラーレスでフランジバックが小さいのでオールドレンズも色々遊べると思います。と書くと何いってんだこいつ、となりそうですが、ともかく古いレンズを活用して遊ぶこともできるということですね。私もソ連製のレンズをたまに引っ張り出して遊んでいます。レンズに「Made in USSR」って刻印があるんですよ。いいでしょ。

SIGMA fpのネックは20万円という価格ですね。カメラを所有したことのない人がいきなり20万円のカメラを買うのはかなり抵抗があると思うのですが、ケチってやすいカメラを買ってからあとで高いカメラを買うと最初に買ったカメラの価値の減価償却できてない部分は無駄になりますし、やすいカメラを所有している期間に撮影した写真はあとから撮ったカメラで置換できるわけではないですし、まあ20万円のカメラも2万円と思って買えば2万円になるのがカメラですからイマジナリー娘さんのために20万出すのも悪くないと思いますがいかがでしょうか。

SIGMA dp2 Quattro

カメラにそんなに何十万円もかけれない、なめるな、という場合には非常に悩ましいですがSIGMAのdpシリーズをオススメします。やや古いカメラで、中古だと5万円ちょいくらいから見つかります。

私はSIGMAの画作りがやっぱり好きなので、低価格でという条件で選んでもやはりSIGMAをおすすめしてしまいますね。SIGMAのdpシリーズは画角によって4つのラインナップがあります。その中でも2をおすすめするのは、単に私が一つ選ぶならこの画角かなというものを選んだだけです。焦点距離は35mmフィルム換算で45mmです。だいたいこのくらいの画角が人間の目に近いと言われていますね。だから何だって言われると何も言えないのですが、なんとなくこのあたりの画角が自分の記憶と一致するような気がして、「わざとらしくない」ような感じがします。その他の画角がわざとらしいかというと、極端な魚眼レンズとか望遠レンズとかを除けばそんなに違和感ないと思いますが…。

SIGMA fpでは「ティールアンドオレンジ」というカラーモードの評判が非常によいのですが、dpシリーズでも最近のアップデートでこのモードが使えるようになりました。

ただ、一つ注意が必要なのは私はfpもdpも使ったことが無いのです。なのでユーザーインタフェース周りは使いやすいかどうか知りません。多分、使いにくいような気がします…。個人的にカメラの使いやすさとはハードウェアスイッチの多さに比例します。液晶画面でプチプチ項目を選んでいくよりは専用のスイッチを押したほうが圧倒的に早いし使いやすいです。ミラーレスはこのあたり、弱いですね。ハードウェアスイッチを増やすにはボディの大きさがある程度必要なのでどうにもなりません。

Nikon D800E中古 + 50mmくらいの適当な単焦点

多分、お金をかけずに正統派(?)な方法でいくとこんな感じになる気がします。今調べた所、D800Eの中古が大体8万円、 AF-S NIKKOR 50mm F1.8Gの中古が2万円台なので10万円でちょっと足が出るかなーくらいで収まるのがこの辺りだと思います。

光学ファインダーとミラーがついてるごつくてでかいカメラの利点の一つは既に説明したとおり、ハードウェアスイッチが多数あるので慣れれば圧倒的に使いやすいという点ですね。あとは、ファインダーを覗いてシャッターボタンを押すという儀式が好きという理由もあります。逆に言うとこの辺りにこだわらないのであれば、ミラーレスでも良いかなという気がします。ミラーレスだと最初に書いたとおりSIGMA fpを私ならば買いますね。

私はニコンが好きなのでニコンをおすすめしますが、別にキヤノンでもなんでも良いと思います。フルサイズで10万円前後で揃うというところをポイントにした選択肢です。

Nikon D850 + SIGMA レンズ複数

ここまで色々書いてきましたが、他人に自信をもっておすすめ出来る組み合わせとなると、やっぱり私が今使っている機材となってしまいますね。なぜならば、私は高校生の頃からカメラを触り始めてずっと満足できなくて、最終的にこのあたりに行き着いて真に満足したからです。だから、これ以外だといつか不満になるだろうなぁと思ってしまうのです。私が持ってる機材と雑な感想を書いていきます。

  • NIKON D850

NIKONの傑作と言って良いと思います。電源を入れれば電源が入る、シャッターを押せばシャッターが切れる、ダイヤルを回せば即座に設定が変わる、そういう当たり前のところをしっかりこなしてくれるマシンです。見た目もかっこよくてゴツくて重くて頼れる相棒という感じがします。ハードウェアボタンも一通り揃っていて必要な設定を即座に確認したり変更したり出来ます。ニコンのカメラは主に上面液晶の有無、左側上面ダイヤルにISO/WB/測光モードなどのボタンがついてるか否かで差別化されていますが、この2つはどちらも必須だと思います。特に上面液晶はほかメーカーのカメラを選ぶ際にも、絶対に付いているものを選んだほうが良いと強く思います。

なぜか?一つは付いていたほうがかっこいいからです。もう一つは、シャッタースピード絞りISOをチェックするのにいちいちカメラの背面を見て液晶をオンにしてとかやってられないからです。

もう書くのが疲れてきましたが、レンズは

  • SIGMA 24-70mm F2.8 Art
  • SIGMA 50mm F1.4 Art
  • SIGMA 105mm F1.4 Art
  • SIGMA 150-600mm F5-6.3
  • TAMRON SP 90mm F2.8
  • 中一光学 CREATOR 135mm F2.8
  • HELIOS-44-2

を持ってます。NIKKORレンズが一本もねぇな…。だったらSIGMA買えばいいじゃんって感じなんだけど、カメラボディはやっぱりNIKONが一番個人的には使いやすいと思うんだよな。それぞれのレンズの印象はまた別の記事で書きたいと思います(つかれた)。

まとまると、私ならばどう考えてもSIGMA fpかD850+SIGMAレンズの組み合わせにするしかねぇかなぁという感想になります。というわけで全然参考にならないと思いますが、ご査収下さい。

↓追記しました

(追記)【質問#193】カメラで娘を綺麗に撮りたい