ポリコレとか表現の自由とかダイバーシティとかLGBTとか

単に思ったことを記録として記す。

仕事でインドに行ってた時、インド人が次のようなことを言っていた。聞いた時は英語で言ってたので正確な表現ではないかも。

「インドには110個(←うろ覚え)の言語があり、数多の民族と宗教が混在している究極のダイバーシティの国だ。ダイバーシティで最も重要なことは何か?それは相手の文化や言語、価値観を「認める」ことだ。相手の価値観を素晴らしいと褒める必要はなく、特別扱いする必要もない。ただ単に、とある考えや文化がそこにあるということだけを許容するだけで良い。その考えや文化を理解し、同化する必要は無い」

この考えが正しいかどうかは知らん。けれども、個人的にはこの考え方がもっとも差別からは遠く望ましい姿であると考えていて、聞いて以来、自分の生き方の指針にしている。

また、定期的にニュージーランドで同性婚を認めさせるために行ったニュージーランドの議員のスピーチをネット上で目にするが、これも上記の考えに則した内容になっていると個人的には思う。私は日本の中の差別のない地域に育ったので、生まれた家や地域や血筋で相手のことをどうこう判断するという考えが一切無い。プラスにもマイナスにもバイアスがない。これが最も望ましい姿であると思う。しかし一方で、私が 思っても居ないのに 特定の少数民族の文化は素晴らしいとか、無条件で称賛されるべきという態度を示すのは差別の一種であると思う。

その昔、インターネット上で「学校で発達障害についての話を聞く集会があり、そこで登壇したおばちゃんが『発達障害の子はピュアで素晴らしくて本当は優れた人間なんです』と感極まって泣きながら演説しているから自分は感想文で『発達障害の子供は素晴らしいと思いました。私も大人になって結婚したら発達障害の子供が欲しいです』と作文に書いたら殴られた」というコピペもあったが、これは差別を考える対象として良い題材であるとも思う。
これは笑い話、ジョークの一種であるが、なぜジョークとして成立するのか(あるいはしないのか)、何がおかしいのか、おばちゃんや先生や書いた人の態度のどこに問題があるのか(あるいはないのか)を論じたり考えたりすることはとても良い教育になると個人的には思う。

ともかく私はそういう考えで居る。

例えば、私はゲイは大嫌いだ。男同士が密接に触れ合ってる絵面を見るとマジで吐き気がする。同じように女装やトランスジェンダーも気持ち悪いとは思うがゲイのように吐き気がすると言うほどには気持ち悪くない。小児性愛に関しても同様に大変気持ち悪く、非常に不道徳で汚らわしく考えることもしたくないという思いだ。あとはなんだろう、例えば精神疾患を持ってる人が身の回りに居たら(いた事はないが)自分の出来る範囲でサポートしたいと思うが、私もそんなに余裕を持って生きてるわけではないので大して何も出来ないと思う。

ただ、その一方で例えばゲイやトランスジェンダーの人が職場の同僚や部下が職場に居たとところで、特段他の人と態度を変えようとは思わない。プラス方向にもマイナス方向にも態度は変えないし、変えるべきではないとも思う。そして、もしゲイの人が私に迫ってきたら「私はストレートだから嫌だ」とはっきり断るつもりだし、それが正しくてあるべき行動だと思う。もし屈強なゲイがやってきてレイプされたら被害届を出して懲らしめる。絶対に許さず、民事でも搾り取れるだけ搾り取る(そういう事が出来るのかは知らんが)。このとき、ゲイに迫られて鳥肌を立てながら我慢して受け入れるよう努力するという態度は差別の一種だとも思う。小児性愛に関しても同様に、私は小児性愛の癖があるとアミングアウトしたり、そういう事をSNS等で公言する人を私の子供には絶対に会わせないだろう。(※ここでの話は具体的なケースを想定した一種の思考実験であって、そういうシーンに遭遇する確率が高いとか低いとかは一切考えていない)

要するに以上の話は、「私はあなたの頭の中の思想や価値観には一切干渉しない。だから、私の思想や価値観の自由にも同じく干渉しないで欲しい」ということになる。その行動指針は冒頭のインド人の話の私なりの実装であるとも言え、少なくとも私はこれが正しくてあるべき姿だと思っている。

で、ここで難しいのは創作物の扱いである。

私はゲイも小児性愛も吐き気がする程度に嫌いなので、同様にしてBLや「ロリ」と名前の付く創作物も同様に嫌いだ。見たいと思わない。だから、ネット広告でBLを扱ったものが表示されると必ず「不快だから表示しない」にマークする。たまにAVでランドセルを背負ったり園児服を着ていたりする、シャレなのか本気なのかわからない作品があるが、あれも同様に嫌いだ。吐き気がする。

ただ、吐き気がするからと言ってそれを滅ぼすべきとまでは思っていない。ちなみにネット広告でBLを扱ったものが表示されると必ず「不快だから表示しない」にマークするのは広告配信エンジンが最適化によって 私に 配信しないようにしてほしいという意図があってそうしているのであって、別にそういう広告を撲滅してほしいとまでは思っていないということだ。

なぜか?それは先に述べたとおり、

「私はあなたの頭の中の思想や価値観には一切干渉しない。だから、私の思想や価値観の自由にも同じく干渉しないで欲しい」

と強く思っているからである。特に小児性愛に関してはそういった創作物があることで犯罪と関与するとかしないとかいう議論をネット上で定期的に見かけるが、それとは全く関係ない(というかそういう議論すら気持ち悪いのでまともに考えたこともない)。単に、「私はあなたに干渉しないから、頼むから私に対しても干渉しないでくれ」とだけ思っている。

例えば私はSF作品が大好きだから、「SFは退廃的で危険思想だから規制しろ」みたいな世界には絶対になってほしくない。また、私が生み出した創作物に対して「ポリティカルにはコレクトじゃない」とかウザい指摘を絶対にかまさないでほしいとおもっている。その代わりに私はあなた方がゲイであったりBL好きであったり小児性愛であったり女装することにも干渉しないから。と思うのだ。で、それが平等で正しい姿だと思うのだ。どう思う?

かと言って、具体的な思想が社会に実害を及ぼすことがあるだろう。具体的には人間が血を流して苦しんでる姿を見ないと性的に満足できないというサイコパスが誰かを拉致監禁して生きたまま腹を裂き大腸を引きずり出して自分の体に巻き付けたまま殺害、死姦した時に社会はそれを許容すべきではないし、子供に性的な虐待を行った犯罪者は法によって適切に裁かれるべきであるし、私が日本が核武装して空母を沢山建造して韓国北朝鮮中国を征伐して併合するネトウヨ大好きな仮想戦記を書いた所、何故かそれが大いにウケてしまい、作品中の組織名を名乗る数百名の自衛官及び数多のネトウヨがクーデターを企ててしまったなどという展開になれば、いくら私の自由な創作物だから放って欲しいとは言えど、作品の公開停止など何らかの対処はすべきだろう。

ただ、ギリギリまで創作物そのものや思想がアカンというところは踏みとどまって欲しいと思うんだよね。どんなにおぞましかったり、吐き気を催したりする思想であっても、それが社会に実害を及ぼす直前のところまで、ギリギリで踏みとどまって欲しいと思うんだな。小学生を拉致監禁した小児性愛者が居たら悪いのはその男であって、それらを扱う作品群が悪ではないんだよね。私は私が見て気持ち悪い、吐き気がする、反吐が出る、何なら実際ゲロを吐くような思想や嗜好を見かけても自分が出来うる限り我慢して何も口を出さないようにしましょう。だからみんなもそうしてくれ。私はSF作品が大好きだが、もし将来SFが退廃的で非難されるべき思想だという未来になったとしても私の趣味には口を出さないでくれ、頼むから。お互い、自分が愛する領域は守って行きましょうとこういうことですな。

作品だけでなくて思想も当然そう。細かいところだと最近あったような「スーパーで惣菜のポテトサラダを買おうとしてた子連れの主婦に高齢者がポテサラくらい母親なら作れ、と吐き捨てて行った」とか言う話とかも同じ。そういう余計な一言を加える高齢者はその人自身の性格が悪いのであって高齢者全体が口うるさくて意地悪だという議論に展開されていくのは危険だとおもう。「ゆとり世代」とか「昭和生まれ」とか「氷河期世代」とかいう枠で語ってほしくないと思うならば、たとえ自分が出会った高齢者の9割が老害だと思ったとしても、「これだから高齢者は」という考えに至るのは踏みとどまらなければならないのである。

また、この件に対して女が家事をして男が稼ぐという価値観が悪だとするのも同様に危険だと思う。家庭の中で男女がそれぞれどういう役割を担うのかなんてのはそんなもん個々の家庭で本来自由であって、男が稼いで女が家事をする家庭もあれば逆の家庭もある、もしくは家事や仕事や育児に性差を儲けることをしないという家庭もあるだろう。そのいずれで家庭が上手く行くかは人によりけりだろうし、どれを選んだとして非難されるいわれは無いんだよね。

男が仕事、女が家事という分担でうまく行かなかったらその時話し合って解決すりゃいい話で、もしそこで「家庭内で男女が均等に仕事も家事も担当したら私のうちでは上手く行った」というひどく個人的な体験を正義として、「社会は男女が平等に仕事や家事を担うべき」という考えを例えば「男が仕事、女が家事」で上手く行ってる家庭に適用して、その人たちの生活を「私が考えるポリコレ」で歪めるのは絶対に止めてほしいんだよな。

しかしながらネットで議論されてる内容の多くは、ある思想や行動様式が先進的だから、あるいはそうであるべきだから、あるいは私の体験ではそれで上手く行ったから、というひどく曖昧なものを根拠としてそれが「ポリコレ」であると勝手に定義し、その価値を共有しない人を叩いていったり、創作物や、人の考えや価値観を侵食していってる。これは本当に良くないと思う。

以上全部をまとめると、人間とは多様な考えを持つのが当たり前で、可能な限りそれは尊重されるべきであると個人的には考える。そしてその考えを適用していくことは、同時に差別を無くし、平等な社会を実現することに寄与するとも思う。