【質問#191】ビデオ会議の最適なツールは?

質問・悩み相談の回答です。

質問

こんにちは。何度か質問をさせていただいている者です。
いつもブログおよびtwitterの更新をstay homeの楽しみにしています。あ、もう何年も拝見しているのでした・・・(笑)
楽しみなだけでなく、深い考察に感銘を受けることが何度もあります。また、毒舌が痛快で、何よりの楽しみです。ありがとうございます。
さて、今回はビデオ会議ついて質問させていただきたく思います。
今後のスタンダードとして知っておく必要があると思いますし、使い方次第で自分自身の研鑽を積んでいく上でも最適なツールであると考えています。仕事で、先方との打合せ等にも使うことや、学生時代の同級生と討論などができればと考えています。しかし、世の中にはありとあらゆるものが溢れていることに戸惑いを覚えるのも事実です。セキュリティや通話の品質、手軽さなど選ぶ基準が様々で、自分で調べても頭打ちになってしまいました。
個人的にはセキュリティは最重要であると考えています。まずは無料で使ってみた上で、そのツールが満足いくものであれば有料版にステップアップすることを考えています。ですので、無料版での使いやすさも重要であるといえます。通話以外はファイルの共有やチャット機能等の最低限度のものがあればよいと考えています。
ベストはないのかもしれませんが、withpop様がご覧になって、よりよいツールはどれでしょうか。また、この機能を使うとさらに可能性が広がるというものがあればご教授いただきたく存じます。
 お忙しい中かと存じますが、ご回答いただければ幸いでございます。これからも、いろんな面でお話をお伺いするかもしれませんが、その折もどうぞよろしくお願い申し上げます。

※「毒舌」というのは失礼な表現かもしれませんが、ご了承ください。

回答

そう言えば毒舌ってたまに言われる気がしますね。私は毒舌と言われるのは好きではないです(だから今回の質問者の方が腹立たしいと言っているわけでは決してないので、誤解しないで下さい)。

毒舌って辞書的な意味は悪口だったりネガティブな意味が多いんですよね。たまに毒舌だと自称するブログとかSNSアカウントとかを見ますが、まさに辞書的な意味のどおり、単なる悪口を連ねて書いてるだけなんですよね。ああいうのは嫌いで、一緒にされたくないと思っています(しつこいですが、今回の質問者の方が同一視しているだろうとも思っていません)。私は一応、批判するのも理由を明示してどこがどう良くないか、と指摘してるので一方的な悪口を述べてるわけではありません(と少なくとも私自身は思っています)。トヨタ車のデザインがクソ、みたいな発言はまぁ悪口かも知れないですが、読み返せば多分、「 俺は 好きじゃない」みたいな書き方になるよう気をつけていると思います。たぶんね。知らんけど。

それは置いといて、ビデオ会議ですね!分かりません!すみません!

私は長らくリモート勤務をしておりますが、実はビデオ会議はめったにしないんですよね。Slack(のチャット機能)でほぼ事足ります。使わないので知りません!ご清聴ありがとうございました!

ではダメなので、私も今後使うことはあるだろうなと思って色々調べてみました。

ちなみに私も選ぶのであればセキュアなことを重要視します。特に第三者に個人情報が流れるような事態を一番危惧します。2番めにE2Eで暗号化されていることを重要視します。3番目に可能ならばMFAができると良いなと思います。この基準で評価してみました。

…と書こうとしたところ、私が試すまでもなく、なんと米国NSAで評価したレポートが書かれていましたのでこれを貼ります。じゃん。


image from NSA report

「Y」になっているところが多いのはSignal, WhatsApp, Wickrですね。

Zoomもなんだかんだで叩かれて修正したからか、Yが多いですね。でも一度やらかした製品は個人的には使う気にならないのでZoomを使うことは無いでしょう(お客さんから希望されたら仕方ないですが)。

個人的に重要視していた3点をクリアしているのは、上記3つに追加してCisco Webexですかね。Cisco Webexはコードがオープンでないだけで他の全てをクリアしてますね。もしかしたら一番セキュアな選択肢と言えるのかも知れません。

個人的にはSlackがもうちょっとセキュアだったらありがたかったな、とは思いますね。とは言え、今はビデオ会議というのはグローバルですごくホットな分野なので、今頃機能追加して改善に取り組んでるのだろうとは思いますが。ある程度継続してウォッチしていく必要がありそうですね。

Signal, WhatsApp, Wickrの3種ですと、SignalとWickrが全デバイス全OS(Android, iOS, Mac, Windows, Linux)に対応しているのでこの2つが良さそうだなぁと思いました。WhatsAppは海外だと利用ユーザーが多いのでその点で便利という事情はあるかも知れませんが、日本だったらどれも普及してないのでどれを選ぼうと同じ気がしますね。

公式サイト(Signal, Wickr)をざっくり見比べると、Signalはセキュアなこととフリーなことを売りにしているように見えます。いきなりスノーデン氏が出てきて「毎日使ってる」と言ってますね。説得力ありますね。

広告もトラッカーも無しだそうです。どうやって開発してるんでしょう…。フリーでユーザーを確保して、そのあとで有料プランが出て来たりするんですかね。WickerはEnterprise版なるものがありますね。

画面構成や機能を見比べていくと、どうもSignalは個人間の利用に特化していて、Wickrはビジネスユースに特化しているような印象を受けます。

という感じで、どちらもフリープランはあるのでSignalとWickrをインストールしつつ、使い分けるという感じが今のところはベストなのかなぁ?と思いました。実際使ってないので、使い始めたら印象が変わるかも知れませんが…。

ちなみに、当サイトで昔オンライン飲み会をしていたときはapper.inというサービスを使用していました。今はwherebyというサービスに変わったそうです。これはアカウントの取得とかアプリのインストールとかが不要で、リンクを開けばブラウザ上ですぐに参加できるという点が売りなんだと思いますが、ブラウザで動いているためなのか、もしくはネットワークの問題なのか、時折会話が成り立たないほどに遅延することがあったので個人的にはなるべく避けたいかな、と思いました。1年以上前の話なので改善されてるかも知れませんが。