【質問#156】会社という形態に馴染める自信がない

質問・悩み相談の回答です。

質問

いつも楽しく読ませていただいております。

早速本題なのですが、私は今年度新卒で社会人入りした22歳男です。
工場の生産工程管理の業務になり、現在現場作業とオフィス両方の仕事の見習い中です。
単刀直入に言うと、仕事に責任を負いたくありません。仕事で迷惑をかけたくありません。
私はとにかく自分の行動に対して責任を持つということが苦手です。それによって誰かに迷惑をかける可能性があるのならいっそのこと何もしない方がマシという風に考えてしまいます。
一目を気にしすぎる性格もあってか、誰かに迷惑をかけるということに非常に恐怖を感じます。

私なりの会社員のイメージは、会社という一つの大きな組織の中の一員であって、その中で自分の仕事は組織全員分の責任を背負って行われるものだと捉えており、まさに自分が苦手とするものの塊みたいに見えています。
そうした環境で自分のやることに責任をもって仕事をするなんてこと、恐ろしくてとてもできません。

仕事のほうも、今はわからないことだらけなのですが、それを聞きに行くことすら迷惑にならないか不安に感じて聞けずじまいになることがあります。
そのせいで仕事を覚えようと思ってもなかなか覚えられず、最近は上司に「仕事覚えるのが遅い」という旨のことを遠回しに言われてしまったのでこのまま社会人としてやっていける自信がなくなってきました。

学生時代にやっていたボランティアや研究等ではこんなことはなく、むしろ熱心に取り組めていたと思うのですが、アルバイト等の仕事に関連するものとなると途端に逃げ腰になってしまいます。

今の会社自体も、就活に失敗した結果そこしか入れなかっただけで、入りたくて入ったわけではないので本当にやる気が出ません。
やらなきゃいけないとは理解していても絶対仕事なんか覚えてやらないぞという信念が意識の根底に強くあるような感覚です。
かといって転職した後はやる気が出るのかと言われると自信はありませんが、少なくとも今の会社に定年まで勤めあげる気は全くありません。
全体的に汚くて健康にも悪いし危険だし給料安いくせに休みが少なくて残業多いし田舎特有の陰湿さもあるし娯楽が無くて休日もつまらないしで今の仕事を始めてから一つもいいことがありません。
理想としては会社という形態を抜け出して何にも縛られず生きてみたいという欲求もあるのですが、かなり困難な選択であるのでせめて責任感を持って仕事に取り組めるようになりたいと思っています。

他の社会人の方から見るとただの学生気分が抜けない甘えた人間にしか見えず、非常に不快な内容であるかもしれませんがどうか回答よろしくお願いいたします。

※読み返してみると何を言いたいのか自分でもわからないくらいまとまりがなくなっていますが、自分の今の本心です、すみません。

回答

簡潔に回答しますと、自分の仕事の100%に対して完全に全責任を持って仕事する人なんて現実にはほぼ居ないので大丈夫です。

たいてい、偉そうに「社会人だから学生気分から抜けて責任を持って行動して」とかいうマナー講師のおばちゃんとかは間違いを指摘すると怒り狂いますし、「自分の仕事に責任感を持て」とか言う上司は部下のミスに対してもネチネチと「これどう責任取るの?何でミスしたの?」を繰り返すだけで自分が部下の失敗の責任を取ることはしません。自部門の営業戦略を誤って部課の評価が下げられボーナスが減っても「今期はちょっとよくない時勢だったねー、次頑張ろう」くらいしか言いません。そんなもんです。もちろんそんな人ばかりではありませんが、そういう人は多いです。

つまり、新入社員研修や先輩社員が言うような「完全に自分の仕事に責任を持って完璧にこなし、組織に迷惑をかけない」とかいう話はそれは一種の理想論、ファンタジーの世界の話であって、理想気体みたいに現実的にはまぁそれに限りなく近い人はいるものの、基本的には存在しないわけです。なぜか。HAL9000も指摘していますが、人間は必ずミスをおかします。ミスをおかしたら大なり小なり組織に迷惑がかかります。社員で居る限り、常に組織に迷惑はかかるのです。

そして、逆に言えば「完全に自分の仕事に責任を持って完璧にこなし、組織に迷惑をかけない」などという「社会人としての当たり前の姿」を達成できてる人は実は類稀な優秀な人物であるということにほかならないと私は思います。

私が10年ちょいの社会人生活で、そのような完璧な仕事をできていた人はほんの数人しか居なかったように思います、その人で特に印象に残っているのはNさんという人でした。いつだったか記事に書きましたが、Nさんは東日本大震災の真っ最中であっても揺れるディスプレイを手で押さえながら尋常の調子で仕事をし続ける人でした。普通の人であれば一瞬で投げ出すような途方もなく面倒くさい仕事を1か月も2か月もかけて過去のドキュメントや試験結果を読み解き、システムとしてあるべき姿を考え、やれることを完璧に遂行する人でした。また、そのボディは完全なるムキムキマンであり、キックボクシングが趣味で、将来の夢はK-1のリングに立つことだと言ってました。社内では「N道場」と呼ばれていましたが、Nさんの元に送り込まれた新人はその指導の厳しさにギブアップする人が多かったです。

私自身もN道場の洗礼を受けました。私は自分で言うのもアレですが、昔ながらの保守的なおっさん(いわゆる老害と言われる人たち)に気に入られるのが上手いタイプだと思います。その処世術が一切通用しなかったのがNさんで、Nさんは私が苦手としていることを即座に見つけ出し、そこがダメなんだ、ちゃんとやれと叱った数少ない人でした。

Nさんは素晴らしく完璧に仕事をこなす人でしたが、でも、ほかの大多数の人は全然そんなことはなく(もちろん私を含めてです)、多くの人がテキトーな事を言ってテキトーに生きています。これが真実です。みんな新入社員には意地悪なので教えてくれないだけです。多分、「新入社員にテキトーにやれと指導するとサボるから厳しくいかなければならない」という発想なのだと思いますが、私的にはそれは意地悪だと思っています。特にマナー講師とかいう人たちは当ブログでもたびたび言及していますが、マジで性格が腐った人たちが多く、というか、少なくとも私は公私ともにマナー講師は性格が腐った人しか見たことがなく、彼ら彼女らの言説は信用するに値しません。それは偏見だと言われるかもしれませんが(そして実際そうだと自分でも思いますが)、私の経験の中では全サンプルがそうだったので統計的にも明らかに偏りがあると思っています。まぁそれは信じてもらわなくてもいいですが、とにかく、実際問題「完全に自分の仕事に責任を持って完璧にこなし、組織に迷惑をかけない」などという人間はほぼ居ないと思ってください。

以上を踏まえて質問に答えていきます。

単刀直入に言うと、仕事に責任を負いたくありません。仕事で迷惑をかけたくありません。

だれでもそうです。それでも仕事ができているのは、全責任を負いますというポーズだけで実際は責任を負ってないか、迷惑をかけても知らんぷりしたり人のせいにする処世術を大なり小なり誰しもが身に着けているからです。と書くと意地汚く見えますが、まぁ世間的には許されるレベルでみんなそういうことをしています。

私はとにかく自分の行動に対して責任を持つということが苦手です。それによって誰かに迷惑をかける可能性があるのならいっそのこと何もしない方がマシという風に考えてしまいます。

「自分の行動に対して責任を持つということが苦手」というのはみんなそう思っています。だから、多少迷惑をかけてもいいや、責任とれって言っても切腹するわけでもないし、給料カットされるわけでもないし。労基法が守ってくれるさ、適当にやろうぜ。って仕事をしてます。あるいは、自分の都合の悪い事は全然視界に入らず、入らないならば私は他人に迷惑をかけていない、だから万事オッケーみたいに思う神経の図太い人が世の中にはよくいます。仕事だけでなく、学校関係で保護者などの行動を観察していてもそれはすごくよくわかります。

一目を気にしすぎる性格もあってか、誰かに迷惑をかけるということに非常に恐怖を感じます。

多くの人がそうです。誰しもが自分が原因となって誰かに迷惑をかけることを嫌がります。たまに、人に迷惑をかけてもなんとも思わない人がいますが、そういう人はそれはもうそういう特殊能力を持っているというだけなので、一般ピープルがそのような人の真似をする必要はありませんし、そうするメリットもありません。

ただ一つ付け加えておくと、「人に迷惑をかけてもなんとも思わない人」が悪い人だと言いたいわけでもありません。たとえば政治家や大企業の社長などは非常に責任の重いポジションは常人がその任務をこなすのは大変難しく、多少人に迷惑がかかっても知らねぇよ、大事の前の小事なんかかまってられっかよ、人が2,3人死んでも知ったこっちゃないね、くらい神経が図太さが求められることがあります。政治なんて政策の良し悪しで普通に何十人と死んだりしますからね。ですから世の中にそういった多少神経が図太い人も求められるということです。

私なりの会社員のイメージは、会社という一つの大きな組織の中の一員であって、その中で自分の仕事は組織全員分の責任を背負って行われるものだと捉えており、まさに自分が苦手とするものの塊みたいに見えています。

よーく先輩社員を観察してください。すでに述べたとおり、数多の人が組織に数多の迷惑をかけていることが分かると思います。それが分かれば、きっといつか自分はマシなほうだと気づくはずです。人が20人、30人と集まれば信じられないくらい非常識でテキトーなやつが一人か二人紛れ込むのが世の常です。そいつよりはマシと思えれば精神衛生を良好に保てます。

学生時代にやっていたボランティアや研究等ではこんなことはなく、むしろ熱心に取り組めていたと思うのですが、アルバイト等の仕事に関連するものとなると途端に逃げ腰になってしまいます。
今の会社自体も、就活に失敗した結果そこしか入れなかっただけで、入りたくて入ったわけではないので本当にやる気が出ません。

好きな事ならば熱心に取り組めるが、就活に失敗した結果、望んだ仕事に就けないということであればやる気が出なくて当然です。会社にとっても質問者様自身にとっても不幸なので、転職も考慮に入れたほうがいいでしょう。その際、親類や友達で「3年は我慢しろ」「新卒カードを捨ててすぐに転職するのはきっついぞ」とか有難い講釈を垂れてくる人がいるかもしれませんが、シカトしましょう。その人たちこそ、あなたの人生に何ら責任を持たずに言いたいことだけ言って偉そうにする人たちです。まあ、私もその一人なので結局は誰が信用できるかを選ぶという違いしかないのかもしれませんが。

やらなきゃいけないとは理解していても絶対仕事なんか覚えてやらないぞという信念が意識の根底に強くあるような感覚です。
かといって転職した後はやる気が出るのかと言われると自信はありませんが、少なくとも今の会社に定年まで勤めあげる気は全くありません。
全体的に汚くて健康にも悪いし危険だし給料安いくせに休みが少なくて残業多いし田舎特有の陰湿さもあるし娯楽が無くて休日もつまらないしで今の仕事を始めてから一つもいいことがありません。

であればなおのことです。繰り返し書きますが、会社にとっても質問者様自身にとっても不幸なことです。だからさっさと転職したほうが誰にとっても良いことなのですが、無責任な人が責任を振りかざして新人をいじめるのでそれが悪いことなのだと躊躇させてしまうことが多いようです。今回のケースがそれに該当するか分かりませんが、とにかくこれは本当によくないことです。

理想としては会社という形態を抜け出して何にも縛られず生きてみたいという欲求もあるのですが、かなり困難な選択であるのでせめて責任感を持って仕事に取り組めるようになりたいと思っています。

一転して老害っぽいことを言いますが、しかし、「会社という形態を抜け出」すことで「何にも縛られ」ない生活が手に入るかどうかは、ご自身で書いてらっしゃる通り困難である場合が非常に多いです。昨今はプログラマ界隈でもフリーランスで悠々リモート勤務高年収生活だとか言ってるバカが沢山いますが、マジで世の中はそんなに甘くありません。Twitterその他では「老害だ」とか呼ばれる職場、あるいは意見に関してもそれが正しく、その根底には想像しているよりもずっと深い背景と意味があったりします。ただそれが何なのかを端的に説明するのは困難で、個々の事例によって回答は異なりますので、もし気になるところがあれば具体的に再度質問していただければと思います。

他の社会人の方から見るとただの学生気分が抜けない甘えた人間にしか見えず、非常に不快な内容であるかもしれませんがどうか回答よろしくお願いいたします。

そんなことはないです。甘いと思う人もいると思いますが、少なくとも私はそうは思いません。誰しもが通る道だと思います。なんだかんだで我慢して社会人生活を続けていけば、1年か2年で「思ってたよりもみんな適当に仕事してるよな」という事実が理解できると思います。そういう意味では、時間が解決してくれるとも言えるかもしれません。

ただ、そこでもう一つ偉そうにアドバイスをさせていただくならば、みんなが適当にやってる中で自分が自分にできる範囲で責任感を持ち、きっちりと仕事が出来るようになったならば、あるいはそうなるように心掛けたならば、それはほかの社員よりも良い仕事をしていると言えると思います。要するに、みんな適当にやってるからお前も適当に仕事をしろということを言いたいわけではないのです。

ただ、そのようにいい仕事をしようというモチベーションは仕事する対象がある程度好きでないと不可能です。しかし、現状では質問者様は現職の仕事内容に興味が持てず、モチベーションがわかないということですので、まずはここをなんとかしたほうが良いでしょう。

なんとかする方法としては前述した通り転職が挙げられます。ただ、これは質問者様がそうであるというのではなく、あくまでも一般的な注意点なのですが、世の中には不平不満ばかりこぼし、どんな仕事につこうともつまらない、つまらないという言葉を繰り返す人がよく居ます。Twitter上で検索すると簡単に見つかります。

どんな仕事でも糞つまらない部分と多少はつまる部分と面白い部分とが混在しているのが常です。それが仕事というものなのですが、その不平不満ばかりこぼす人の大部分は仕事全体の中から面白い部分を見出す能力が極端に低いです。こういう人たちを観察すると概して創造性が乏しく、与えられた仕事を言われたままこなす以上のことををしようとしません。これではお使いRPGゲームと等しく、つまらないのは当然です。こういう人たちはまずは就業環境よりも自意識の変革を心がけたほうが良いと思われます。

質問者様の場合は就活に失敗し消去法的に働く場所を決めた結果モチベーションが沸かないということですので、可能性としてはその面白い部分を見つける能力が低いということではないと思います。

ですから、アクションを起こすならば転職ということになるかと思いますが、ここで気になるのは「就活に失敗した」その原因ですね。その原因が何なのかを分析して改めない限り、転職してもまた同じ結果になる可能性が高いので、その点も注意が必要でしょう。

という感じで、上から目線な回答になってしまい恐縮ですが、もう一度まとめますと

  • 質問者様が考えるような「責任感をもって迷惑をかけず仕事をする人」というのはファンタジーの世界の人であるのに、マナー講師上司先輩社員その他が「新人には厳しくすべき」と思ってそれが当たり前と説いているだけなので、そこであまり気をもむ必要は無いです
  • それよりも私が問題と思うのは現職でモチベーションが沸かないまま仕事していることで、これは会社にとっても質問者様にとっても不幸です
  • ですから転職を考えるべきですが、就活に失敗した結果の分析をした上で次は失敗しないための方策をねっておく必要がある(容易なことではないと思いますが)

という感じになるかと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。