第2回 anopara meetup 開催報告

これ→anopara meetup 開催予定一覧

日時

2019年8月6日 19:00〜

場所

神田の肉バル RUMP CAP 立川店

参加者

@dt_pal 寺西さん
@jaguarsan_jp MJさん

話したこと、感想など

まず店がアタリだったと個人的には思いますがどうでしょうか。肉うまかったです。3人でモリモリと肉を食い酒を飲みという感じでした。ビール3杯、ハイボール2杯+3人で赤ワインボトル1本飲みました。

私、こういう時は料理や食べ物がうまくても遠慮しがちになってしまうのですが(私ばかり飲みまくり&食いまくりで割り勘というのは…と)、今回は皆さん大体等しく飲み食いしていたような気がします。こういう、腹の感覚?金銭感覚?が初めて会った3人で結構いい感じにマッチしていたというのが個人的にはとても驚きかつ嬉しく、またこのメンバーで飲みたいなと思いました。さらに、3人という人数も良かったなという気がしました。3人くらいだと会話に入れないというパターンがあまり発生しないので。

  • イケハヤみたいなのが

まず最初笑ったのが、MJさんが「多分イケハヤみたいなメガネで細い人が来るんだと思ってました」と(私に対して)言ったことですね。なんか理由は説明できないですが嬉しかったです。そうですこんな感じです私。自分ではプロレスラーみたいな体型だと思ってます。部活で言えば間違いなく柔道部。「スポーツやってました?」とよく初対面の方からは聞かれるのですが、部活動ではほとんどやったことがありません。

ブログではかなり上から目線で偉そうなことを書いているので、私も客観的に考えたら「イケハヤみたいなんが来るんだろうな」と思うような気がします。何でだろう?なんかネットで知識人ぶって偉そうな事言う人って細くてメガネかけてる印象があります。私は人と違う、という点に良さを感じる中二病じみた価値観を持ってるので、その意外性?みたいなものがあった!みたいな感じで嬉しかったのかも知れないですね。

  • 苗字の話

(ちょっとぼかして書きます)私の苗字はかなり珍しいのですが、MJさんの周囲で私と同じ苗字の人がいて「関係者かな?」とちょっと思ったそうです。

私は地元秋田県でも、自分が住んでる地域をちょっと出たら同じ苗字の人を見なくなります。東京で1回だけ、楽器店の店員さんで同じ苗字の方を見たことがあります。父親が秋田出身だそうで、店員さんのほうもびっくりしてました。人生で同じ地域の出身者以外で同じ苗字の人を見たことはその1度きりです。

  • 痩せない話

寺西さんはTwitterで「体脂肪率12%台に落としたい」などと書いていたので細いんだろうなーと思っていたら案の定、細くて健康的な体型で羨ましかったです。「食べるもの減らせば痩せる」とのことでしたが…。食事メニューを教えて下さい、と聞いた所「朝はプロテイン + α、昼はサラダ+サラダチキン、夜は軽く」(細部忘れてしまいました)みたいな感じだったと記憶してます。あとは「糖質はゼロではなく一定程度取る、むしろ脂質を気にしていて減らしてる」とも。

私も大体同じ感じで考えています。朝は食べないかプロテイン、昼はサラダ、サラダチキン、蕎麦、全粒粉パスタなど、夜は普通という感じの食事をしています。多分、夜に酒を飲むことが多いので太るのだと思います。ツマミを食わなくても酒飲んだら太る(正確には体重が増える)ので控えてますが、つい飲んでしまいます。最近はとりあえず酒を瓶で買う(つまりウイスキーやジンの類)のをやめました。瓶で酒があるとずっと飲み続けるので…。

ここ2〜3ヶ月くらい、月間100km以上ジョギングしてるのですが、その話をした所寺西さんは驚いてたのが印象に残ってます。というか、むしろ体脂肪率12%台とかを目指すならそのくらい運動が必要と思っていたのですが、そうでも無いんですね…。私もおっさんになって代謝が鈍って来たんだろうな…と悲しくなりました。

  • 一個残し

料理を食べていって残り一個になったときにみんなが遠慮して残るやつの話になりました。これ、古今東西色んな所で聞きますね。「遠慮の塊」「信州人の一個残し」など。山形?宮城?でも特有の名前が付いてたような気が…。まぁ、これ飲み会の時はあまり気にせず食べたいものを食べて無くなってしまったらもう一回頼めばいいや、と個人的には思っているのですが、みんながそういう発想かどうかわからないのが私にとっての遠慮ポイントなんですよね。そんな食うなよ…と思ってるかも知れないし。

いや聞けば良いんですけど、聞いて例えば「頼めば食うよ」とか言われてもすごく悩むんですよ。頼めば食う、逆に言うと頼まなければ食わない、ってこと?それはつまり「俺としては積極的には食いたくはないけれどもお前が食いたいと言うのならば付き合ってやるよ、しかしそれは貸しだぞ」と言われてるような気がしてなんだか焦燥感に駆られるんですよ。でも逆の立場で「頼めば食うよ」と言って相手がそんなことを考えたらめんどくせえやつだな、と思う。

私が最近一つ思うのは、ネットで言われてるいわゆる「コミュ障」って大体がこんな発想だと思うんですよね。相手を慮るがあまり、逆に相手にとって面倒くさいやつになってしまうという。「追加の食べ物どうする?」と聞かれて「頼めば食うよ」と答えたというのは、それはつまり「判断を貴様に移譲する」という意味であるので、己の判断に従って行動すると思うんですよ。コミュ障じゃない人は。

それって自分勝手のようにも思えるんですが、どちらかというとその方面にベクトルが向いてるというだけの話で、話の内容だけを見たら「料理食う?」「頼めば食う」「じゃ頼むわ」というだけなので、全然自分勝手じゃない。相手が腹いっぱいなのが明らかなのに料理頼んで残すやつが自分勝手なんだよ。

だから、相手を必要以上に慮ってしまうのがダメなんだろうな、と最近おもってるので、それはやめようと今一度思った。なんか飲み会の話じゃなくて自分の内面の話になってしまった。失礼。

  • 子どもの話

MJさんはうちと近い年齢のお子さんがいるそうで、子供の話を色々した。

まずKindleを子供が触らない話。子供ってなんだか電子書籍を触らないよねーという話をしていた。うちも本を電子書籍で子供が読んでる姿は見たことなかった。それはスマホやタブレットの類を「YouTube見るマシン」と認識しているからかもしれんが…。最近、「読書感想文で読む本は電子書籍じゃダメ」みたいな話しがTLに流れてきて、それはどうかなと思ったものの、また別次元の話でそもそもタブレットで本読みたがる子供ってもしかして少ないのかもしれんな、などとも思った。よく分からんけど。

あと、ちょっと前に「新幹線に乗ってたら誘拐を疑われた」という話があって、これしんどいよねーと。この話には子育てのしんどいとろこが詰まってまして、まず子供が「座るのが嫌だ」とか言って抱っこして立つと「立つのが嫌だ、座って」などと泣きわめくあたり。子供ってマジでこういう理不尽な所がありますよね。そしたらそれを見た後ろの席のおっさんが「デッキに行け」とか怒り出すという地獄。子供って泣く生物なので仕方ないし、もっといえばこのおっさんだって子供の時は泣いてたはずなんですが、寛容じゃないよね。自分の幼少の頃の記憶が失われているのは仕方ないにしても、もう一回子育てした人ならば普通に寛容になると思うんですよね。このおっさんがどうなのか知らないですが、多分こういう文句言うおっさんの中には世代的に自分の子供の育児にもあまり関わって来なかった人たちがいて、だから子供が泣くとかにも寛容じゃない人も出てくるわけで、そういうのも地獄だよね。

で、さらに誘拐を疑われて通報されるという…。どうすればいいんですかね、こういうの。

次は子どもが死ぬのが辛いという話。ちょうど、としまえんのプールで小学3年生が死んでしまったという事件がありその話をしてました。個人的には、まず平たい板状の面積の広い浮遊物があるというのが危険だと思います。その下の潜り込んだらもう浮上出来ないということなので。例えば水中メガネが潜った瞬間の衝撃で外れ、たまたま浮遊物の下に潜り込んでしまったらもう方向感覚は失われていますからその時点でパニックになることは容易に想像できます。かつ、今回はライフジャケットを着ていたということで、その浮力から浮遊物に押し付けられるわけですから、恐らくは大人が同じ状況になったとしても容易には脱出できないでしょう。私だったらこんなプールではまず子供を遊ばせたくはないなとすぐに思います。少なくとも、30秒以上子供から目を離すことは無いです(これは普通のプールでもそうです)。

私は昔から泳ぐのは好きですが水に恐怖を感じています。友達が川で死んでしまったという経験も関係しているかも。だから、商業施設で監視員がいるプールでも基本的に溺死する可能性はあると思って心の中で危険予知活動してます。これはマジでそうやってます。ただ、小学三年生という時期はとてもむずかしく、一人で遊べるような子供がほとんどですから、私みたいな人間でもなければ目を離してしまうことは多いと思います。今回の事故で非常に残念だったのは、としまえん側がプールを運営している会社なのですから、そのくらいの危機管理はしてほしかったなと思うところです。私が責任者だったら絶対に許可は出さないです。板状の面積の広い浮遊物が固定して設置されているプールを安全にすることは非常に難しいと思うからです。物理的にその下に潜り込めないようネットや柵を用意しても、その柵にぶつかる事故もあればネットに絡まって溺れる事故も出てくるでしょうし。プールの排水口一つでも紐やボタンが挟まって溺死する可能性はあるのですからね。監視員をいくら配置しても人が増えれば全員を目で追うことは不可能です。

あとは、木製のジャングルジムみたいな展示で火事が起こり子供が焼死したというニュースもありましたよね、と言われて思い出した。そうなんですよね。あれ。焼死する我が子をなすすべもなく呆然と見ることしか出来ないというのは非常に辛い事件で、もう二度とこういう事故は起こってほしくないと思うものの、また起きるでしょうね。私がしんどいのは、あの事件を起こした張本人も、たぶんこのくらい時間が経つと、一度も事件のことを思い出さない日も普通に出てくるでしょうし、普通に結婚して子育てとかもしてるかも知れないんですよね。でも被害者親子の時間は永遠にその時止まってしまったままなわけで。張本人に罰を与えろと言いたいわけではないんです。ずっと事件について苦しめとも思わないんです。だって死んでしまった子供が戻ってくることは無いですからね。どうすることもできない悲しい事実だけがそこに横たわり続けるという…。

できれば、建築現場や工場で行われているような安全教育を国民全員が定期的に受ければいいと私は真面目に思っています。全員の意識を挙げないと、意識が低い人たちが居る限り何度でもこういう事件は起こってしまうんですよね。そして、仮に国民全員の安全意識が高まったとしても、事故はゼロにはならないという…。しんどい…。

  • A列車の貨物の豆腐

話の流れは殆ど覚えてないですが(たしか、どんなゲームをやってるか?みたいな話をお互いにしていた気が)、A列車で行こうというゲームの話になりました。私がやったことのあるのはスーパーファミコンのやつで、とりあえず駅作って駅前に貸ビルたくさん建てとけば利益になる、みたいなゲームだったように思います。私がやってたそのスーパーファミコンのやつだと、とりあえず駅作って資材配置すれば家が建ってどんどん人は増えてって駅使ってくれるのであんまり難しくないという。

で、その「豆腐」というのは、ゲーム中の資材が豆腐みたいな白いボックスで描かれてるんですよね。なんかそれが印象に残ってる。そう、豆腐なんですよ。豆腐を貨物列車で運び込んで家が建っていくというゲーム。豆腐ゲー。

  • インドをもう一度

前回、インドの話をしたんですよーという話をしたら、インドに行きたいよね、という話に。いつか、「インドに行きたいので一緒に行く人募集」ということをしたんですが、寺西さんは手を挙げてくれた人の一人だったんですよね。結局、目標人数に達しなかったので流れてしまいましたが(その流れたという連絡すらしておらず、飲み会の場で伝えました。すみません…)、いや、やっぱり行きたいよねと。

私ももう一度は絶対に行こうと思っており、かつ、家族(というか嫁さん)はインドには行きたくないと言ってるので、私一人で行くか、友達と行くかということにしかなりえません。で、一人で行っても面白くないしなぁ…。ということになるわけですね。

なので、「やっぱりインド行きたい」という人がいたら教えてもらえませんか。今、3人集まってるのでもう一人くわえて4人くらい集まったら行きたいなと思ってます。まぁ、3人で行っても別にいいっちゃいいとも思うんですけど。インド、誰か行かない?と今回以降のすべての回で声をかけてみます。

今回はかなり盛り上がったような気がします。しつこいですが肉も酒もうまかった。貴重な経験でした。また飲みましょう!!!

ちなみに風邪を引いていたことも相まって喋りすぎてガラガラ声になり、日曜日になった今も完全には治っていません。

次回

今の所3回計画中です。

第3回 未定 ランチ or 17時くらい開始
第4回 9/3 19:30〜 新宿
第5回(たぶん) 10/26 宇都宮駅

第3回はランチで、という計画でしたが人が集まらず延期中です。人が集まり次第開催します。平日昼の都合が良いという方がいましたら連絡ください。
第4回は新卒SEの方と出版・編集関係をお仕事にされてる方が来ます。IT関係の悩み相談?や車の話などが主になる予感がします。8/30まで追加の参加希望は受け付けます。
第5回は宇都宮で開催します。

よろしくお願いします。