【質問#143】27歳素人童貞の今後

質問・悩み相談の回答です。

質問

いつも楽しく拝見させていただいております。

本題となりますが、周りの友人が結婚をし始めて、このままで良いのかと悩み始めております。

また、題名に記載してます通り、私は女性とお付き合いした事がありません。そのうちできるだろうと、中学生からゲーム三昧の日々を過ごしていたら、いつのまにかアラサー化していました。

元々、そこまで欲しいと思っていなかったのですが、周りも結婚していく中、この歳になって一度も彼女できた経験がないのはさすがに不味いと思い、一度作ってみて自分に合うか合わないか判断しようと思い、去年から動き始めました。

ひとまず風俗に行ってセックスすれば、モチベーションも湧くだろうと思い、2万円握りしめて行ってきましたが、特に心に変化はありませんでした。

ひとまずマッチングアプリと街コンに手を出して、何人かの女性とデートしたのですが、彼女はできませんでした。現実は甘くなかったです。

ただ経験したいだけで、本気で愛する人を見つけたい人間じゃないと見抜かれていたのでしょうか。
単純に話が面白くなかっただけですね。

開き直って人生は彼女作って結婚することだけじゃないと、音楽ライブ、絵、音楽、バイク、キャンプ、山登り、興味を持った事はひとまず手を出しやってみましたが、一時的に不安を紛らわす事ができたものの、払拭するには至りませんでした。

親に虐待されつつ育ったせいか、とにかく人の目を気にする性格になってしまい、常に第三者の視点が私の中に存在しており、恥ずかしさを忘れて本気で楽しむ事ができないのです。

あーだこーだと考えてるうちに無為な月日が経ち、結婚した友人に子供が生まれ、私の頭から頭皮が目立つようになった時、後悔するのが、ただただ怖いのです、あの時こうすればよかったと。

散文と自分語りになってしまいましたが、一番お聞きしたいのは以下です。

27歳の素人童貞は、今恥をかいてでも無理してでも彼女作るべきでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

回答

ご自身が女性と付き合って結婚したいかが全てと思います。誰かと付き合って結婚したければ恥をかいて無理をしてでも彼女を作ったほうが良いと思いますが、そうでなければ世間が伝えてくる「幸せ」などは完全無視して自分のやりたいことをして過ごすことが幸せな人生と思います。

なので、もう一度、本当に自分は誰かと付き合い、結婚したいのか?ということを考えてみてはいかがでしょうか。

以下、そう思った理由を説明していきます。

周りの友人が結婚をし始めて、このままで良いのかと悩み

周りも結婚していく中、この歳になって一度も彼女できた経験がないのはさすがに不味い

結婚した友人に子供が生まれ、私の頭から頭皮が目立つようになった時、後悔するのが、ただただ怖いのです

という記述からは、結婚したほうが良いのでは、彼女を作ったほうが良いのでは、というのは自分の内側から湧き上がってきた価値観というよりは、他人の人生を見てこのままだと船に乗り遅れてしまうという焦りといったほうが近いかと思います。

中学生からゲーム三昧の日々を過ごしていたら、いつのまにかアラサー化していました

というのは、逆に言えば、彼女を作って結婚して子供を育てて…という人生にあまり価値観を感じていなかったことの裏返しとも言えると思います。

ひとまず風俗に行ってセックスすれば、モチベーションも湧くだろうと思い、2万円握りしめて行ってきましたが、特に心に変化はありませんでした。

というのは、特に性欲が強いとかいうのもなく、単純に異性への興味が薄いことが示唆されていると思います。

開き直って人生は彼女作って結婚することだけじゃないと、音楽ライブ、絵、音楽、バイク、キャンプ、山登り、興味を持った事はひとまず手を出しやってみましたが、一時的に不安を紛らわす事ができたものの、払拭するには至りませんでした。

というのは、「不安を紛らわすため」ということが逆説的かつ暗黙的な目的として語られています。心から彼女が欲しいと思っていたならば、例えば「寂しさを紛らわすため」とか、もっと内面にある満たされない感情を満たしたいとするような言葉が出てくるような気がします。一方、「不安」は言葉通り「不安」であって、まとわりついてついつい考えてしまう負の思考で、これを消し去りたいという気持ちです。両者は似ているようで大きく異なっています。

余談ですが、

ひとまずマッチングアプリと街コンに手を出して、何人かの女性とデートしたのですが、彼女はできませんでした。現実は甘くなかったです。
ただ経験したいだけで、本気で愛する人を見つけたい人間じゃないと見抜かれていたのでしょうか。
単純に話が面白くなかっただけですね。

これは、マッチングアプリや街コンがすでに異性との出会いを求めるという目的で集まった人々で溢れているので、必然的に相手を選ぶことに慎重になっているということも大きいと思います。だから、マッチングアプリとか街コンとか合コンとかいう場で相手を見つけようとするのが個人的には誤りとまでは言わないですが、結構ハードルの高いチャレンジだと思います。

こういう場でモテる男女は確かに居ますが、そういう人はモテることに能力を全振りしていて結果を出しているというだけで、その延長線上に必ずしも結婚と幸せな生活があるわけではないと思います。モテることが幸せな結婚の必要十分条件ならば、女優や俳優、モデル等々は全員離婚してないはずですよね。

殆どの日本人は初対面で喋るのは苦手ですし、吉本芸人のように面白いことを言えるわけでもないですし、根暗な人も沢山いますが、そんな人々の多くが結婚しています。そんな人たちは街コンに行ったらたぶんモテない部類に入ります。それでも、機会とシチュエーションによって結婚することができます。だいたい日本人全員が陽キャだったら疲れるじゃないですか。生き物はちゃんと多様性を保つようにできているのです。

親に虐待されつつ育ったせいか、とにかく人の目を気にする性格になってしまい、常に第三者の視点が私の中に存在しており、恥ずかしさを忘れて本気で楽しむ事ができないのです。

この「第三者の視点」が他人の平均的な人生を漠然と良しとして正しい例だと思いこんでしまっているのかもしれない、と思いました。世間から見て幸せな結婚生活を送ることが自分の人生の目標であると思いこんでしまっているのではないでしょうか。

いずれにせよ、虐待があったことは大変残念なことでしたが、しかし気持ちを切り替えて行くという以外の解決策は無いです。

というわけで、文章の全体からは私には「世間の平均的な幸せである結婚と出産と育児が無い人生は空虚だから、自分もそれを得るべきだ」という漠然とした不安、焦りが感じるわけです。

ただ、冒頭に書いたように、それは果たして本当に自分の価値観と言えるのかということです。本当に結婚したいですか?彼女を作りたいですか?

現代は昔と違って、別に結婚して無くても無理やり相手を引っ張ってくるお節介おばちゃんみたいなのも少ないですし、独身でも奇異な目で見られるということは少なくなってきました。国家としてはいくぶんか出生率を上げたほうが良いのは明白ですが、それは国家が解決すべき問題で一個人が使命感を持って子作りに励むというのはどう考えてもおかしいく、滑稽とすら言えるかも知れません。

多分現代日本は様々な問題を抱えているにせよ、これまでの日本の歴史の中でもっとも自由に生きれる時代であって、その時代にあってわざわざ他の人の「なんとなく幸せそうな結婚生活」を見て必要以上にビビらなくてもいいと思うのです。今回の質問者の方だけでなく、ネット上では「そろそろ結婚しないとやばい…」みたいな焦りが語られているのをよく目にしますが、全員にわたしは同じことを言いたいですね。本当にあなたは結婚したいのですか?だれかの幸せそうな姿をみて、漠然と自分もそうであるべきと思っていませんか?と。

ゲームが好き。いいじゃないですか。ちゃんと自分に出来る限りの国民の義務を果たして好きなことをする。立派です。まったく誰にも咎めることはできません。質問者様はゲームだけでなく登山なり音楽なりキャンプなり、いろんな好きなことをして過ごすことができる。視野もきっと広いことでしょう。結婚してて、子供の面倒も見ず本当に家にこもってゲームしかしない人もいます。それを発言小町とかで愚痴る人も居ます。そんな人生よりも質問者様は既によっぽど幸せで豊かな人生を送っていると思います。

もしかしたら、そうした趣味活動を通じているうちに偶然だれか異性と知り合い、何となくフィーリングが合い一緒に行動することが多くなり、最終的にはその人を彼女にしたいと思うかも知れません。わたしは、そういう時期が訪れ、世間の価値観の押しつけからではなく、本当に大切にしたい誰かが目の前に現れてから悩み始めても別に良いんじゃないかと思いますが、どうでしょうか?

ただ、ひとつだけ気になることがあります。

親に虐待されつつ育ったせいか、とにかく人の目を気にする性格になってしまい、常に第三者の視点が私の中に存在しており、恥ずかしさを忘れて本気で楽しむ事ができないのです。

という太字の部分です。「恥ずかしさを忘れて本気で楽しむ事ができない」というのは、「だから女性関係も上手く行かないのだろう」という推察であればここまでの結論も変わらないのですが、もし「女の子といっぱい遊びたいが、その気持ちは羞恥心から抑圧されてきた」ということであれば、本当の気持ちは誰かと付き合って結婚したいということになります。

すると少し話は違ってきます。なりふり構わず恥ずかしさを捨て、すでに結婚した友達なり何なりに「誰か女の子を紹介してくれ!!!!」とお願いしてもいいと思います。が、それでも必ず必要というほどのことでもなく、先に述べたように焦らずゆっくりと自然な出会いを待ち続けても良いと思います。

ただ、一応書いておくと女性も男性も子供を作ることができる期間というのは決まっており、これは生物学的医学的にはどうにもならない1ので、絶対に子供が欲しいとかいう理由がもしあるのであれば(今回の文面を読む限り無いと思いますが)、ある程度はなりふり構わず行動する必要があるかな、と思います。逆に言えばそうでないのでしたら焦る必要なんて何もないと思います。


  1. 生殖医療は進歩が目覚ましいのでどうにかなる場合もあるかと思いますが