水草育成9日目 - ソイルは管理しにくい

面倒くさい。

セットアップ直後

現在の状況

全般的にもしゃもしゃ水草が増えてきた感がある。生体も元気。

水質測定

水質測定グッズは以下。

水槽内の有機物は微生物によって分解されていき、アンモニア→亜硝酸→硝酸塩となります。アンモニア、亜硝酸は生体にとって有害なので早めに微生物にろ過して貰う必要がありますが、水槽設置直後はこの生物学的ろ過に必要な微生物が生着していません。この微生物とは簡単に言うとシンクのぬめりのことです。

で、硝酸塩が検出されて亜硝酸がほぼ検出されなければこのろ過が完成したとみなすことができます。

あと、生体や水草の育成に影響を及ぼすパラメータとしては炭酸塩硬度(KH)、全硬度(GH)、PH(アルカリ or 酸性)あたりが挙げられます。これらを測定するための試薬類が上の写真に写ってるものです。

Tetraの6 in 1は非常に手軽にいろんなものを測定できるが、試験紙の色変化があまりにもわかりにくい。

試験紙を水に漬けたあと、色見本と比較するのだが、特に写真左端、亜硝酸・硝酸塩濃度はほとんど変化がわからない。PHとKHは水槽内の二酸化炭素濃度を算出するために必要なパラメータだが、これも大雑把な値しかわからない。

ということで、別途もう少し細かく測定できる試薬・測定器が必要になる。

PHメーターはAmazonで1000円ちょっとで中華製の安いものが売られている。

PHメーターのセンサー部分は基本的に消耗品で交換が必要になるが、これは交換ができない。1000円ならば使い捨てと考えてもまぁいいか、と思ったのだが、測定精度の店でちょっと疑問だったので日本のメーカーのものを使っている。

ニチドウ マルチPHメーター
ニチドウ
売り上げランキング: 10,736

PHメーターは数多の選択肢があるものの、その他に関しての試薬はあまり選択肢が無い。写真に写っているTetra 6 in 1やKH Test Kit、あとはseraのシリーズくらいになるのではないだろうか。ちなみにTetraもseraもドイツの企業。

ソイルによる軟水化

KHはセットアップ直後5 [°d] くらいあったものの、現在は1 [°d] まで下がった。PHはセットアップ直後は7.0、現在は6.4前後。亜硝酸、硝酸塩はTetraの6 in 1では判別できないが、seraのNO3 Testでは15 [mg/L]だった。

今植えているキューバパールグラスとパールグラスはやや高い硬度(KH 4~5 [°d])を好むと言われていて、今の水槽環境では軟水すぎる。

なぜ軟水になってしまうのかというと、ソイルのせいだと思う。

ちなみに軟水にする器具、ソフナイザーというのも入れているのだがこれは動作させていない。この写真右側の濃いオレンジ色のイオン交換樹脂が入ったガラス管がソフナイザー。

ソフナイザーは実験器具っぽい見た目が好きで買った。軟水にしたかったわけではない(もし硬度を下げたい場面があったら使おうとは思って買ったのだが)。あまり軟水にならないよう、通水させる水の量を絞って使おうと思っていたが、仕方ないので細かいろ材を入れて簡易的なろ過装置として使う予定。

ソイルというのはその名の通り下に敷いている土。アクアリウム界隈では培土を焼成して細かい粒にしたものを一般にソイルと読んでいます。ソイルは色合いが水草とマッチしますし、肥料分も含んでいるので水草育成が非常に楽で、昨今の水草水槽の育成を素人でもできるようにした立役者だといわれています。

このソイルには水を軟水に効果があります。マグネシウムやカルシウムなどの陽イオンをイオン交換で吸着し、代わりにアンモニウム(NH4+)を放出します。アンモニウムは肥料になるので水草の成長を促進させる…というわけですね。

こうやってPHや硬度を変化させてしまい、その量を調節できない・簡単に水槽から除去できない類の製品はすごく管理するのが面倒です。今回のケースではどんどん水換えをして硬度を補給していくか、硬度を上昇させる製品を使うしか無いでしょう。今のところは水換えをメインに行なってますが、もしかしたら薬剤も使うかもしれません。あんまり気が進みませんが…。

管理しにくいという理由でソイルは嫌だったのですが、今回は見栄えのする水槽を作りたいという目的のため、水草を育てることを優先して肥料分が含まれているソイルを選択しました。

水質に影響しない低床+自分で肥料を加えればいいじゃん、と思うかもしれないですが、前回それで見た目が土に近く黒い色合いでかつ水質への影響が少ない溶岩砂(これが条件を満たす唯一の選択肢と思われる)でやったところ、溶岩砂は非常にコケが付着しやすいということがわかったのでこれは避けてます。溶岩砂を下に、ソイルを表面にということも考えたのですが、掃除しているあいだにぐちゃぐちゃになるだろうとも思い。結果、ソイルだけでやることにしてます。