【質問#123】私はゴミ人間

質問・悩み相談の回答です。

質問

子供にかかる費用をネットで調べていて、このブログに出会いました。よろしくお願いします。

私は、自分でも何を相談したいのか分かりません。

取り敢えず、スペックを書きます。
高校3年生、陰キャラ、勉強できない、スポーツできない、話題を提供できない、普通の事が出来ない、話を聞けない、ネガティブ思考、浅い関係の友達はいる、短期記憶がない、本を読めない、文系だが苦手、理系でも無い、趣味がない、どこにも居場所がない、浅い関係の友達はいる、会話が苦手、何も興味がない、自信がない、できれば死にたい、恋をしている、でも自信がない…

私は、この様にゴミ人間です。
親にお前は一番だと言い聞かされてきたせいか、私は、人を見下して生きてきました。スポーツ選手が快挙を成し遂げても、ただ努力しただけだと普通のことだと思っていました。大人になったら普通の生活をし結婚してそれから…それから…
それが普通だと思って生きていました。しかし、高校生活を経験してからというもの私の偽のプライドは砕け散りました、女子は喋りが面白い人にしか関わらない、勉強しても成績は上がらない…
自分が見下してきた人間は私より優れていることに気がつきました。それからというもの、私は人の良いところを探すようになりました。
しかし、どうも、私には、人が普通に持っているナニカを持っていない様です、この先どう生きていけばいいのか心配でなりません。
大学受験もまた失敗するのだろう、そして、行きたくも無い大学をまた無駄に過ごし、就職…?
できるわけがない、小さい頃思っていた、皆が普通の生活が出来き、努力でなんとかなると言った考えは、消え失せた。そして、自分の限界を知った今、努力して成功しても根本的なモノ、脳みそのつくり、DNDに刻まれたカルマは変わらない、だから、運良くくぐり抜けても、ドジをかますだろう。
できれば自分を変えたい。

回答

おお!現役高校生からアクセスがあるんですね。私のブログにはおっさんしか見に来ないと思ってました。意外です。(と、珍しい属性の人から相談を頂いたときには毎回書いてる気がする)

最初に断っておきますが、もうすでに私はだいぶ酔っ払っているので、あまり考えずに思ったことを率直に書いています。あんまり論理的なことは書いてないと思いますが、感覚的にはそこまで間違ってないと思うので、まぁ話半分で読んでいただけるとありがたいです。ふざけんな、素面でちゃんと書け、と思った場合は恐縮ですがその旨を再度質問フォームから送ってください。

さて、明確な質問が書かれていない(何を相談したいのか分からない)とありますので、書かれている内容について事実や私の感想などを漠然と書いてみます。たいてい、こういう悩み相談では「お前シャキッとしろよ!」と強気にでる回答か、「わかる…わかるよ…そこはこうしたらいいんじゃないかな…?」みたいな共感しつつもウェットな回答かの2パターンに回答が収束される気がしますが私はどっちも嫌いなのでその2つ以外の回答をしてみますね。でも頑張った結果、そのどちらかになったらすみません。わたしの文章力不足です。

陰キャラ、勉強できない、スポーツできない、話題を提供できない、普通の事が出来ない、話を聞けない、ネガティブ思考、浅い関係の友達はいる、短期記憶がない、本を読めない、文系だが苦手、理系でも無い、趣味がない、どこにも居場所がない、浅い関係の友達はいる、会話が苦手、何も興味がない、自信がない、できれば死にたい、恋をしている、でも自信がない…

そういう人はいっぱいいます。この質問コーナーでも何度か同じような悩みをいただきました。

ちなみに私は、陰キャラ、勉強できない、スポーツできない、話題を提供できない、普通の事が出来ない、話を聞けない、ネガティブ思考、浅い関係の友達はいる、短期記憶がない、会話が苦手、というあたりは同じです。人間なんて大体そんなもんです。

ではなぜ人は自分を駄目とおもうのか?それは自分の中にスーパー人間を無意識のうちに形成してるからです。

A君はめちゃイケメン、B君はそこいらの芸人よりも笑わせるのがうまい、C君は共感能力が異常に高く人に対する気遣いが凄まじい、D君は超金持ち、E君は勉強がすごくできる、F君は喧嘩がめっぽう強い…というふうに人は他人の良いところばかり注目しがちです。するとそれらが合わさって全方向に対して無敵な仮想スーパー人間が脳内に構築され、それと自分とを対比してしまうのです。

しかし実際は、A君はイケメンでも慶応大に入って強制わいせつ罪で捕まるタイプの性癖を持つ困ったちゃんかもしれないですし、B君は笑わせるのが好きだが20歳をすぎると極端に毛髪が無くなっていくタイプの人間かもしれません。つーかそうです。そうに決まってます。

なぜならば誰しもが長所と短所を持ち合わせているからです。歴史上の偉人も大体なにか問題を抱えてますし、全方向で完璧な偉人というのは私が知る限り存在しません。人間というのはプラマイゼロになるようにできてるんです。

でも、大体の人は長所をアピールして短所を隠すので第三者から見ると長所しか見えないです。だから見える分だけ拾っていくと極端に自分が劣ってる人間であるかのように見えます。SNSでも同様の事が言えます。みんなキラキラでブライトフルな自分を見てほしいがためにブライトフルな写真しかアップしないので、対外的にはブライトフルなその人が形成されてるに過ぎません。しかし、プライベートではすごくマニアックで特殊なAVを見て興奮してるかもしれないのです。人間なんてそんなもんです。比べるだけ損です。

私は、この様にゴミ人間です。

ゴミかどうかを決めるのは常に他者です。「多分他人も自分のことをゴミと思ってるだろう」と単に想像しているならば、それは単にいじけているという状況です。例えばゴミ収集車が回収していく前に雑誌や空き缶などをかってに持ち去る人がいますが、それもゴミに価値があるからです。ゴミに価値が無いということは無いです。逆に言うと、勝手にゴミ人間と結論付けてるところが、自分には価値がないという精査を全然してない一方的な決めつけに起因するいじけた感情だと思うくらいです。

親にお前は一番だと言い聞かされてきたせいか、私は、人を見下して生きてきました。

そういう人もいっぱいいます。親に結果をよく褒められた人は、自分より劣った人を見て「自分はまだ一番だ」ということを確認して成長しにくくなるような傾向があるそうです。何かの論文に書いてました(失念)。

たしか、勉強で良い成績をとった子どもたちに「お前は賢いな」という結果を褒める育て方をした子供と、「よく勉強したんだな、偉いぞ」という過程を褒める育て方をした子供の2グループを観察すると、前者は自分よりも成績の低い子どもたちをよく観察して自分が優位に立っていることを都度確認するように育ち、後者は自分よりも優れている子どもたちをよく観察して、良い成績を取るよう努力し始めた、みたいな内容だったと思います。

ネットを見てても、「ワイは引きこもりでどうしようもない人間じゃ…。親が甘やかして育ててきたんじゃ…」みたいな言説を多数目にするので、親の教育となにか密接に結びついているのは間違いないんじゃないかな?と漠然と思っています。

今回の質問者の方がそういうパターンかどうかはこの文章だけからは到底判断できないので知りませんが、とりあえず、人を見下すのは常に良くないですね。他人にも自分にも、良い結果を及ぼさないでしょう。

また、このような場合に経過がどうだったかを詳しく考察していってもあんまり意味がないのでやめたほうがいいでしょう。時間の無駄です。

スポーツ選手が快挙を成し遂げても、ただ努力しただけだと普通のことだと思っていました。

いや、ただ努力しただけだと私も思いますよ。イチローも言ってますよね。自分がここまでこれたのは人よりたくさん練習してきたからだって。イチローに限らず、多くの著名人は似たようなことを言っています。「一流やトップに立つのは別に難しいことじゃない。一つのことをずーっとやっていけば、周りは自分から勝手にやめてくので、結果やり続けた人が成功する」と。

これを私なりに解釈しますと、つまり「努力」という言葉が世間的には軽すぎると思うんですよね。1年かそこら頑張ってもそれは「その分野でのトップに入る」という視点では努力でも何でも無いってことです。

逆に言えば好きなことを見つけてやり続けていれば、勝手に成功するということです。好きなこと、と特に明言してるのは、好きなことじゃないと続けられないからです。

大人になったら普通の生活をし結婚してそれから…それから…

そうなるかどうかは楽しみでとっておきましょう。

逆にお尋ねしたいのですが、そういう「普通」とかいうクソみたいなレールに沿った人生を送りたいですか?「あなたは就職して何年後に結婚し、何年後に子供が生まれ、クソ上司の文句をブーブー言いながら家では嫁子供に罵倒され、熟年離婚して一人で死にます、アーメン」みたいな人生の結末を先に知りたいですか?

はっきり言わせてもらいますが、「大人になったら普通の会社、できれば大企業に勤め、嫁子供を引き連れて生活し、家と車と犬を買い、子供を同じレールにはめて第一宇宙速度で射出し死ぬのが一流の男」みたいな価値観こそ、周りのクソみたいな大人が植え付けた糞価値観ですよ。

これはおっさんとしての忠告ですが、オッサンは大きく分けて2パターンに別れます。一つは既婚者で家庭の愚痴を垂れ流し、たまに浮気して裁判を起こして朽ち果てていくパターン、もう一つは独身のまま30代後半以降と年を取り、若い女を追い求める妖怪と化して風俗や出会い系サイトに入り若い女に説教して浸り朽ち果てていくオッサン。このほぼ2パターンに別れます。不思議なことに、低所得階層の人であっても、名のある企業の偉い役職にいる人でも、こういうエピソードはよく見るのです。オッサンの本質がこうなんでしょうね。

精一杯うまくやったとしても、自分では「私は仕事をしっかりやって、家事育児に参加して四方六方に完璧な人間である(キリッ)」みたいな面して、ネットでは韓国人や中国人に対するヘイト発言を垂れ流して創作の「日本スゴイですね」論が書かれたファンタジー本を読んで喜び家族にそれを演説しつつ、職場でも家庭でも「ちょっとウザいよねー」と影で蔑まれつつ死に、本人は大往生と思っているものの実際には葬式には親類もまともに参列しない、無縁仏として処理されるくらいですよ。

端的に言うと、「普通の生活をして普通の結婚して」という人生観はそういう、決まりきった人生のレールの歩み方しかしらない、応用の利かない前時代的な大人が考えた理論に過ぎないんです。なぜオッサンがそのような生活がベストかと主張するのかというと、それは単にそのような生き方しか知らないからなんです。

と言っても、質問者の方に限らず、私の言うことを信じない人は多分多いでしょう。逆に言えば、1970年代の日本で植え付けられた「一億総中流社会」の幻想はそれほどまでに日本人の深層心理に深く根を下ろしているのだとおもいますね。

みんなが、特にオッサンが「普通だ」と言ってることは正しく言うと「昔は」です。昔はそういう人が多かった、というのを現代のマジョリティと考えることが間違っているのです。

一回普通じゃないことをすれば、普通がどんなに下らない事かよく分かると思いますよ。

「普通を貫き通すとしんどいだけ」、これは私がはっきりと自身を持って主張できる唯一の心理です。裏付けは皆無ですが。

女子は喋りが面白い人にしか関わらない

何について悩んでるのかよくわからないのですが、このあたりの記述、あとは

できれば死にたい、恋をしている、でも自信がない…

というあたりから、なんとなく恋煩いの一種なのだろうなという予測はつきます。「いや、そんなんじゃない。自分の場合はもっと特殊で…」と思われるかもしれませんが、いや、実に一般的なことです。人間であれば誰しもが経由するところです。と言っても、おそらく理解は出来ないでしょう。そこまでひっくるめて、人間にはそういう時期があります。としか言えません。

なお、一つ付け加えるならば女性が魅力に感じる男性のポイントは年齢を重ねるごとに少しずつ変化していきます。だから今モテなくても将来的にモテる可能性はあります。

ちなみに、男性が魅力に感じる女性のポイントはほとんど変わりません。おっぱいがでかい、かわいい、素朴な感じ、それでいてエロい一面がある、というくらいです。年をとったらそこに「若い」が加わるくらいです。

また、「女子は喋りが面白い人にしか関わらない」というのは誤認であって、正しくは「人は面白いことをよく喋っていて親しみやすそうな人と関わりを持ちやすい」が正しいです。これは性差なく男も女も同じです。嘘だと思う場合は、女子がよく話しかける男子を観察して見ください。そのような人は女子からも男子からもよく話しかけられるはずです。

つまり、クソみたいなプライドやいじけた心を投げ捨てて、心をオープンにして素直な感情で他人に接するという行為自体に「モテる」要素があるのだと私は思います。

自分が見下してきた人間は私より優れていることに気がつきました。それからというもの、私は人の良いところを探すようになりました。

この経過自体は良いと個人的には思います。人の劣ってる部分を見ても自尊心を満足させる以外にメリットはないです。ネットで中国韓国を執拗に叩いているオッサンはそれですね。自分自身に特段優れているところが無いので、「日本は周辺諸国に比べて優れてるんだ!!」という思想にまみれて承認欲求を果たそうとするタイプです。外国人を呼んできて「日本スゴイですね~」とか言わせるテレビ番組視聴者も同じようなタイプです。

成長する一番簡単な方法は、成長してる人の真似をすることです。真似をして成長してく仕組みが人間の脳にはミラーニューロンという形で備わっています。それを利用しない手はありません。真似だからと躊躇する必要はなく、真似できるところはどんどん真似しましょう。

しかし、どうも、私には、人が普通に持っているナニカを持っていない様です、この先どう生きていけばいいのか心配でなりません。

ナニカとかいうカタカナの何かは無いです。そう思うと都合がいいから、もしくはそう考えると考えなくてよくて楽だからそうしているだけで、ちゃんと分析すれば、自分の短所長所が見えてくると思います。

大学受験もまた失敗するのだろう、そして、行きたくも無い大学をまた無駄に過ごし、就職…?

個人的な経験からですが、こういうのはちょっと嫌ですね。

私は高校生の時、そして卒業してすぐに友達が2人死んでいますが、大学在学中はいつも「なんで彼らは大人になれず死んだのに、大して目的意識もないやつが大学でダラダラと勉強できてるんだろう」と4年間(修士含めて6年間)、よく思ってました。まあ私が思ってただけなので、真に受ける必要はないのですが、日本といえど10代で死ぬやつはわんさかいるし、生きてるだけマシって状況は現代日本でも意外とあるという点も認識していただけると損は無いような気がします。

小さい頃思っていた、皆が普通の生活が出来き、努力でなんとかなると言った考えは、消え失せた。

すでに説明したように努力でなんとかなります。「努力」の定義が軽すぎるだけです。

もう少し正確に言うと、義務感で努力し続けるのは無理なので、「これならば何時間やっても飽きない」というのを見つけるのが良いと思います。これまた、どんな分野のトップに立つ人も、義務感や正義感だけで努力し続けた人はおらず、単にその対象が好きとか、やってて楽しいとか思う純粋な気持ちに動かされて努力しています。

「他人から見れば努力だが、自分だとは努力だとは思わない」と心の底から思えるものを探しましょう。義務教育プラス大学在学中の期間はそのためにあると言っても過言ではないと個人的には思っています。

そして、自分の限界を知った今、努力して成功しても根本的なモノ、脳みそのつくり、DNDに刻まれたカルマは変わらない、だから、運良くくぐり抜けても、ドジをかますだろう。

なんかここ辺の語りがくさいですよね。言わせてもらいますが、結局まだどこか自分は特別と思ってるんじゃないですか?

良いんですよ、何度も言いますが、そうやって思い悩むことを含め、人間にはよくある思考です。私もそういう時期はありました。たとえ本当に飛び抜けたダメさを有していたとしても、それをひっくるめてよくある思考だと思います。

ちなみにDNA(DNDはDNAの打ち間違いですよね)が表現してるのは、単にタンパク質をどう合成するかという手順書であって、人間の構造それ自体を決める精巧な設計図でもないですし、ましてやカルマとかいう小難しい概念を補完しておくのに適した構造は持ち合わせていません。「あー、なんかDNA壊れちゃったよー。しょうがない、似たような所から持ってきてコピーしようっと」とかいう論理で動いているテキトーな仕組みです。

つまり、人間というのはそういう本質的にロバストな系で成り立ってる、何年かすれば体内すべての元素が入れ替わるようなテキトーな基準で動いてる波みたいなものなので、そこに運命だの原罪だのカルマだの見出すのは考えすぎなのです。

できれば自分を変えたい。

どうぞ変えてください。誰も反対しません。あなたが自分を変えたいと思ったときにそれを取り締まる秘密警察はいませんし、自分を変えようとした瞬間に告げ口されて家族を拉致監禁する政治将校も現代日本にはいません。現代日本は自由で、それはみんなが思っている以上に尊いことなのです。

自分を変えるのは難しないです。これは本当にそうなのです。全然難しくないのです。

自分が「こうなりたい」という理想像を形作り、そこに向かって進むだけなのです。それだけで良いのです。

普通の人は「普通はこうだから…」というしょうもない普通の価値観が邪魔して自分の理想を実現できませんが、自分の理想を実現できる人はそんなことを考えません。

唯一、それだけの違いです。本当にそれだけです。自分の能力や素養が劣ってるとかどうとかも勿論関係しますが、それよりも「やる・やらない」の行動の有無が人生を大きく左右します。

やりたいことをやる。以上。

現代日本は、法律や道徳に極端に背かなければだいたい何をやっても良い社会になってます。あなたが今後行うことが合法で、道徳的に極端に反していなければ、それはやっても良いことなのです。自由なんです。

昔、2chという掲示板があってその中のSimCity4というゲームのスレッドにいい言葉を書いた人がいました。

「このキャンバスに自由に絵を書いていいよ」と言われて喜んで絵を書き始める人にはこのゲームは向いている。しかし、「何を書いても良い、じゃ進められない。何かテーマを決めてもらわないと」と言う人にはこのゲームは向かないと。

このゲームとはSimCity4のことですが、人生にも同様の事が言えます。人生はSimCityです。

好きな人がいるならば、正攻法でよく喋りかけてアプローチすれば良いのです。男女なんてよく喋ってりゃ大体なんとかなるんです。「自分の喋りでは無理だ…自分ができるわけない…」と思うこと自体が間違いです。そもそもそんなに周囲はあなたを気にかけていません。喋りやすい人としゃべる、それだけです。

あなたはあなたが可愛いと思う人、楽しいと思う人とだけ喋って人生をいかに楽しく過ごすかに腐心すれば良いのです。

そこで得た小さな成功体験の積み重ねは自分を少しずつ勇気づけ、過去の成功は現在の自身へと繋がり、人を成長させていきます。その正のフィードフォワード回路を形成するのが10代のキモです。高校生3年生ならばまだまだ全然よゆーで間に合います。

良いですか、もう一度いいますよ。好きなことをやれば、大体成功するのです。あなたが純粋にやりたことをやってください。女の子と仲良くなりたいなら気持ち悪がられてもなんでも良いから、とにかく喋りまくるのです。何度断れてもいいから、何百回と遊びに誘うのです。ナンパ師と呼ばれる男はすべからずそのような不屈の精神を持っています。そうじゃなくて勉強ができるようになりたいなら、死ぬ気で勉強するのです。たとえFラン大学に入っても、できる奴はできるし、今後の社会ではいかにそういう人材を拾っていくかが企業の死活問題となります。すぐに行動して1ミリでもいいから前進するのは圧倒的正義です。とにかく何でも良いから、なりたい姿を今、この瞬間、この文章を読んだときから考えて、すぐに決めて突っ走ってください。

漫画みたいに自分が斜に構えてクールぶっていつつ、しかし女の子が天から降ってきて同棲するみたいな展開は現実にはありえません。行動するか否かが全てです。自分を変えたいなら行動してください。(結局、お前シャキッとしろよ!的な回答になった。ごめんなさい)