アルファード&ヴェルファイアのデザインが下品

デザインは人の好みがあるのであまり良いとか悪いとか書いてきませんでしたが(個人的な見解としては書いてたけど)、今回のデザインはもう破滅的に下品であり、はっきりダサいと言って良いと思うのですがどうでしょうか。

image from 写真で見る トヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」 | CarWatch

デザインは人の好みが現れますし、絶対的な評価軸を定義できないので良し悪しは評価出来ません。ましてや、メーカーから取材の機会や便宜を図ってもらっているメディアやライターが各記事では真っ向から批判は出来ないでしょう。しかし、もうここらで「このデザインは破滅的である」と宣言したほうが良いのではないでしょうか。

トヨタはこれを「高級感と品格を纏ったデザイン」と表現していますが、これがトヨタの言う高級感と品格なのでしょうか。私には理解不能です。トヨタ的には激しい加飾といかつさを感じるライトを兼ね揃えてマイルドヤンキー層やまだ自分を若いと思ってるオッサンなどの層に売り込めれば良いと思っているのでしょうが、当ブログでも何度も指摘しています通り、そうして売れることを最優先して大衆迎合的なデザインを追い求めていてはメーカーのブランドまで毀損してしまうと思っています。

売れている車のデザインがいいデザインではありません。車は道具ですから、車を買う人はデザインだけにこだわってられません。したがってトヨタのミニバンが売れ続けることとトヨタのミニバンのデザインが優れているというのは全く関係ないのですが、なんだかメーカーは勘違いしてしまっているような気がします。

上掲のアルファード・ヴェルファイアのフロントはギラッギラでキャバクラの店内みたいな印象を与えますが、そこからサイドへ回るとなんですかこれは?この落差は。会議室にあるホワイトボードでしょうか。ペラッペラでフロントからの落差が激しいです。トヨタは全般的にこういう車が多い気がします。細部のデザインが複雑な形状で細やかさを感じさせるのですが、全体としてまとまりがなく、どういう車だったのか簡単に思い浮かべることが出来ません。とりあえずメッキ部分を多く使えば高級感が出るみたいな考えは本当にやめてほしいですね。

アルファードやヴェルファイアは室内容積を重視したミニバンなので外観の形状にもかなりの制限が加わることは容易に想像できますが、それにしても、同じミニバンというカテゴリではデリカD:5やオデッセイ、ゴルフトゥーランなどはうまく個性を表現していると思います。

つまり、ミニバンであってももうちょっとデザインはやりようがあると思っています。ヴォクシー、ノア、アルファード、ヴェルファイアあたりは全部そうですし、他のメーカーでもセレナ、ステップワゴン、ビアンテあたりは完全に没個性で、車に疎い人が見たら見分けがつかないんじゃないでしょうか。

ミニバンは特にファミリー層に好まれ、人生の中でも子供が生まれたタイミングが新たに車を購入するタイミングになりやすいという事情もあって世の中には没個性で時に下品なミニバンが溢れかえっています。自動車メーカーは一度ユーザーの要望を聞く(売れた車を分析したり営業サイドの意見を重視する)のは辞めたらいかがでしょうか。

これは私の推測なのですが、結局こういう激しい加飾を好むのはユーザー、しかもどちらかと言うと車が好きで車に積極的にお金をかける人である気がします。なぜならば、道行く車を見ていると、ディーラーオプション等々で装着された外装パーツはギラギラしているものが多いからです。

車が好きでメーカーにいっぱいお金を落としてくれるユーザーの要望に合わせた見た目の車を作る、それも商売かもしれませんが、ユーザーの大多数はデザインに関しては素人であることもよく考えていただきたい。ただでさえ自動車に興味を持つ人は減っているのに、今市場にあるのがあんなキャバクラみたいな車だったり、小学生が改造したミニ四駆みたいな車だったりしては、普通の感覚のドライバーが選べる車がどんどん少なくなってしまいます。ユーザーの声を聞きながらものづくりをするのではなくて、車のプロである自分たちが良いと思うデザイン、機能を有した車を提案して欲しいと思います。