車を運転してて思うこと色々

を書いてみたい。あるあるネタみたいな感じ。

停止線で止まらない

信号が赤の時に車が停車する位置は「横断歩道の直前」だと認識している(と思われる)車をよく見る。人が道路を渡る時に邪魔にならない位置で止まればOKと思っているのだろう。実際は停止線よりも超えた位置で止まればそれはもう信号無視になる(そうそう捕まらないが)。高齢者マークを付けた車に多いが、たまに若い人(たぶん)が乗る車でも目にする。

ちなみにこの停止線は、大型車が曲がってきても邪魔にならないような位置を見越して引かれている。直進レーンの停止線よりも右折レーンの停止線がかなり後方に引かれている場合があるが、このため。これを無視して「なんでこんなに後ろに止まらなきゃいけねえんだよ。直進車があんなに前に居るのに」と、前方で止まると大型車が曲がりきれずに立ち往生する。右折レーンで後続する車がいなければバックすれば回避できるが、後続する車が居るともうにっちもさっちもいかなくなる。こういうシーンをたまに目にする。

一時停止の停止線も同様。一時停止線の手前で一度は「停止」しなければならない。停止とは速度ゼロということである。たまに十字路などで一時停止線で止まると手前過ぎて横切る車を確認できなかったりする場合がある。そういうところでは停止線よりも先の、横切る車を視認できる位置で止まったりする人も居るが、これもアウト。一時停止違反。こちらは信号とは違って取締をやっているとかなり厳格に判断される。

運転している人にしてみれば、「だってこんな手前で止まっても車が来てるかどうか視認できねえじゃん」って感じかもしれないが、一時停止線がかなり手前で引かれているのは歩行者の横断が予測されるためという事情があるので、車が来たかどうかを確認できないからといって停止線を超えて止まってはならない。じゃあどうすればいいのかというと、一時停止線の手前で止まって、その後徐行で車が確認できる位置まで前進するのが正解。

まあそういう、厳格に止まったり徐行したりすると迷惑がかかる場所も市街地にはありますが…。その場合はアット・ユア・オウン・リスクでお願いします。私からは法律違反は推奨しません。

ダイヤマークの意味

これはネットで以前見たのだが、道路上に描かれるダイヤマークは「この先横断歩道がありますよ」の意味。これを知らない人が多い。横断歩道を渡ろうとしている人が居る場合は停車しなければならないので、それを事前に通知する役割を果たす。ちなみに、横断歩道の近くで犬を散歩させながら談笑している専業主婦と思しき暇そうな人がいるなど、「こいつ渡りたいのかよ、渡りたくねえのかよ、どっちだよ」と判断がつかないときは徐行しなければならない。

駐停車禁止ゾーン

交差点の端や道路の曲がり角から5m以内は駐停車禁止である。ハザードを付けていればOK、でもない。信号の有無にかかわらず。理由は簡単、危ないからである。この位置で止まると左右の安全確認が出来ないし、横断歩道が近いので追い越し時に歩行者と衝突しやすい。しかしあんまり守られていない。私の感覚だが、運転中の携帯電話操作が取り締まられるようになってから増えた気がする。運転中に電話がかかってきたらところ構わずその場で停車するようなドライバーがたまに居る。ハンズフリー通話できるナビや、イヤホンマイク等買えばそれで済む話なのに、迷惑という感覚が無いのだろう。

右折レーン手前のゼブラゾーン

最近Twitterでちょっと話題になっていたみたいだが、私は以前からこれ声を大にして言いたかった。右折レーン手前のゼブラゾーン(導流帯)は走行してもよいし、その上で停車してもよい(混んでいるときなど)。あれは道路や交差点が広すぎて、何処を走ったら良いのか分からなくなる場合に備えて、「大体ここを走ってくださいね」というのを指し示すためのものである。右折レーン後方のゼブラゾーンを走行してきた車が、ゼブラゾーンに立ち入らないように手前で右折レーンに入ってきた車と衝突すると、後者のゼブラゾーンに入らないように運転してきた車の過失のほうが大きくなる。

これをもって「渋滞しててもちゃんとゼブラゾーンに入らないよう待ってたのに、ショートカットしてきた人よりも過失が重いなんて。真面目に運転している人が馬鹿をみるパターンだ」という意見も結構あるようだが、私はそれは間違っていると思う。法律で走っていいですよと書いていて、それを教習所でも習い、判例でも特にゼブラゾーンを走行した側の過失が重いということになっていないのであれば、法律の定義、周知、運用すべての面でゼブラゾーンは走行されるのを前提に運転しなければならない。

これはゼブラゾーンがあるから問題をややこしくしているのだが、たとえゼブラゾーンが無かったとしても右折時は右後方確認をするというごく当たり前の話である。だからゼブラゾーンが切れたところで右折レーンに入って後続車と衝突してしまうような運転をする人は普段から右後方確認が出来ていない可能性があり、いずれ同様の事故を他の場面でも起こしてしまうと思う。

フォグランプ

フォグランプは日本語では霧灯(むとう)という。その名の通り、フォグ(霧)がかかったときに自車位置を他の車に知らせたり、霧によって反射しにくい波長(単色)を放射しかつ広範囲を照らすことによって視認性を上げるという装備である。本来は常時点灯すべきものではないので、眩惑を防ぐためにも消灯していることが望ましい。ただし、バスなどが日中の歩行者からの視認性向上のために常時点灯しているケースがあり、これは別(眩惑が発生するのは夜間なので)。しかしながら、最近は「とにかく光ってるのがかっこいい」みたいな、子供のオモチャかよ、みたいな価値観でフォグランプを付ける人が居るので眩しい。夜間の視認性を上げる効果もあるが、それは限定的でむしろ眩惑を引き起こしやすいというデメリットのほうが大きいのでやめたほうが良いと私は思う。が、別に違反ではない。

たまにフォグランプまで白色に近い色のHIDバルブに替えたりする人がいるが、なんかそれはもう、フォグランプの元来の主旨をガン無視してるし、先に述べたように「とにかく光ってればかっこいい」みたいな、無駄にビカビカ光ってる男児向け玩具、みたいな印象を受けるので私はダサいと思うし益々眩惑を引き起こすので迷惑だと感じる。

ここまではフロントフォグの話だが、リアフォグ(バックフォグ)も同様。リアフォグは視認性にはまったく影響せず、単に視界不良時に後続車に自車位置を知らせるために使用するものである。これを常時点灯している車がたまにおり、これはかなり眩しい。なぜならば、フロントフォグは眩惑するといってもすれ違うせいぜい一瞬の話であるが、リアフォグは後ろを走っていると常にそれを視界に入れ続けなくてはいけないからである。実に迷惑な話である。なぜリアフォグを点け続けているのかといえば、私は単に消し忘れ、またはそもそもそういう装備があるのを知らない(あちこち触っているうちに点灯させてしまった)、という二パターンだと考えている。Googleで「バックフォグ」と検索すると、上位にいくつも迷惑だという話がヒットするので、迷惑と思っているドライバーは多いようだ。

メーカーにはできればリアフォグランプに関してはエンジン始動・停止のたびに消灯させるような制御をしてもらいたい。単純なスイッチよりも大幅にコスト増になるのでやらないだろうけど…。

ハイビームが基本

言うと叩かれる率が高い「ハイビームが基本」。たぶん、「ハイビームが基本」と言われて「それは違うだろ」と思う人は、多分勘違いしているか、都市部しか走ったことが無い人だと思う。

市街地以外を走るときは、ふつう、ハイビームで走行する。特にカーブの多い山間路などはハイビームで走行しないと危険である。ハイビームにしていないことが原因で判断が遅れ事故を起こすパターンもある。市街地であっても本来はハイビームが望ましい。横断しようとしている歩行者を早期に視認できたほうが、事故の確率は減る。夜間は遠くまで見通せた方が良いのは当たり前で、であるからハイビームは基本なのである。そもそもハイビームに対する下向き(ロービーム)は「すれ違い用前照灯」という名称である。下向きは車がすれ違うときのみ使用するライトなのである。

と、ここまで書くとハイビーム反対派(?)の人たちは「だって眩しいじゃん。迷惑じゃん。やめろ」と言うだろう。そう、ここに誤認があるのである。「ハイビームが基本」を理解している人たちも、ハイビームにしたら向かってくる車を眩惑させてしまうというのは重々承知しているのである。だから、前から走行してきた車が居ればライトを下向きにするのである。そして車が居なくなったらまた上向きにするのである。そんな面倒くさいことするの?と思います?そうやって運転中に何度も手で操作するほうが危険じゃない?と思います?地方(というかたぶん面積比では日本の9割以上の地域)ではこれが標準ですよ。半分無意識に手で操作してますよ、みんな。

じゃあ都市部ではどうなのか。市街地であっても基本的にハイビームをしたほうが良い。視認性があがるから。しかしそれは原則であって、実際はハイビームにすることによる視認性向上によるメリットよりも、周りの車や歩行者が眩しいと感じるデメリットの方が大きいので下向きで走行することになる。都市部では対向車が居ないというシーンがほとんど生じないことから、結果、ほぼ常時下向きで走行するということになる。

ただ、入り組んだ交差の多い住宅街の街路など、一度遠くまで歩行者が居ないかどうか確認したほうが良いような場面(かつ対向車が居ない)はハイビームで確認を行ったほうが良い。歩行者は眩しく感じるが、歩行者を轢き殺すのと眩しく感じさせるのでは後者のほうが随分マシなので、そのようにしたほうが良いと思う。ちなみに解説するまでも無いが、車のドライバーを眩惑させるのはダメで歩行者がOKなのは、車のドライバーを眩惑させると運転を誤り他の車に衝突したり歩行者を轢き殺したりする危険があるからだ。歩行者が眩惑したところでせいぜい「眩しいんだよバカヤロー」と思わせる程度であり、歩行者が他の歩行者を轢き殺したりすることはありえない。

しかし轢き殺すよりはマシだからといって歩行者に常時ハイビームを浴びせるのは思いやりに欠ける。だからそういう場面ではどうするのかというと、パッシング(ノブを手前に倒す)を利用して、ごく短時間、一秒かそこらだけハイビームを用い、それで安全確認を行うというのが最も好ましいと思う。でも経験上、都市部でそこまでやることは殆ど無いですが…。

こちらも参考にして下さい。

夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本? JAF

カーブの手前で大回りする

たまに峠を走っていると、カーブに差し掛かるたびにアウト側に一度寄ってから曲がり始める車がいる。対向車線にはみ出す程度に。伝わるかな…。

↑こういうことです。

めったに見ませんが、私は人生で4回くらい見たことがある。

解説するまでも無いと思いますが、この曲がり方は全くメリットがありません。

  • グリップ力を無駄に消費するので、路面状態によってはスリップしやすい
  • 無駄なGが沢山かかるので同乗者が酔う
  • 走行する距離が長くなるし小回りするためにスピードを殺すので普通に走るより遅い(後続車の妨げになる)
  • 対向車線にはみ出すのでそもそも道交法違反
  • 周囲のドライバーからは「イキった面倒くさいやつ」以上の感情が生まれず、ただただ不快

普通この曲がり方を利用するのは、乗っている車の最小回転半径では曲がりきれないようなところに車を進行させるときのみで、たとえば入り口の狭い左折路(例えば建物の入口)に侵入するだとか、Uターンする時だとか、そういうケースに限られる。

なぜこのような曲がり方をするのか全く理解不能なのだが、おそらくは峠でカーブがきついところに差し掛かると、「曲がりきれない可能性がある=膨らんでから曲がって余裕を確保しておくのがプロ」みたいな思考が働いているのではないかと想像します。しかし、どんなにきつい峠であっても、このような曲がり方をしなければならないところというのは皆無に等しいです。右左折を除けば。だって曲がりきれないようなカーブで道路を設計するほうがおかしいでしょ?いわゆる酷道なんかではもしかしたらあるかもしれませんが…。

最初は市街地しか運転したことのない人がいきなり峠を走るとこういうことになるのかな、などとも思っていたのですが、地方ナンバーでも何度か見たことがあり、真相は謎です。