自宅でリモートワークを始めて分かったこと

4月末で某メーカー系列の会社を辞してフリーランスとなり、自宅作業を行っております。1〜2ヶ月くらい作業を続けてきて分かったことや感想などを書きます。

思った以上にしんどいです。

最初は自宅作業なんてラックショーじゃーん、通勤無いんだもん。と思っていたのですが、なんだか集中出来ないです。コーディングしてたはずが、気づいたら掃除洗濯などをしていたりします。プライベートで何か用事があり、それをすぐに作業できる環境にいるとそっちをしてしまうんですね。これは良くない。近所にアパートを借りて作業したほうが良いんじゃねぇかと思ってきた。

あと、作業時間があんまり取れない。会社に居て少し忙しい時だと、ちょっと夜遅くまで残業して頑張ろうかな、という時があるじゃないですか。自宅作業だとその手が使えない。6時くらいになると子供が帰ってきて次女が「カエルの歌を歌え」としつこく要求してくる、長女が「折り紙の折り方が分からない」と騒ぎ始める。長女の食べるアイスを見て次女が冷蔵庫の前で「アイス!アイスアイス!アイス!」と騒ぎ立てて泣き始める、すると夕飯の支度をしている嫁さんがイライラし始める、という状況で仕事は出来ないです。いや、もちろん別の部屋で仕事はしていますけどね。それでもうるさいので仕事には集中できません。なので、子供が帰ってきたらもう仕事は止めるようにしました。

たまに子供が寝てから仕事をすることもありますが、大体子供が寝るのが9時、そして作業を始めたとしても翌朝5時〜6時くらいには起きて準備をしないと保育園・幼稚園に間に合わないので遅くとも12時くらいには寝なければなりません。こういう作業がしんどい。だったら会社で3〜4時間残業して帰ったほうが楽、ということになります。会社員時代は何気なく3〜4時間残業できたのですが、集中できる環境で好きなだけ仕事ができるというのも大事だったんだなぁと。

子育てはかなり融通が効くようになりました。ただし、共働き環境だと必然的に自由度が高い方、つまり私が何かと対処することが多かったりするので、家族全体としてみればメリットなものの、自分にとっては負担増です。ここ、完全に忘れてました(軽く考えてました)ね。しんどい。シンディー…。

最初は家に居るのだからと、スーパーへの買い物や税金の支払い、郵便物の投函などを行っていましたがそういうことをやっていると益々作業時間が取れないため、前述のような背景も鑑みて、自宅作業と言えど仕事をしているのだから基本的に外出はできない。仕事をしている場所が会社から家になっただけ。仕事をしてる最中に気軽に銀行に行ったり出来ないのが実情。というのを家族に説明して分かってもらう必要があります。

うちの嫁さんはこういう要望は素直に受け入れてくれるのですが、理解してくれない人も中には居るでしょうし、家族がいる状況で自宅作業を始めるというのはやはりリスクではあるでしょうね。

また、私の場合は持ち家で使っていない部屋もあったので作業環境を構築するのは比較的容易でしたが、これがだんだん手狭になってきたマンションなんかだと必然的に生活環境と作業環境が近接し、益々集中できないことが予想されます。

カフェでMacを広げてドヤ顔をしている人の気持がちょっとわかりました。そして自分も空いている電車の中などではMacBookをドヤ顔で広げて作業をしてしまっていることがあります。許してくれ。