スマホでYoutubeばっかり見てる子供におすすめの教育法

スマホでYoutubeばっかり見てる子供っていますよねー。うちの子です。

最近の子供はYoutube大好きです。放っておくと永遠に見続けてるんじゃないの、って勢いで見続けます。

「だからうちではYoutubeとかスマホを禁止してるの!絶対見せない!」という人が居ますが、私はこの意見にはあまり賛同できません。私が子供の時もゲーム禁止、お菓子禁止、などという方針の家の友達が何人か居ましたが、子供ながらに可哀想だとおもっていました。また、私自身はゲームやインターネットによって学んだことも数多ありますので 、一律にダメだ悪だと決めつけるのも良くないと思っています。私は逆にもっと早くから情報機器に触れさせてプログラミングや情報機器の使い方を覚えさせたいと思っているので、子供には専用のタブレットとノートパソコンを与えているくらいです。

しかしながら、冒頭に書いたようにYoutube「ばっかり」になるのもこれまた問題で、もっといろんなことを学んで欲しいと思ってます。でも今Youtubeを見ている子供からタブレットもしくはスマホを取り上げて「勉強しなさい」もしくは「他のことで遊びなさい」って言っても聞くわけがないんですよね。子供からしたらそもそも「Youtubeばかり見ててもためにならない」という理由も価値観も理解できませんから。だからYoutubeを取り上げられた、という事実でしか受け止められません。万事うまく言ったとして「Youtubeは見たら怒られる」という辞書的な知識しか形成されません。これはよくない。

で、なんかいい方法ねぇかな、と思ってたのですが、NHK for SchoolというAndroidアプリを見つけました。これはNHKのEテレとかでやってる教育系の番組を無料で見れるアプリになってます。で、ウチの場合は「Youtubeを見るのはもうダメだけど、NHKだったら良いよ」と言うようにしてます。ここも私のポリシーの一つで、ダメと言う場合は必ず違うオプションを提示するようにしています。すると、子供も受け入れやすいです。

さて、このNHK for Schoolですが、私は理系なので理科の動画が好きで子供にもよく見せています。お勧めは大科学実験というやつで、その名の通り色々な実験(大規模なものが多い)をする内容になってます。ディスカバリー・チャンネルで「Mythbusters(日本語名:怪しい伝説)」があるのですが、あれをNHKが真面目に作ったらこうなる、みたいなイメージでしょうか。大人が見ても十分に面白い内容です。

で、そういう動画を見せていたところ、こないだ急に「松ぼっくりを水に漬けたら閉じるかも」とコップに水を汲み、松ぼっくりをおもむろに投入しました。結果、松ぼっくりは閉じました。

閉じるまで1日くらいかかるかな、と思ってましたが数十分で目に見える変化がありましたね。

その後、乾いたらまた松ぼっくりは開きました。

こういうふうに自分で仮説を立てて実験ができるようになった理由の一つは、このNHK for Schoolもあるのかな、と思ったので紹介した次第。

でも、こういうのも注意していないと普段使ってるコップに外から拾ってきた松ぼっくりを投入した段階で「なにやってんの!」と怒る親もいるでしょうし、子供の好奇心には常に寛容でありたいと思いますね。