近況(4月14日)

更新頻度が低くなってやばい。

4月末で仕事を辞めるので4月は有給消化期間だねっ、やったー!!!!みたいに考えてたのだが、なんだかんだで予定(新しい仕事や前からの仕事や引き継ぎ、5月からの新仕事体制への準備など)が入りまくり、多忙な状況です。5月からは週1日は自分の仕事(ブログ更新や新しいサイトの設立)に費やそうと思っているので、落ち着いたら更新頻度は以前以上になるとは思うのですが。落ち着くのは5月中盤以降になりそう。

それまで放っておくとどんどんアクセス数が減ってやばいので、とりあえずどげんかせんといかんという思いに至り、近況を簡単に記す。

自宅オフィス構築

この際なので、退職金や以前からの貯金をはたいてちゃんとした作業環境を構築しようと思った。椅子はなんとアーロンを支給してもらったので、この費用を他にかけることができる。まず今作っている机がディスプレイを置いたらキーボードを置くこともままならないような奥行きだったのだが、これを改める。デカイ机を買って5Kモニター(これも支給品)とFullHDモニター*2(こっちは自分の仕事用)を揃える。パソコンもRyzen 7 + Geforce 1080くらいの機械学習バリバリマシンを買う。というか、社員でなくフリーランスとして契約しているにもかかわらず、そのディスプレイと椅子を支給してもらった某社(その他にMBP 2016とThinkPadキーボードも支給してもらった)が太っ腹すぎて毎回驚いており、見合う仕事をせねばならなぬとビビり気味です。

最終的に、その某社の仕事を週4でするゾーンと、週1で自分の仕事をするゾーンと、絵を描くゾーンの3つに分けたいと思ってます。すでに多少自宅作業していますが、一個に全部の環境をまとめてしまうと何かの作業をしているうちに別の作業を進めて注意力散漫になってしまうので。

で、机なんですが剛性が高くてガッシリした机が探しても全然見つからず、ダサくて重いオフィス用机を導入せねばならぬのか…。そもそもその机は二階に運べるのだろうか…などと思っていたところ、「Garageの机がいいですよ」とTwitterとメールでほぼ同時にお二方からご連絡を頂き(ありがとうございます)、見たらなかなか良さそうなので買うこととした。

色々考えた末、このfantoni GTというものを買うことにした。天板はMDFであるが天板の下に鉄のレールが通っており、たわみに強いのが特長だそうだ。揺れや中央一点荷重での歪率のデータまで公開している。この歪率が他の製品と比べてどうなのかということはわからないが、剛性に注意を払った製品であるということは確かなのだろう。

こっちのデスクSHという方も鉄製で剛性があってかつ安くて良さそうだな、と思ったのだけど、色々かっこいいデザインの机を見てるうちそっちが欲しくなってしまった。買ったらまた記事書きます。

AutoDays

AutoDaysですが、最終的にはメディア化を目論んでます。車でお金を稼ぐのって難しいんですよね。車自体をカスタムしたり、修理したり、販売するという方向以外となると、広告で儲けるくらいしかお金の稼ぎ方が無い。だから、恒常的にアクセスが稼げるようなコンテンツを揃えないといけないという考えに至ってます。私が得意なのはちまちま計算してコスパがどうだとか、加速がどうだとか論じることですが、それは独自性はありますが興味ない人には響かないので、興味ない人にも響くような何かが必要ですね。なので、そこら中のメディアがやっていることと同じことをやるのは不本意ではあるのですが、金を払って記事を書いてもらおうかな、と…。ただ、どちらかというと本気でメディア化したいというよりは、親しい友人と一緒に盛り上げていきたいみたいな気持ちのほうが強いのですが。

ともかく、最終的には「車に関するすべての情報がまとまっていて、さらに車に興味がない人も読んでいて面白いコンテンツが沢山」というサイトになることを目指しています。

青色申告&個人事業主

実は今まで白色申告してました。広告収入以外にも雑多な収入がいくつかあり、青色申告をしたほうが絶対に得だったのですが、面倒でやってませんでした。フクシキチョウボなどという、私にとっては古文書みたいに読み解くのが難しい物を書かなきゃいけないのでもう諦めてました。そいで医療費控除とかも含めてチマチマやってたのですが、フリーランスになるにあたり、これもちゃんとしなきゃいけないと青色申告にすることとしました。

稼働率は非常に低いですが、週1日は自分の仕事をするので、その程度で終わる軽い仕事は自分で受けようと思っていますので、一応屋号を決めてWebサイトや名刺も作っておこうと思います。うん、フリーランスっぽいぞ。一人じゃ出来ない仕事も、リソースや発注先はいくつかあてがありますのでご相談ください。

電子書籍

本も書いて売ろうかなと思っています。最初は出版社に送ろうと思っていたのですが、調べているうち面倒になって電子書籍で売ろうと決めました。昔からそもそも出版社の人って正直好きじゃなかったんですよね。私と接点があった出版社の人ってみんな上から目線でした。若かったので舐められているということもあったのでしょうけど…。で、今回も「企画のたまご屋さん」という、複数の出版社とコネを持っていて企画を通してくれる、そして手数料をもらう、みたいなビジネスをやっているところを利用しようとしたのですが、色々調べると「この本が売れる理由を述べよ」「なぜこの本が昨年や来年でなく今売らなくてはならないのか述べよ」「推薦文を書いてくれそうな人を教えて」などと面倒な説明をしなければならないらしく、つうか、そういう事を経験に基づいてやってくれるのがお前らとちゃうんか、印税の3割を手数料で取るならもうちょっと働いてくれてもいいんでない、と正直思いましてそこで諦めました。まぁ私の考えが至らない苦労(収益的な)があると思うのですけど。で、いまはコネがないと持ち込みも手間がかかるわりに成果が少ないと聞きます。私が出版社の立場の人間であっても、どこの誰かもわからないような人が持ってきた原稿なんて面倒で読みたくないです。だから、もうそういう諸々を考えてるうちに自分で書きたいように書いて、分かってくれる人だけ買ってくれればそれでいいや。という気持ちになりました。

内容は以前から書き続けてる夢日記をベースとした小説と、私が8年間ほど会社で働いた感想というかエッセイみたいなものを記したいと思ってます。前者は売れないと思ってます(だから完全に趣味です)が、後者はちょっとは売れるんじゃないかなと思う要素がいくつかあります。原子力ルネッサンスとかもてはやされてた時期に海外のプロジェクトを担当し、それから地震を経て、会社と原子力の衰退、退職までの一連の仕事を、秋田から出てきたカッペの新入社員がどうこなしていったか、みたいな話読みたくないですかね。

問題はいつ書くか、ですけど…。でもすでに20%くらいは書いてます。

まとめ

今忙しいです。なんとか頑張ります。