【質問#97】ストーリーがある夢を見るコツ

質問・悩み相談の回答です。

質問

こんにちは。

私はPGあがりのSE?のような職に就いておりまして、その方面で調べごとをしているうちにanoparaへ辿り着きました。
withpopさんの考え方に関しても共感できることが多く、また恐らく近い年代(当方今年で30です)であるようでして
それ以降PC、プログラム関連意外に関しても楽しく拝見させていただいております。

上記理由からブックマークに加えたにも関らず私が一番惹かれる記事が夢日記だったりします。
アンケートで最下位争いをしているせいか、最近は夢日記の記事も少なく残念極まります。
PC/プログラミング系といい夢日記といい、私が好きな記事の投票率が低いようで無念であります。

本題に入りまして、夢日記ではとても詳細に記憶していらっしゃるようですね。
私も夢日記をつけるようにしているのですが、断片的だったりストーリーが荒唐無稽だったりがほとんどで
withpopさんのように体系だったものを見ることは非常に稀です。
しかもwithpopさんの場合は伏線じみたものまであるようで、
ショートショートとして見ても楽しめる内容となっているので羨ましく思います。
また、夢の記憶もとても長い時間を記憶されているような印象があります。
私の場合、恐らく夢の内容を他人に伝えるとしてもこの文章より長くすることは叶わないです・・・。
なにかそういった夢を見られるように習慣付けていることなどはあるのでしょうか。

是非教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

回答

こういう質問者のような方が8000万人くらい日本にいらっしゃれば、私は夢日記で食っていけると思っているんですけど、なんですか?あなたたちは。「今後読みたい記事を投票」の結果を見ても、車しかないじゃないですか。車ってぶっちゃけマネタイズの方法が無いんですよ。メーカーやディーラーは肩書のない個人なんかとは付き合いしないですからね。カーレビューみたいな業界は「自動車評論家」みたいな人たちで囲まれてて全然新規参入の余地が無いですからね。あなたたちがもっと私の夢日記を読んでくれれば、そしてSNSで山のように拡散してくれれば、私は夢日記を出版してそれで食って行けるんですよ?つまり寝てれば食っていける生活が確立できる。それで救われる家族がここにいるんですよ?「有給使ったペナルティで給料減らされた」みたいなニュースを使命感持って拡散している暇があれば、いっこでも夢日記を拡散してくださいますようよろしくお願いいたします。

それはともかく、ストーリーのある夢の見方ですね。

私は高校生くらいからずっと夢日記を付けたりしているわけですが、せっかくの機会なのでその背景を多少説明したいと思います。

当時、私は2chのオカルト板にハマっていました。ちょうど「猿夢」とかが出てきたあたりですかね。もちろん、幽霊やUFOの類が本気で居るとか、2chで繰り広げられているそれが常に真実だと思っていたわけではありませんが、単に創作や読み物として面白い内容が多かったんですよ。最近は全盛期を過ぎて人も居なくなったのか、面白いものが見れないので2ch自体見てないですけどね。

で、オカルト板にある「夢日記」というスレッドを見たのがきっかけでした。そこでは「夢日記を書き続けるといずれ気が狂う」という噂とともに、何人かの人がその日見た夢を記していました。結局、私がウオッチしている間に何回か夢日記関係のスレッドが立つことがあっても、ことごとく書き込みは途絶えて落ちるのが常でしたね。

それで人の夢を覗き見るという行為が面白いと思った私は、夢日記を書きまくって積極的に狂っていき、狂ったストーリーを量産しようと考えたのでした。当時、猟奇殺人犯が書いた手紙や、精神病患者が書いた手紙なんかをこぞって収集していた私にとってはなんというか自家発電的なアレだったのだと思います。

そのころから「ストーリーのある夢」を見るための方法を私は色々試していました。その結果、以下のようなことが効果的だったように思います。

  • 起きた瞬間にすぐに見ていた夢をメモる癖をつける
  • 体調が悪い状態(極度の疲れ、高熱)で寝る
  • AM7時~11時くらいの時間帯に二度寝する
  • 家族の声やテレビの音が聞こえている状態にしておく
     - 寝る前に映画やアニメ、漫画などを見ておく
  • なるべく興奮状態で寝る

「起きた瞬間にすぐに見ていた夢をメモる癖をつける」というのは夢日記業界ではもはや常識、基礎中の基礎、将棋で言えば「歩」の動かし方、くらいの初歩です。これをなくして夢日記は書けない、というか、夢を見ることはできません。

と、言いますのも、人は夢を見ていたことすら容易に忘れるからです。今日、あなたは夢を見ましたか?見ていない?それは見ていないのではなくて、「見たのを忘れている」可能性が大です。あくまでも独自研究の範疇を出ませんが、たぶん人はほぼ毎日夢を見ています。それを忘れているだけです。

私のような夢日記のプロフェッショナルであっても、起きて1分もすれば見ていた夢を思い出せなくなります。夢の記憶は秒単位で崩れ落ちていきます。ですから、まず10秒で見た夢を説明する単語や短文を書き、そこから詳細を思い出しつつ簡潔に記していくというテクニックが必要になります。

これが出来るようになるのは容易ではありません。そもそも起きたときにはノートと鉛筆を用意しているということすら忘れているはずです。もう習慣づけて脊髄反射的に起きたらノートを確認する(もしくはスマホとかでもいい)という癖を付けておかないといけないですね。

特にストーリー性のある夢を見るためのテクニックではないのですが、ここが全ての基礎なので説明しました(ストーリー性のある夢は長いので忘れやすいということもある)。

それ以降のテクニックは、要するに「寝ている間にも脳に刺激を与える」ということかと思います。朝の時間帯に二度寝するというのは経験的にそう書いたのですが、これも家族の活動時間帯に重なったり寝ている部屋に光や音が入ってきたりという点が影響しているのだと思います。体調が悪いというのも同様です。もっとも、意識的に体調を悪く出来るわけではないので、これはテクニックとは言えないと思いますが…。

ちなみに、画家のダリなんかは夢を見てそれを覚えておくために、ノートとペンを用意し、スプーンを口に咥えながら椅子で寝て、スプーンが落ちた音で目が覚めると同時にその瞬間見ていた夢をノートに記すということをやっていたというのを聞いたことがあります。

また、これらは「ストーリーのある夢」を見やすい方法だと私は認識していますが、もしかしたら単に「夢を見やすいテクニック」かもしれません。夢を何度もみるうちにストーリー性の豊かな夢がたまたま見られるだけかもしれません。

ここからは何の根拠もない勘ですが、なんとなく夢を見る機構というのはGANに似てる気がします…と言って分かる人は居ない気がしますけど。夢日記∩機械学習な人じゃないと伝わらないな。簡単に説明すると、GANというのは乱数からそれっぽい「何か」を生成する機械を作り出すための手法です。これを用いて、一様乱数から写真などを生成する研究がされてたりします。

脳科学にはあんまり詳しくないのですが、人間の脳にも同様の機構が存在するはずです。たとえば、「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というのはまさにそれですね。人間は単純なパターンや風景の一部であっても、そこから人の顔や動物の姿などを連想してしまうような機構が備わっています。それはおそらく、人間が社会生活で営むために必要な機能に特化しているからでしょう。人間を見た瞬間に人間の脳のオブジェクト検出器が総当たりであらゆるオブジェクトの可能性を考慮してたら効率が悪いですからね。人は人の表情やしぐさなどを検出するのに特化した脳になっているのだと思います。

その結果、人間は寝ている時に脳が感知するノイズからもストーリーや情景を導き出してしまい、それがすなわち夢になっているんじゃないかと、そんな感じのことを考えています。

あとは、これを言ったら身もふたもない感じもしますが、私の書く夢日記は多少なりとも脚色したりしてます。具体的にはその場面でのセリフや人物や仕草は脚色が多いですが、大枠は夢で見た通りです。