【質問#96】クルマの安全装備について

質問・悩み相談の回答です。

質問

はじめまして、クルマ好きの30代男性です。
withpopさんのブログはCX-5のガソリンモデルの検索をしている時に発見しました。車を選ぶ際の考え方や重視する点に共感し、以後楽しく拝読させて頂いております。

さて質問ですが、以前コスパの良い車としてスズキのエスクードを挙げられていたと思います。エスクードについては私もコスパの非常に良い車だと思うのですが一つ残念な点があると感じております。それはサイドエアバッグとカーテンエアバッグが標準装備されておらずオプション設定もないことです(欧州で販売されているエスクードはサイド、カーテン、ニーエアバッグが標準装備させているようです)。withpopさんが自動車のADASを重視されていることは過去の記事からよく分かるのですがサイド、カーテンエアバッグについて言及されている記事を拝見した記憶がありません(どこかで触れられていたらすみません)。
アクティブセーフティとパッシブセーフティについて優先順位や必要性についてどのような考えをお持ちか気になり質問させて頂きました。(CX-5はサイド、カーテンエアバッグが標準装備されていますが購入の際には決め手の一つになりましたか。因みに私はパッシブセーフティの方がやや重要ではないかと考えております)

読みづらい文章ですみませんが、時間がある時にでもご回答いただければと思います。

回答

エスクード、今時サイドエアバッグ無いんですか…。今時…。

まず、パッシブセーフティとアクティブセーフティについての私の考えですが、以下のような感じになっています。

  • 最近の車の設計は昔と比べればそもそもずっと安全になっている
  • パッシブセーフティ関連技術は今後も進歩していくと思うが、その曲線は頭打ちになりつつある
  • アクティブセーフティ関連技術はこれからかなりの伸び代がある
  • パッシブセーフティは事故被害の軽減の役割を果たすのに対し、アクティブセーフティは事故自体の回避をも包含する(事故を起こしたときの精神的・経済的ダメージを回避できる)

というような考えでいます。特に、「最近の車の設計は昔と比べればそもそもずっと安全になっている」というのが前提の上でのアクティブセーフティ重視(というか強い興味)という考えでいますので、パッシブセーフティを軽視しているわけではありません。つまり、パッシブセーフティが十分に確保されているのが当たり前という考え方でいるということです。ですからエスクードにサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグが搭載されていないのであればそれは私もはっきりとマイナスであるように感じます。

質問の回答は以上ですが、ではどのようにして「パッシブセーフティが十分に確保」されているのかを調べているか、というのを参考までに説明したいと思います。

メーカーのカタログやHPの紹介等を見ていると色々と安全性についての能書きが書かれていますが、私はあまりこういうのは信用していません。日本ではJNCAPの自動車アセスメントという非常に素晴らしい実験結果がネットで閲覧できます。私は車を買ったり検討するときは必ずこれを確認しています。これを確認すると、エアバッグやサイドエアバッグ、歩行者衝突安全性への配慮の有無などといったメーカーカタログから分かる情報以上の情報を得ることができます。

今回は例としてサイドエアバッグに注目して以下の4車種を適当に選んでみました。

名称 発売日 サイドエアバッグ 総合評価
シャトル HYBRID X 2015年5月 180.1
ヴィッツ F 2010年12月 166.5
ラクティス G / スバル トレジア 2010年11月 165.3
スプラッシュ 2008年10月 145.2

サイドエアバッグの有無と総合評価はあんまり関係ないことが分かります。むしろ設計年度の新しさが重要なような気がしますね。なので、サイドエアバッグの有無を持ってして安全性を評価すると失敗するかもしれません(質問者様がサイドエアバッグがあれば安全だと思い込んでいると解釈しているわけではないです。あくまでも例です)。ちなみにエスクードも調べてみたのですが、残念ながら2005年のモデルしかありませんでした。

あとこれも余談ですが、新型の1.6Lエスクードは基本的に欧州向けの車種で、ハンガリーで生産されて日本には輸入で入ってくる希少車らしいです。

つくづく残念なのは年間1200台、月平均100台しか入ってこないという、わがニッポンの状況。遠いハンガリー工場で生産されているうえ、当の欧州市場で売れているからであり、痛し痒しといったところだ

スズキ・エスクード すでにレア物決定! 月100台の掘り出し物SUV

だから、試験用に確保するのが難しいとか言う事情があるのかもしれないですね。単に予算もリソースも無いので人気車種から順に試験してるだけかもしれませんけど。