「雇ってください」の余談

転職したいので誰か雇ってください(もしくは仕事承ります)という記事の余談です。

色々考えてるのですが、自分の中ではあと数年中にフリーのプログラマとして仕事を受注したり、プログラミング講座やブログのマネタイズに関するセミナーなどを行ったり、独自のWebサービスを展開する方向で食って行こうと思ってます。

今の時点で色々書きたいことはあるのですが、そしてコンプライアンス上書けない事が多いので深くは書きませんが、もう今の仕事は色々と限界かなと思ってます。会社事業の内容を考えると今後食っていけなくなるというのもありますし、私自身の考えや価値観が今の会社方針と合わなくなってきたというのもありますし、フリーでもっといろんな仕事にチャレンジしたいというのもあります。(一方で興味本位で会社が朽ち果てて空中分解していくさまを間近で見たいというのもある)

ちょうど1年ほど前、色々と転職活動をしたのですが、今の自分の会社が製造業で自分の経歴としてもソフトウェアエンジニアだと胸を張って言える期間が少なく、どれだけエンジニアとしての技術に自信があってもそもそも書類選考で落とされて面接まで行けないということや、結局雇われで働くというスタイルを疑問に思っている事、転職先の候補は渋谷、新宿、六本木あたりがメインになり電車嫌いの私としては通うのが苦痛、というあたりで結局良い縁はありませんでした。

一方で家庭を鑑みると、嫁さんは働いていると言えど期間契約があって収入は安定しているとは言い難いですし、子供もまだまだこれから金がかかり続けるので自分一人の身さえ守っていれば良いというわけでもありません。だから正直大企業の福利厚生や給与のサポートがあるというのはありがたいことには違いありません。だからいきなりフリーで国民年金と国民健康保険に切り替えて青色申告をし始めるというのもしんどい。

だからとりあえず、最終的にフリーとして活動する状態に軟着陸できるよう、とりあえず半分フリーみたいな形態で雇ってくれる企業とか、フリーで仕事を発注してくれる人が居ると個人的にはとてもありがたく、まあブログ見て採用が決まるとかほとんどありえないと思うけどとりあえずなんか行動したいから書いてみた、みたいな感じです。

なので正直、当てにしてる訳では無いですけれども、まあ良い出会いがあれば真剣に検討させて頂きたいと思っております。

なんか所帯じみた暗い話になってしまいましたが、私自身は明るく元気でテンションも高い、笑顔も素敵なのでよろしくお願いします。