雪道での運転や装備のまとめ

私が思う雪道での安全な走り方をまとめてみたいと思います。

雪道を走行するための装備・グッズ

スタッドレスタイヤ

必須です。駆動輪だけに付ける人がごくまれにいますが、4輪に付けましょう。駆動輪だけに装着しても発進は4輪に装着した場合と大差ないです(4WD除く)が、減速時は4輪全てに力がかかりますので、駆動輪しかスタッドレスタイヤを装着していないと制動距離が大幅に伸びてしまいます。

サマータイヤに装着する金属やゴムのチェーンもありますが、あまりお勧めしません。適切に装着しないと外れますし、使用制限速度以上で走行すると切れたりします。外れたり切れたりした結果、ボディーに何度も打ち付けられボディーがボコボコになってしまったという例も聞きます。チェーンはあくまでも緊急用の装備と考えたほうが良いと思います。

オールシーズンタイヤは日本のように湿った雪やアイスバーンでは対処できません。スタッドレスタイヤを使用しましょう。

雪道を走行をすることが事前に分かっているのであれば、4輪すべてをスタッドレスタイヤに交換することは必須と考えて良いでしょう。

冬用ワイパー

タイヤがそうであるように、ワイパーも冬用があります。夏用のワイパーだと凍ってしまい、拭きとりが出来なくなってしまいます。ただ、暖房を強くしてフロントウィンドウに当て続けると通常のワイパーでもなんとかなります。気温が低くて乾いた雪の場合は空気の流れに合わせて雪が舞い上がってフロントウィンドウには付着しないので、雪が降っていてもワイパーが不要だったりします。

あと、冬用ワイパーはかなり高いうえ、ゴムだけの交換が基本的には出来ない(ブレードごと交換する必要がある)という欠点もあります。雪国在住でも無ければ要らないんじゃないかと正直思います。

ウォッシャー液

ウォッシャー液も補充しておきましょう。雪道を走ると前を走る車から融雪剤を含んだ水滴が飛んできてフロントガラスがかなり汚れます。

また、ウォッシャー液は薄めず使いましょう。ウォッシャー液は「3倍まで薄めても効果は同じ、ただし凍結温度は-X℃に上がる」みたいな旨が書かれていると思います。私の経験上、その凍結温度を見定めて薄めても結局凍ってしまってウォッシャー液が出ないというパターンが多かったので、ケチらずそのまま使いましょう。どうせ数百円ですし。

スノーヘルパー

スタック時に脱出するためにタイヤの下に敷くゴムやプラスチック製の板です。

下記のようなものです。(Amazon広告)

重くて頑丈な方が良いです(が、値段が高く、邪魔になります)。ちなみに、金属製の製品も昔はあったのですが、滑って飛んでいく事故があったらしく無くなりました。一度完全にスタックしたら基本的には引っ張ってもらうかスコップで雪かきするかしか方法が無いのですが、スノーヘルパーがあれば脱出できます。積雪が激しい地域に行くことが分かっている場合は、できれば持っておいた方が良いと思います。

雪を落とすブラシ

カー用品店やホームセンターで売られている、長い柄のついたブラシです。100円ショップでも売ってます。最悪、手で雪を払えば良いのですが、積雪が見込まれる場所に行くならばこれはあった方が良いと思います。

走行する前の準備

ワイパーを上げておく

まず、雪が降る場所に長時間(一晩くらい)駐車しておく際には必ずワイパーブレードを持ち上げた状態にしておきます。でないと、雪の重みでワイパーが壊れます。

そういえば、外車だといちいちメンテナンスモードにしなければワイパーブレードを上げることが出来ない車種があったりしますが、そういう車の場合はどうするんでしょうね…。みんないちいちメンテナンスモードに変更してるんでしょうか。

暖気運転

さて、朝起きて車に乗ろうとすると、車に雪が積もっていると思います。まずは運転席ドア周辺の雪だけを落としてエンジンをかけ、暖気運転しましょう。暖気運転は必須ではないですが、暖まるまで寒いですし、冷え切った状態で走行を始めるのは車にとってもあまり良くありません。と言っても、最近はアイドリングストップ条例がある県が多いですが。(ちなみに雪国でも義務化はされていないものの努力規定が設定されている県がほとんどです)

雪を落とす

雪をブラシで落とします。できれば、屋根もボンネットも全部落としましょう。ボンネットに残った雪は走行速度が上がるにつれて少しずつフロントガラスに飛ばされて視界を遮ります。また、屋根の雪は車内が温まってくると接触面が溶け、ブレーキを踏んだタイミングでフロントガラスに滑り落ち、視界が完全になくなることがあります。

運転席に乗ったら、ルームミラー・サイドミラーがちゃんと見えるかどうかも確認しておきます。

走行時

タイヤに大きな力をかけない

まず、これが大前提です。

雪道は摩擦係数が小さい路面です。タイヤと路面(雪面)の間に生ずる摩擦力以上に力がかかったときにタイヤはスリップします。つまり、大きな力がかかる加速/ブレーキや、速度に対して小さいRでカーブを曲がる時がスリップしやすいということです。

速度を落とす

基本的には走行速度を落とすほど雪道は安全に走行できます。走行速度を下げるということは、前述の急な加減速や、カーブを高速で曲がるということを避けることに繋がります。

しかしながら、極端に速度を落として走行するのは迷惑ではあります。雪道だと追い越しが困難なので、一台遅い車がいると皆が迷惑します。法的には最低速度が設定されている区間を除き低速で走行することに罰則は無いですが。

道路というインフラが持つキャパシティを最大限活用するためには、あまりにも走行速度が遅いのは問題ではあります。しかしながら、そんなことは言っても事故る可能性があると判断した時に公共の利益なんて知ったこっちゃないってのが正直なところだと思います。これ以上スピードを上げたら事故ると判断した時は、なんと文句を言われようと速度を落として走行したほうが良いでしょう。

現実的には、速度を落として走行する場合は定期的に見通しの良いところや駐車エリアで退避して後続車に道を譲るというのがベストかなぁという気がします。

カーブで速度を落とす

当たり前かもしれませんが重要です。

スリップしやすいのはカーブを走行している最中です。カーブを走行している時は駆動輪(ほとんどの車は前輪)がスリップしやすいです。速度を落として走行すれば、スリップはかなり防げます。

エンジンブレーキを使う

カーブに差し掛かった時や、信号で停車するときはどのように減速すべきでしょうか。

おすすめなのは、エンジンブレーキを活用してゆっくりと減速することです。ギアを落としてゆっくりと減速していけば、スリップすることはほぼ無いかと思います。ただ、後続車がいる場合はやんわりとブレーキを踏んでブレーキランプを付けてあげて、減速していることを教えてあげたほうがいいかもしれません。エンジンブレーキをかけたごときで追突するのは車間距離を詰め過ぎだと思いますが、まあそのへんは状況を見て適宜。

もちろん、ブレーキをゆーっくり踏んでも同様の効果があります。とにかく、ゆーっくり減速する必要があります。

遠くの交通状況に気を配り、車間距離を開ける

ゆーっくり減速するということは、停車するまでに長い距離をつかって減速するということです。それを可能とするためには、赤信号や停車している車をなるべく早期に察知しなければなりません。遠くの状況にも気を配りましょう。もちろん、前車との車間距離も十分に開けておく必要があります。

発進時はアクセルをゆっくり踏む

路面状態によっては、アクセルを乱暴に踏むと空転して前に進まなかったりします。停止時から発進するときにスリップしてもすぐに事故につながるわけではないです。発進時にタイヤが空転した時はとりあえず落ち着いてアクセルを離し、ゆっくり踏みなおしましょう。

急な上り坂ではなるべく止まらない

4WDでない場合(FF/FRの場合)は急な上り坂で止まるのは避けましょう。発進できなくなる可能性があります。大抵の上り坂では大丈夫ですが、一部の立体駐車場なんかではまれに発進できなくなる事態に陥ります。まあ、そのような場所では融雪剤を大量に巻いていたり、お湯を路面に流していたりという対処がされていることがほとんどですが。

もし急な上り坂で止まってしまった場合で、アクセルを丁寧に踏んでも空転してしまう場合は基本的にはバックで下っていくしか方法がありません。

空転したとしても、ちょっとでも前に進んでいくような状態ならば、TRC(トラクションコントロール)スイッチをオフにしてアクセルをふかしていけば進んで行ったりするのですが、慣れない人がやると車をぶつける可能性がありますので注意。

夜間は積極的にハイビームを使う

これは冬道に限らずやったほうが良いですが。田舎や山間部の明かりが少ない道路ではハイビームにしないと、前方のカーブや障害物に気付くのが遅れます。普段都市部しか運転しない人にはハイビームを使う習慣がほとんど無いでしょうから、忘れないようにしましょう。雪道は急ブレーキをかけれませんから、とにかく障害物やカーブを早めに察知しておくことが大切です。

フォグランプを適切に使う

フォグランプやバックフォグが付いている車は、吹雪の時に使用しましょう。普段からフォグをつけっぱなしにして迷惑をかける車をよく目にしますが、あれは本来霧や吹雪の時に使用するための装備です。

ホワイトアウト時

猛烈な吹雪だったり、気温が低くて風が強く、新雪が積もっているという状況では、降っている雪に加えて降り積もった雪が巻き上げられて目の前が真っ白で何も見えなくなる場合があります。このような場合に驚いて急ブレーキを踏むと後続車に追突される恐れがあるので、速度を落としつつゆっくりと減速して走行します。たいてい、除雪車が道路幅を見極めるために道路わきにポールの類が設置されていますから、それを頼りに走行すれば良いでしょう。

あまりに視界が悪い場合はハザードをつけて道端いっぱいに寄り、停車します。ただ、停車すると追突の危険性が増しますので、一概にこうしたほうが良い、とは言えないのが難しいところです。状況を見て柔軟に判断してください。

路面状態を見極める

雪道の状態は多様です。フサフサした新雪、圧雪、一度溶けて固まった氷の状態、溶けてぐちゃぐちゃになっている状態、アイスバーン、ブラックアイスバーン、除雪が行き届いている状態、下手くそな除雪、上手な除雪…などなど。

その昔、ヨコハマタイヤのCMで「乾いた氷は滑らない」というキャッチコピーが放映されていましたが、これはまさにその通りで、氷とタイヤの間に水分が存在するほど滑りやすくなります。(そして、スタッドレスタイヤもその水分を除去しようと水分を排除するような仕組みを盛り込んでいます)

気温が高くなるほど雪は湿分を持ちます。なので、寒いほど走行は簡単で、暖まって雪が解けてきたあたりが一番危険です。

あとは、雪の表面がつるつるしているか、でこぼこしているかでもグリップ力に大きな差があります。たとえば、除雪車が通り過ぎた直後で路面がつるつるの平面になっているような状態は非常によく滑ります。また、水が流れ出ていて固まったような、ブラックアイスバーンの路面も良く滑ります。

最も走りやすいのは圧雪状態です。適度に路面がでこぼこしていて、気温が低く、乾いた雪の状態では雪上と言えどしっかりとした接地感があり、安心して走ることができます。一番嫌なのはブラックアイスバーンや、ぐちゃぐちゃになっている雪でしょうか。

路面は沢山の車が通ることでわだちができ、路面が露出している所と雪で覆われている部分がまばらになっていることが良くあります。そういうときは、なるべく乾いた路面部分を通るようにすることで、スリップを防げます。

あとは、積雪は無いが気温が低く、路面がぬれていて凍っているかどうか分からず、ブラックアイスバーン(透明な氷で路面の色が透けていて、見た目には氷と判別しにくいところ)を警戒しなければならないような状態では、オーディオをオフにして走行音に注目するというテクニックもあります。路面がぬれているだけで凍っていない場合は「ジャー」という、雨の日に走行しているような音がしますが、凍っている場合は乾燥路を走行しているのと同じような音がします。

車についている外気温計や、道端に設置されている気温計で路面が凍っているかどうかを判断するときにはちょっと注意が必要です。

たとえば、-1℃と表示されていたとしましょう。もしこれが朝だったならば、路面の雪(氷)は氷点下から徐々に温められてきているので、まだ凍った状態と考えられ、危険性はそこまで高くありません。しかしながら夕暮れ時で路面に雪がある状態であれば、日中に溶けた雪がまだ凍りきっていないために、スリップの危険性が高いと判断できます。このように、単に温度だけを見るのではなくてどういう状態に遷移しつつあるのかを考えることが必要です。

舵角とヨーレートに注意する

これはちょっと難しいかもしれませんので、参考程度に読んでください。

カーブを曲がるときは、ハンドルを切った角度に対して車が意図したライン(乾燥路を走行している時に描くライン)を描いて曲がっているか、膨らんだり、内側に頭を向けていたりしないかに注意しておきます。FF車ではたいてい前輪が滑り始めるので、ハンドルを切った角度に対して本来走行するはずのラインから膨らんでいくような感じでスリップします。雪道でFF車の後輪が滑っていくことはほぼ無いと思います。後輪の荷重が抜けるほどブレーキが掛かる前に前輪が滑っていきます。FRではたいてい後輪が滑り始めるので、車体がどんどん内側を向いてスピンするような感じでスリップします。

もし安全で広い場所があるならば色々走ってみて、どのくらいのRのカーブに対してどのくらいの速度が限界なのかという感覚をつかんでおくと雪道走行テクニックはぐっと向上します。

スリップし始めたときの対処

もし、スリップし始めたことに気づいたら、どうすればいいでしょうか。

ネットで色々検索してみますと、「こういう場合にはこういう方向にハンドルを切った方が良い」という解説がたくさん出てきます。それらは原理としては正しいかもしれませんが、雪道走行に慣れた人が反射的に行うならまだしも、知識として記憶しておいてスリップし始めたときに思い出しながら対処できるものではないです。

最近の車はVSC(横滑り防止装置)が広く搭載されていますので、個人的にはもう「スリップし始めたらアクセルを離してハンドルを現状位置でしっかりホールドして様子を見る」という、機械任せの対処方法が一番確実ではないかと思います。

まとめ

雪道の運転はハードルが高いと感じる方も多いでしょうが、ここで述べたようなことを注意・実践すれば初めてでもそこまで難しいことでは無いと思います。そもそも、雪国に生まれ育った人は、どこかで初めての雪道での運転を経験して、事故を起こすことなくその後も運転し続けてるわけなので。