ノートe-PowerとSwiftがすごい

あけましておめでとうございます。

こないだ、「今後読みたい記事」の質問投票を一新しましたが、「車の勝手な見解垂れ流し」が思いのほか人気だったので、適当に思っていることを書いてみます。

ノートe-Powerがすごい

「各社のハイブリッドシステムの違いをまとめた」で「面白くない」とdisりましたが、打って変わってノートe-Powerがすごいのではという気がしています。

もげ.さんのブログでも試乗記が書かれており、「右足と駆動輪が繋がっている」と表現されております。シリーズハイブリッドやEVは変速機やクラッチを無くすことができ、ノートe-Powerやリーフはまさにこの表現通りのシステムとなっています。システムの構成要素が増えれば増えるほど基本的に応答は悪くなっていきますから、シンプル・イズ・ベストということですね。

そして私が良いと思ったのはやっぱりコストパフォーマンス、そして車両重量。

コストパフォーマンスに関しては、e-Power最下級グレードが177万円ですからね。ホンダのシリーズハイブリッドを見るとむやみに高いですが、あれはエンジンと大きいモーターという二つの完全な動力源を持たなくてはならないからコストが高くなるのだと思っていましが。やるねぇ、日産。っていう永ちゃんが思い浮かびました。あ、ごめん。やっちゃえ、日産でした。ただ、それでもガソリン車との値段差は大きく開いてますから、コストパフォーマンスの「パフォーマンス」を運用コスト(燃料費)に見出すならばやっぱりガソリン車のほうがお得になりそうです。

車両重量も最廉価グレードで1170kgとハイブリッド車としてはかなり軽いですね。ガソリン車の最下級グレードは1030kgですから、そもそもの設計が軽いのでしょう。シリーズハイブリッドということでモーターも大きなものを搭載しなければならないですし、バッテリも必要ですが、クラッチや変速機が不要な分で重量が軽減出来ているのだと思います。

あとは、高速巡航用にエンジン出力から車軸に直結することが出来ない機構になっているという点で、高速巡航時の燃費はガソリン車よりも劣ると予想されますが、街乗りがメインの使い方であれば問題にはならなそうです。贅沢ですが、CX-5のセカンドカーとしてe-Powerがほしいなと思いました。いや、みなさんが沢山ブログにアクセスしてくだされば買えるんですよ?買えるんですけどねぇ…。たくさんアクセスしてくれればねぇ…。

Swiftがすごい

いつのまにかSwiftが新型になってました。

公式サイトの写真を見ると、外観も内装も良いし、ADASもついてるし速度追従クルコンもついてる。さらにメーカーオプションのメモリーナビを選択すればAndroid Autoが使えるらしいですよ。へー。古くならないマツコネはいつ対応してくれるんですかね。買ってからバグ修正だけで一向に新機能追加が来ないんですが。

最近のスズキが良いと思うのは、小型車でもちゃんと速度追従クルコンを装着できるところですね。小型車で速度追従クルコンをつけてる車種ってあんまり見ない気がします。

それでいて価格帯は134〜194万円とかなり安い値段設定です。私はコストパフォーマンス教の教徒ですから、完全に興味がマツダからスズキに移ってしまっています。

パワートレーンは1.2L、1.0Lターボ、1.2Lマイルドハイブリッドの三種類ですね。ミッションはCVT、MTの外、ターボモデルでは6速ATになってます。多段ステップAT派の私としては1.0Lターボモデルが気になります。ただ、なぜターボモデルだけ6ATなんでしょうか…。CVTのトルクの許容量が足りなかったとか?

もし私が独身だったら絶対に小型車を買っていると思うのですが、今だったらノートe-PowerかSwiftのどちらかを選ぶ気がします。長距離が多ければSwift、街乗りメインだったらノートかな。なんとなく。