【質問#70】職場の不満について

質問・悩み相談の回答です。

質問

初めて投稿させていただきます。xbar と申します。
こちらのサイトは何年か前から拝見させていただいており、いつも更新楽しみにしております。

このサイトで一番楽しみにしていたのは、管理者様が転職を悩んでいた頃の職場関係の話題です。その頃追い詰められていたのでしょうか、管理者様の相手に対する機知に富んだ毒舌と、文体から滲み出すどす黒い感情。非常に魅力的でした。
今でもその語り口や相談などで見せる軽快な文章は好きですが、その頃の絶対的な負のエネルギーが最近の管理者様の日記からは感じられず、一抹の寂しさを覚えます。どのような感情であれ創作には強いエネルギーが必要かと考えております。
(ちなみに次によく見るのは技術系の文書で、一番見る機会が少ないのは車の話題です。技術はたまに見るのですが車種などは全く興味がなく、大変申し訳なく思います)

ひょっとして、職場の不満などは解消されてしまったのでしょうか。それはそれで非常にめでたい事ですが、今の現状や、もし今でも職場への不満などございましたらサイトで面白おかしく語っていただけると非常にありがたいと思いますので、どうぞご検討ください。

回答

その頃追い詰められていたのでしょうか、管理者様の相手に対する機知に富んだ毒舌と、文体から滲み出すどす黒い感情。非常に魅力的でした。

マジすか。

これをやめた一番の理由は、結局愚痴を言っていても何も解決しないばかりか、見る人にとっても不快だろうと思ってのことでした。人を批判するよりもプラス思考な考えを表明したほうが見ている人にとっても気持ちが良いと考えたからです。しかしながら、今回以外にも「以前の方が良かった」「XXXという記事を書いていた頃のほうが良かった」と言われることも多く、最近はそれを取り戻すべく意識して書いているような気もします。

改めて考えますと、確かにプラス思考な考えだけで満ち溢れていたら、それはたとえば小説で述べるならば素敵な恋愛小説や壮大なサクセスストーリーだけでラインナップが固められているようなものでして、もっと全然救いようのない話だとか、誰も幸せにならない話だとかも読みたいですね。

ということでやってみたいと今決めたのですが、

どのような感情であれ創作には強いエネルギーが必要かと考えております。

これも事実です。精神的にきつかった時代のほうが良い記事を書けていたんですよね。あの頃ほどのエネルギーは今はもう無いので、どこまで出来るかちょっと不安ではあります。

(ちなみに次によく見るのは技術系の文書で、一番見る機会が少ないのは車の話題です。技術はたまに見るのですが車種などは全く興味がなく、大変申し訳なく思います)

とんでもないです。私の記事を選別せずに全部見ている人はごくごく少数ではないでしょうか。私がいろんなことに口を挟み過ぎなのだと思います。妻は「長い記事は読まない」とバッサリですし、友達も「プログラムの記事とか絶対読まない。車とか家電の記事しか読まない」と言っています(イエ〜イ、言った友達見てるぅ?)。

ひょっとして、職場の不満などは解消されてしまったのでしょうか。

このあたりは余談ですが少し詳しく書いてみたいと思います。

まず、職場の不満は解消されたわけではないです。相変わらず不満たらたらです。転職もまだ希望していますが、転職したいと思える企業は見つからず、今は転職活動もしていません(再開は来年〜再来年となると思います)。ただ、いくつか変化がありました。

ひとつは機械学習や人工知能が流行ったおかげでそっち方面の仕事ができるようになったということです。我社にこれらの知識がある人は非常に少ない(自分以外聞いたことが無い)ですから、ほぼ独占状態で、代わりにつまらない仕事をしなくても良くなり、かつ、かなりの部分に裁量が効くようになりました。転職したいという理由の二番目の理由が機械学習を仕事でやりたいということだったので、これが今の組織で叶ってしまったわけです。

もうひとつは、来年か再来年から短時間勤務を申請して徐々に社外の活動のほうに軸足を移していこうと考えています。フリーでの仕事を増やしていき、それが上手く行けば最終的には自営業に、もっと上手く行けば法人化、ダメならそのときに転職、転職もダメなら死んだ顔をしつつ現在の会社に寄生して定年まで働くという算段でおります。