YOKOHAMA iceGUARD SUVを買いました

dsc_3996

買った。装着した。

YOKOHAMA党

私はヨコハマタイヤ派です。

私は東北出身ですが、雪国ではやっぱりブリヂストンがスタッドレスでは人気だったように思います。私が居たころだと、MZ-03とかREVO1とかいう世代でしたね。その後もREVOシリーズは進化を重ねて今に至ります。

対するヨコハマタイヤは、昔からiceGUARDシリーズを作っていました。私が秋田に住んでたころだと、IG-10世代でした。その後IG-20が発売され、前に乗っていたプリウスでは冬にIG-30を装着していました。

値段を見てもブリヂストンの方が高めなんですよね。で、値段の分効く…のかは分かりませんが、ともかく、雪国ではブリヂストンが多かったです。たまにヨコハマ、稀に金の無い学生などが台湾や韓国あたりのスタッドレスタイヤを買っているという感じでした。

私がなぜヨコハマタイヤ好きかというと、流行ってるものが嫌いだからです。いや、タイヤに流行りとか関係ないんですけど、ともかく、皆が選んでるものを無条件で選びたくなかった。かといって中国台湾あたりのタイヤは夏タイヤならまだしも冬道では恐ろしい。ということでブリヂストンよりもちょっと安いヨコハマということになりました。

で、肝心の性能ですが、iceGUARDのタイヤで雪上をたぶん累計1万kmくらいは走ってるんじゃないかと思うのですが、危ない目にあった経験は皆無です。私が思うに、車両側の性能向上も大きいと思います。昔の車に比べてもABSやVSCなどの電子制御が発達したおかげで、雪上ではFF車でもかなり安定した走りができるようになりました。

というわけで、CX-5を買ってからもヨコハマにしよう…と思っていたのですが、iceGUARDってSUV向けタイヤないんですよね。これだからSUV嫌なんだよなー。私がSUVを毛嫌いしていた一番の理由はタイヤがデカくて高くて、しかも欲しい銘柄のタイヤがSUV用には作られてないことがほとんどだからです。ほとんどというか、SUV向けはSUV向けというカテゴリで独立しているじゃないですか。どのメーカーも。それが嫌だった。選択肢が減るから。

そんでヨコハマのSUV向けスタッドレスは何だ…と調べてみたら、なんと、GEOLANDARなんですよ…。今ついている夏タイヤもGEOLANDARなんですよ…。なんで夏タイヤとスタッドレスで同じ名前なんだよ!わっかりにくいだろうが!と思ったのですが、よく見るとスタッドレスの方にはGEOLANDAR 「I/T-S」という良くわからない記号がついていました。なんだよこれ…。

そもそもGEOLANDARって名前がなんか嫌なんですよね。すげーオフロード走行頑張ります!みたいな名前じゃないですか?でも最近のSUVなんて車高高いだけのフツーの車であることが多いじゃないですか。そこらへん勘違いしてるというか、大げさすぎるところも個人的に気に入らないというか。でもヨコハマフリークとしては…買うしか…無いのか…。

と思っていたところ、なんと今年の9月にGEOLANDAR I/T-Sが販売終了となり、後継製品としてiceGUARD SUVというタイヤが登場したそうです。やったぜヨコハマ!さすが!

というわけで早速買いました。

dsc_3996

dsc_3998

dsc_3999

1週間くらいドライ路面を乗りましたが、

  • 乗り味はしっとり
  • かなり静か。サマータイヤと大差なし
  • ドライ路面のグリップ性能もかなり高い
  • 転がり抵抗も小さ目な気がする(少なくともサマータイヤからの差異は感じない)

という感じです。まだ雪上を走ってないので何とも言えませんが。今年は年末に帰省するので、存分に雪道を走行してきます。