【質問#61】考える力がない自分が人生を立て直すには

質問・悩み相談の回答です。

質問

いつも楽しく拝見させて頂いております。

今回は恐らく同年代であろう(30代前半)withpopさんにどうか話を聞いて頂きたいと思い投稿いたします。

いきなり後ろ向きな発言になりますが、私は本当にレベルの低い人間です。
このままではいけないとは思いつつ、改善の糸口がわからず悩んでいます。
だから他の方の質問と違い、質問も本当にレベルが低いかと思います。正直恥ずかしいです。
でも私は真剣に悩んでいるため、もし宜しければ回答頂ければ嬉しく思います。

現時点で問題に感じているのは、以下の点です。

・仕事ができない。年収が低い。
・物事を考え、判断・改善する力がない。
・何に対しても自信がない。持てない。
・興味がないことにどうにもやる気が出ない(仕事、家事、etc)。
・以上の事から妻からバカにされている。

いろいろ挙げましたが、まとめると総じて「考える力が弱い」「ネガティブ」ということだと思います。

まず仕事ができません。あまり興味が持てません。
一応IT業界の端くれで、今は病院のシステムの運用の仕事をしています。
元々開発がやりたくてIT企業に入りましたが、早々に社長から「お前は開発には向いていない」と言われ、以来運用の仕事をしています。
ただ、ちょっとした小道具のバッチやVBSを組んだだけで満足してしまう自分を見るに社長の目は正しかった気もします。
今は別の会社に移り3年が経ちますが、扱っているシステムに深く興味を持つことができずにいます。
ですから当然、モチベーションも低く成果も挙げられていません。
年収も低く(300万以下)、生活も苦しい為転職したいと何度も思いましたが、
年齢的にも全く未経験の仕事を一から選ぶのは難しいと感じており、
同業種で探したとしても、こんな自分を今より良い待遇で取ってくれる企業など無いとも思えます。

こうなってしまった原因は、考える力を付けず、自分自身を甘やかしてきた為だと痛感しています。
これは自業自得で、他人のせいにしてはいけないと思いますが、私は一人っ子で子供の頃から親に何もかも御膳立てされた為、自分で考える習慣が育たなかった、と考えてしまう自分もいます。
とはいえ、結婚後に現状が辛いと感じていたにも関わらず改善策を考えられず、流されるままに人生を送ってしまった自分にも非があるといえます。

家事も苦手で、これまたモチベーションが低く、気をつけても同じミスを何度もしてしまいます。
元々気が利かない性格で、共働きさせている妻にどう気遣いをして良いかわかりません。
以上のことから、妻からバカにされています。口を開けばバカ臭い汚いのオンパレードです。
2歳の娘がおり、今はとても懐いてくれています。
妻が娘に自分の悪口を吹き込んでいる為いつそっぽ向かれてもおかしくありません。
しかしいつまでも父親にべったりして欲しいかというとそうではありませんし、私と違い前向きで自立した、思いやりのある大人に育って欲しい。

数少ない長所と言えるのは、できない人間の気持ちがわかるということでしょうか。
たまに他の人に悩み事を相談された時、いたく感謝されたことがあります。

本当に自分でもよく結婚できたなと思います。
たぶん、自分の今の諸問題を解決し、年収が上げることができれば、家庭環境も幾分良くなるのではと考えています。
しかし、自分に欠点が多すぎてどこからどう改善していけば良いかわからず、悩んでいます。

昔から自問自答を繰り返し、論理的に考えながら今の地位を築いていらっしゃるwithpopさんに何かアドバイス、叱咤の言葉など頂ければと思います。
重い質問で申し訳ございません。自分自身で考えるべき問題とも思います。
しかし、なんとか現状の自分を立て直し自分にとっても周りにとっても良い人生にしたいです。
文もまとまりがなく申し訳ありませんが、何卒宜しくお願いいいたします。

回答

質問の文面は限りなく暗く閉塞感が漂っています。なんとなくですが、論理的にこうだと説明するよりはもっと自己啓発的・精神論的な回答をした方がよいのかなと思ったので、そうします。

まず何よりも、ご自身が指摘している通り、自信の無さが文章に如実に表れているように思います。「考える力が弱い」「ネガティブである」「能力が低い」「考える力がない」と自身を表現しておられますが、本質は自信の無さにあるのではないでしょうか。自信が無いので何事もネガティブに考えてしまい、その結果自身の能力が低いという結論に至ってしまっているのではないでしょうか。なのでここでは特に自信を持つための方策について述べます。

なお、以降の文章では見方によっては質問者様に失礼な表現も含まれていると思いますが、それは考え方を改める方法を説明するため、と解釈してください。

まず、自信の付け方について説明します。自信をつけるには、適切な目標設定と自己承認からなる正のフィードバックループが大事だと私は考えています。どういう事かというと、まずは何でも良いので実現可能な目標を設定し、それを確実に実行して「俺ってやれば出来るじゃん」と半ば無理やりにでも自分をほめます。そして即座に次の実現可能な目標を設定し、またそれを実行して「やればできるじゃん」と認めてあげます。たまに、他人と自分とを比較して「あいつに出来ないことが俺にはできている」という点を見つけてモチベーションを維持します。

自信の基礎となるのは「実績」です。だから実績が多ければ多いほど自信も大きくなります。「過去の辛かった経験をを乗り越えられたのだから、今回も乗り越えられるだろう」という楽観さを身につけます。これこそが自信です。将来の問題やタスクに対して適切な対処をするための引き出しを増やしておくのです。そして、そのような実績を重ねるのには向上心やモチベーションを維持し続けることが必要です。そのためには承認欲求を満たしてあげることが重要です。

子育ての場合は親が褒めてあげれば良いのですが、大人になってから「おー、よちよち、お前は偉いねえ」と褒めてくれる人は居ないので自分で褒めるしかありません。大人になって褒めてくれる人なんて普通居ないです。自分自身くらいのもんです。その自分自身すらネガティブな発想にとらわれていては承認欲求は永遠に満たされません。自分くらいは自分のことを褒めてあげましょう。これが第一段階です。

じゃあどうやって褒めるかと言うと、無理やりにでもポジティブな考えに変換してみるのです。今回のご質問を例に挙げましょう。

ちょっとした小道具のバッチやVBSを組んだだけで満足してしまう

そもそも、小道具を作るという発想が技術者としては必須の素質の一つです。バカは与えられた作業を変えようとしません。そうではなくて、問題点を発見し、それを効率化する小道具を作るという改善を、誰に指示されることなく行えるということは素質の一つをすでに満たしています。

質問からはちょっと逸れますが、プログラマは面倒くさがりであるべきだと私は思います。プログラマは現実の問題を計算機に解かせるのが仕事ですから、面倒くさがりでないと現実の作業を自分でやってしまいます。これでは仕事は変わりません。「まじめに仕事する」だけが取り柄の人で終わってしまいます。

そして、「満足してしまう」と書いていますが、「満足」がすでに先ほどの承認欲求を満たしているポイントなのです。あなたは業務を改善するためのソリューションを作った。それが実績であり、自信へとつながる大切な道筋なんです。その満足感を決して忘れてはいけません。ましてや、満足「してしまう」などという言葉を考えてはいけません。あなたは仕事の楽しみを見つけることが出来たんですから、その芽を摘んではいけません。

早々に社長から「お前は開発に向いてない」と言われ、(中略)社長の目は正しかった気もします

正しくありません。先に述べたような素養を見抜けなかった社長の目は節穴です。たまたま運用側に欠員が出て、本人の意向を無視してでも当てはめたかったというだけでしょう。というか、「早々」に「開発に向いてない」とか人様にしゃーしゃーと言う時点で何様かって話ですよ。社長なんて肩書は法務局にある登記の代表者に印紙代払って自分の名前を書いてもらっただけの存在でしかないんですから、それをもってして「俺は偉い」みたいに上から目線になってるのはただ偉ぶりたいだけで大した人間じゃないんですよ。

モチベーションも低く成果も挙げられていません

そのVBSスクリプトは成果の一つです。その成果を忘れなければモチベーションは後からついてきます。

年収も低く(300万以下)、生活も苦しい為転職したいと何度も思いましたが、(中略)今より良い待遇で取ってくれる企業など無いとも思えます

開発者としての素養があって伸びる余地がある人を300万以下という低賃金で雇って成長するための余地も与えないような社長の下にいるよりもマシな環境が一切ないなどという可能性はほとんど無いでしょう。転職活動で待遇を聞くのはタダでできますし、転職活動自体がいろんな人に出会えていろんな人の話を聞けて面白いですから、気軽に転職エージェントに連絡してみましょう。たとえ転職に至らなくても得られるものは多数あります。未知のつながりを発掘して、自分の足であちこちの企業に行ってみるという事自体が自信につながる実績の一つになります。

共働きさせている妻にどう気遣いをしていいか分かりません
妻からバカにされています。口を開けばバカ臭い汚いのオンパレードです

冒頭で能力が低いことを理由に馬鹿にされているという旨を書かれていらっしゃいますとおり、奥様は本当にバカ臭い汚いと思っているのではなくて、そういったネガティブな考えを持った夫を否定的に感じているのでしょう。花の一つでも買って「いつもありがとな。少しでも家族に良い暮らしをさせたいと思ってるから、転職活動を始めたんだ。新しい仕事が決まるまではさらに苦労かけるかもしれないけど、新しい仕事が決まったらみんなでフレンチでも食べにいこう」とか言えばいいんですよ。女なんて花・うまい飯・ちょっとした旅行・子供の居ないショッピング・子供の居ない友達とのランチのいずれかを定期的に与えていれば何とかなります。

重要なのは思っていることを口に出し、行動に移すという事です。別に嘘つているわけでもないし悪い事してるわけでもないんですから、奥様をねぎらい、ご飯に連れてってあげることを躊躇する理由はありません。

2歳の娘がおり、今はとてもなついてくれています。妻が娘に自分の悪口を吹き込んでいる為いつそっぽを向かれてもおかしくありません。

私と違い前向きで自立した、思いやりのある大人に育って欲しい。

2歳から母親に父親の悪口を吹きこまれた女児は前向きで思いやりのある大人には育ちません。人の所為にして依存が多い大人になってしまいます。奥様が娘さんに悪口を吹き込むのは質問者様自身がつらいだけでなく子供の教育にとっても悪影響しかないのは明らかです。やったらイカンことです。誰の目にも明らかにやったらイカンことはやったらイカンとはっきり言うべきです。正義はあなたにあるのですからそれを行使するのが父親としての役割です。今すぐ「子供の教育に悪いからやめろ」とはっきり言うべきです。

奥様を気遣うというのは、悪い事をも指摘せず波風立てず暮らそうとするという意味では決してありません。アカンことをアカンと指摘して家族を正しい形に引き戻すのが本当の意味での気遣いです。私が思うに、奥様も多分それを望んで、悪い事を承知で言っている節があるはずです。はっきり言えば分かってくれるはずです。分かってくれないのなら分かるまで主張し続けましょう。一時間毎にしつこく話しましょう。いかなる理由があろうとも、子供に悪口を吹き込んで良い理由など無いのです。子供のためにも絶対折れてはいけません。

数少ない長所と言えるのは、できない人間の気持ちがわかるということでしょうか。
たまに他の人に悩み事を相談された時、いたく感謝されたことがあります。

本当に自分でもよく結婚できたなと思います。

奥様は他人の気持ちを深く理解できるところに惚れて結婚したのでしょう。そして、娘さんがなついているのも同じ理由でしょう。性格は遺伝しますから。あなたが奥様から結婚相手として選ばれ、生まれた娘さんになつかれているということこそが、魅力的であるという一つの実績なのです。世の中には性格がどうしようもないクズだから結婚できない男もごまんといます。そんな中で結婚できたという点に素直に優越感を感じるべきです。年収が低いとおっちゃっていますが、逆に考えれば年収が低いにもかかわらず結婚できたのはそれだけ内面が人よりも優れていたからです。

人の弱い気持ちを理解でき、そのうえでさらに確固たる自信を身に着けることが出来たならば控えめに言っても無敵です。家庭や人生の諸問題など無いに等しくなるでしょう。

年収を上げることが出来れば、家庭環境も幾分良くなるのではと考えています。
しかし、自分に欠点が多すぎてどこからどう改善していけば良いか分からず、悩んでいます。

年収が上がれば自動的に家庭環境が良くなるのではなくして、家族に良い生活を提供するために年収を上げる努力をする姿を家族に見せることで家庭環境が良くなります。この場合、年収が上がるのは単なる結果でしかありません。

また、年収を上げるために欠点を改善する必要はありませんし、そもそも欠点を改善するという発想自体に無理があります。360°全方位で欠点のない人間など居ません。欠点があって当然なのです。欠点を改善する必要があるのは、目標を達成するために必要な場合のみです。古今東西、すごい業績を残したが人間的にはクズであったとか、酒乱で人を困らせたとかいうエピソードはたくさんあります。細かいことは気にしない行きましょう。

まずは年収を上げるために必要なことをブレークダウンして細分化しましょう。その中で障壁になりそうな欠点があれば、そこだけにフォーカスしましょう。同時に、ボトムアップでとにかく足を動かし手を動かし、転職エージェントに連絡を取り、家族に転職すると宣言して声に出し行動にしましょう。家族のために頑張る父親を見ても何も気持ちが動かないような人とあなたは結婚したわけではない筈です。あなたの娘さんは頑張る父の姿を見て何も思わないような遺伝子を持っているわけがないはずです。口に出して行動に移した瞬間から家庭環境は改善します。

最後に、何度かこのブログでも書いている私の(私が作った)座右の銘を書いておきます。

人生はあなたの思い通りになります。

もし、ネガティブな考えを持ち、家族に申し訳ないと思い続けて暮らしたら、閉塞感が漂い申し訳なさに満ちた人生を送ることになります。そうではなくて、もっと欲望を持ちましょう。やりたいことをやって生きましょう。デカい家で暮らしたい。ランドクルーザープラドに乗ってキャンプに行きたい。家族みんなでディズニーランドに二泊三日で行きたい。家族で海外旅行したい。家族で旨いフレンチを食いに行きたい。楽しまないとあっという間にジジイになります。そして、本当に楽しいのはそのような目標を見据えて頑張っている時が一番充実していて活力に満ち、人間的に輝いている瞬間なんです。ランドクルーザープラドに乗ってるから偉いのではなくて、いつかランドクルーザープラドに乗ってキャンプに行こうぜって家族と話をしている瞬間が一番幸せな時間なのです。

こうでありたいという欲望を持ち続ければ、自分の行動は自然にそれを叶える方向に向いていきます。すると人生は理想に向かって進みはじめます。だから、人生は思った通りになるのです。

ぜひ、欲望に身を任せて欲望に向かってF-14トムキャットから発射されるAIM-54Aフェニックス誘導ミサイルのように突き進んでください。それが一番健康的で楽な生き方です。