大きい組織のトップ層は馬鹿しか居ないんじゃないか説

愚痴です。

私はこれまで、何度か偉い立場にいる人と仕事やプライベートで話す機会が何度かあった。また、そういう人たちの考え方を述べた本や記事などを読むことも何度かあった。

すると、だいたい、自分で事業を興して会社を上手く流れに乗せてきた方は、まあそういう実績があるということを知っているというひいき目みたいなものもあるんだけど、「うわー、すごいなー、やっぱ偉い人は考え方が違うなー」と感心しきりになる。

一方で、大きい組織でのし上がってきたタイプの偉い人は「えっ、この人これで部長なの?取締役なの?社長なの?」って感じの人が多々いる。

わが社もそういう人が多く、また客先でもそういう人は多いのだが、そういう人たちに何かを報告したり議論しに行くたび辟易とする。そういう人たちに共通しているのは

  • 人の話を聞かない
  • 自分の判断が絶対だと信じている
  • 固定観念が強い
  • 自分が求める答えが返ってくるまで納得しない

というあたり。

こないだも偉い人に報告しに行ったのだが、こちらの報告書は1文字も読まず、最初から結論ありきという状態で話をしていた。俺は時間が無い。聞く価値が無い話は聞かない。のようなことを延々と話すのだが、聞く価値があるも何も、われわれはそもそもまだ報告をしていないのである。聞く価値が無い話は聞かない、それは結構である。しかし聞く価値があるかどうかは報告をある程度聞いてみないと分からないだろう。それすらせず聞く価値が無い話は聞かない。とだけ述べるのはやはり「お前らの話には聞く価値が無い」と決めつけているからであろう。もちろんアポをとっているので何の話か、アジェンダは何かも事前に伝えている。なのに、開口一番、「何の話?」だから本当に困る。弊社では新人に「人を集めて会議するならアジェンダは送ろうな、議論がすぐに終わるように多少は内容を考えような」という旨を指導しているが、経営トップ層がそれを出来てないんだからな。

というか、聞く時間がもったいないみたいなことを繰り返しまくし立ててる割に、会議が始まる前は事務の女の子とずっと喋っていてその間10分弱我々は待たされていたのである。

そうして口から泡を飛ばしつつギャーギャーと「お前らにそんな仕事が出来るわけがない」「俺がXXXのときはYYYをしてそれはもう凄かった」という具体性のない話を1時間弱も話をしやがって、しかも、突然舌なめずりしたり笑ったかと思えば急に怒り出したり、途中から私は「このオッサン酔っぱらってんのかな?」「認知症の始まりなのかな?」などと考えていた。結局、我々が喋っていたのは1時間弱の間でたぶん2分に満たなかったと思う。偉い人は全然人の話を聞かない。

たぶん、会議が終わった後も「また無駄な会議だった。聞く価値が無い事を延々報告させられる」などと件の事務の女の子に愚痴っているのだろう。あれ、もしかしてこの人馬鹿なんじゃないかな?と思うのは至極当然のことである。

完全に想像になるのだが、自ら事業を興した人は自分の専門のみならず会社の事を全て自分でやらねばならず、多方面の人と付き合うということをしてきたために視野が広く、寛容的で、様々なことを知っているから尊敬を得ることが多いのではないか。その一方で、組織の中で生きてきて組織の中で長になる人というのは、組織の中で生きてきたからこそその組織のことを上手くハンドリングすることも出来るかもしれない…が、同時に組織の中で生きてきたために視野が狭くなってくる。自分の組織のこと、自分の周囲のこと、そしてギリギリでステークホルダーしか見ていない。そういう状態で権力を与えられ、皆がその権力に従ったらどうなるか。「俺は常に正しい、俺のやることが正だ」という考えになるのは当然である。

で、トップ層がアホの馬鹿なので会社がつぶれるかと言うとそういうこともない。なぜならば中間管理職以下がなんとか会社を回すために頑張っているからである。中間管理職は上からも下からも突かれて大変とよく言われるがまさにその通りだと思う。トップの指示に従ってたら仕事が回らないので、体面上従ってるふりをして横のつながりを確保、互いに連携しつつ社長に都合の良い真実を作り上げ各々がまっとうなビジネスを進める。その結果、トップダウンでありながら中間管理職周辺で妙な横方向の連携が強まるというのが日本組織の特徴だと思ってる。

ちょうど、どんなに脳みそが馬鹿であっても毎日腹が減り飯を食いウンコをするという行動に似ている気がする。つまり、大脳新皮質がスカスカでも自律神経系はまっとうに生物としての役割を果たすので馬鹿でも天才でも腹が減ればメシをくってウンコをする。必要なときに必要なことをしてビジネスを回している。蓋し優秀ではないか。

あと、「CTOの募集につられて入社したら、トップ周辺数人の会社運営ごっこに付き合わされてるだけだったという構図はベンチャーで良くあるから注意してな」みたいな話を定期的に耳にするが、何のことは無い、大企業も大体似たようなもんなんじゃないか。とも思った。