幼稚園はサービス業なのか

ちょっと色々思うところがあったので書いてみる。

私の家では長女が幼稚園、次女が保育園に通っている。で、この長女が通っている幼稚園が近所では比較的人気の高い幼稚園の一つである。人気なので入園者はくじ引きで決める。というか、ここらへんの幼稚園はほとんどくじ引きで決めているっぽい。じゃあ良い幼稚園に入れるためには運が必要なのか…というとそんなこともなく、評判の良い幼稚園はいくつかるので、そのどれかには入れる感じだ。だから幼稚園環境としては比較的恵まれている地域なのかもしれない。

その幼稚園を選んだのは嫁さんだが、私も一応見学には行った。園庭が広かったし、山が近くにあるので田舎っぺとしては心が惹かれた。稲を植える体験などもやるらしい。私の実家でも米は作っているし、小さい頃はよく田んぼで遊んだ。その経験が大人になってから何か役に立っているかというとまあそんなことはないのだけど、人間は自然とか緑とかオーガニックとかいう言葉に惹かれやすいのでなんとなく私は田舎が好きだし、稲作も好きである。まあそんなことを思いつつ、くじ引きにあたったので通わせることになった。

その後、運動会や発表会がある都度幼稚園に行って世間の父親と同じように場所どりやカメラポジション取りなどに苦労することになるのだが、まあそれは置いといて、そういう行事に行く都度思うことがある。

親に配慮し過ぎなのである。

あまり具体的なことを書くとどの幼稚園かバレるので書かないが、どのイベントでも必ず親が喜びそうな何かを織り込ませてくる。たとえば、サプライズ的な感じで親に感謝する歌を歌ったり、親に対して子供が幼稚園で作ったプレゼントを持ってくるなど。例えば「おかあさん産んでくれてありがとう おとうさん育ててくれてありがとう」などという歌を歌ったりして、親の中には泣く人もいる。私が思うに、幼稚園児が心からお母さん私を産んでくれてありがとうなどと思うかぁ?そんなに精神発達してないだろ、って感じなのだが、先生曰く、練習中に感極まって泣き出す子供も居るらしく、というか自分の娘も歌の練習中に母を思い出して泣き出したりしたらしく、子供なりに思うところがあるのだなあ。と思った次第。

でもまあ、それは女の子だから子供であっても感受性が高いのだなと思った。中にはそのありがとうの歌を歌っている最中に水筒をグビグビ飲みまくってる子もいて、自分はどちらかというとこういうタイプだなと思った。

まあそれはともかく、幼稚園教育的には成功していると思うし、誰も損してない、むしろ子供も親も、そして先生側もたぶん教育が成功しているという点でプラスなのだから何も言うことは無いんだけど、どうもちょっと私の心の中では薄っすらとこびりついた茶渋のような違和感が。

あとは普段も昼ごはんを食べる際に「お父さん、お母さんありがとう」と言ってから頂きますを言うらしく、これもちょっとどうなんだろうなあ?という気がする。私は昼ごはんを食う際に感謝すべき人はその料理や食材を作ってくれた農家や給食センターのおばちゃんに感謝すべきであると思う。関係ないけど私はPCパーツを開封するときは「台湾の工場の人ありがとう」と思いながら開けるんだけど、こないだASUSだったか、製造工程を完全自動化した生産ラインを構築したとかいう話であったから、じゃあ感謝すべきは台湾の工場のロボットアームありがとうになるのかな?ロボットアームをメンテしている技術者ありがとうかな?などと思った。

まあそれはいいんだけど、その昼飯ですよ。家で作ってきた弁当を食う際に「お母さんありがとう」ならわかるけど、給食センターか園内の調理室かで作った料理を食べる際に両親への感謝ってなんなんだろう?そこは作ってくれた給食センターのおばちゃんありがとうで良いんでないのかな?たしかに出資者という観点では親は関与しているのだけど、親が金払ってくれたからありがとうって、そんな子供いるかぁ?給食センターのおばちゃんよりも出資者の方にありがとうってなんか資本主義的過ぎないかぁ?と思うのである。将来、ビルの清掃の仕事をしてる人を馬鹿にしたりしない?と不安になるのである。

そもそも、幼稚園というのは子供を通わせることで親が楽できるという側面もある。まあ我が家みたいに共働き家庭で保育園に入れれないとかそういう事情があって幼稚園に入れる人も居るのだろうけど、たとえば専業主婦家庭とかは、子供預けてからママ同士ずっと喋ってたりするだろ?家に帰っても録画したドラマとか見るだろ?とまあ女性側だけ悪く書くのもあれなんで男側も書くと、絶対世の父親だって子供がめんどいと思うときは100%あるのであって、だから幼稚園に行ってくれてたほうが楽だわー、土日も月一回くらい見てくれないかなと思ったことは一度くらいはあるはずである。

で、その親の手がフリーになって仕事や趣味に熱中できるわーという面も幼稚園(保育園)にはあるわけで、その通ってる最中にも子供には親賛美の思想を植え付けるというのはやっぱどうなんかなあと思う。親が汗水流して子供のためになんかやった結果、パパママありがとうならまだわかるんだけどね。

でも幼稚園側の事情をも考えると、もしかしたら最近のモンペ対策っていう側面もあるのかなあとちょっと思ったり。

いずれにせよ、そういう違和感が残るものの先に述べたようにたぶん教育という点ではそれほど悪いもんでもない気がするので取り立てて騒ぐほどのことではないが気になるので書いてみた。特に先生がしんどそうで気になる。親に気を使いまくってしんどくないかい?いや、しんどいだろうな…。

ちなみに近所の幼稚園では幼少期から社会競争に負けないつよい子を育てるみたいな感じで、かなりスパルタな教育をしている幼稚園があるというのも聞く。たとえば先生が棒を投げて皆がそれを競って取りに行き、取れなかった子に対して「一番にならないとダメなんだ!!」的なことを説教するとかいう意味不明な教育が繰り広げられているらしい。棒を投げて取りに行けとか犬かよ。それが将来役に立つのかよ…。

とりあえずそういう変な幼稚園さえ入れなければ子供の教育ってそこまで大きな差は生まれないと思いますので、親はもっと寛大になって欲しいし、幼稚園側ももうちょっとゆるく仕事してくれていいと思いますよ、もちろん、何らかの思想に基づいて熱心に教育してくれるのはありがたいです。ということを言いたかった。おわり。