なぜカメラに光学ファインダーが必要か

ミラーレス一眼というのは非常に合理的な形態の一つだと思います。必要最低限のものが揃ったシンプルな機械だからです。シンプルなのは良いことです。

ファインダーの役割は言うまでもなく被写体の撮影範囲を表示して撮影者に目視確認させるというものですが、同様の目的は背面液晶で事足ります。そもそも、可動式ミラーやペンタプリズムといった機構をカメラ内に仕込むのはコストや空間利用的に不利です。ソースは失念してしまいましたが、パナソニックの技術者が「一眼の断面図を見て、ミラーってすごく邪魔だなと思った」とインタビューに答えていたのが印象に残っています。

ハーフミラーを設置することで位相差AFを利用することができ、一眼はミラーレス一眼に比べてAFが早いというメリットはありますが、最近はコンデジやミラーレス一眼でも位相差AFと大差ないか、位相差AFよりも早い場合もあります。また、液晶での確認ではタイムラグがあるので動くものを追うのがしんどいという話もありますが、これもCPU性能の向上によって、ほとんど遅れの感じない表示が実現されています。さらにはバリアングル液晶というものが登場し、ファインダーを覗くのは難しいようなアングルで撮影できるようになり、さらに撮影の幅が広がりました。ますますファインダーを設置するメリットは無いように思います。

にもかかわらず、光学ファインダーは無くなりません。なぜなんでしょうか。

一つ、よく言われるのが目線の軸上に固定されたファインダーだと体の動きとカメラを通じての視界が一致するので被写体を追いやすいということです。これはもっともらしいように聞こえますが、私は単に慣れの問題だと思います。背面液晶であっても、目の高さで固定するような構え方をすればよいだけのことですから(そういう持ち方に適したミラーレス一眼があるかどうかは別として)。

周囲が明るいと液晶では見難いという意見もあります。これも確かにそうですが、光学ファインダーで無くてはならない決定的な理由にはならないと思います。昔の液晶ならまだしも、最近の輝度の大きい液晶で屋外で見難さを感じた経験は私はそこまで多くありません。

私が思うに、光学ファインダーでなくてはならない決定的な理由は「集中できるから」、「違和感が無いから」だと思います。

光学ファインダーで覗いた先に見える像は、それのみが撮影者の視界すべてを支配するので必然的に撮影者は撮影に集中できます。さらに、そのファインダー像の明るさも自然光を利用しているため肉眼で見るのと大差なく、これも違和感を軽減させる大きな役割を果たしています。

カメラというのは光景を時間的・空間的に切り取るためのツールで、そこでどう切り取るかという点で創作性が発揮されるものです。創作性を発揮するとき、撮影者の肉眼と実際に撮影するもののイメージが近ければ近いほど、撮影者の意図した感情を写真として表現しやすいのは当たり前で、その点で光学ファインダーには液晶表示よりも圧倒的な優位点があるのだと思っています。

もしミラーレスと光学ファインダーが付いた一眼と、どちらを購入するか悩んだ場合、一度光学ファインダーが付いた一眼を借りるなりして使ってみるとわかりやすいかと思います。試してみた結果、どうしても光学ファインダーが必要と思ったならばそういう機種を買えばいいでしょうし、重さやコストの上昇を勘案しても光学ファインダーがあるメリットが感じられないということであれば、ミラーレスを買えば良いと思います。

先に、「創作するのに光学ファインダーが向いている」と述べましたが、これは主観的な話であって、別に物理的にミラーレスカメラでは創作的な写真を撮るのが不可能ということではありません。そこは人それぞれだと思います。重要なのは、人それぞれなのでネットの情報を鵜呑みにせず、自分でじっくりと使って考えるという行為だとおもいます。