スバル 次期インプレッサハイブリッドはトヨタ製システム採用?について

スバルが次期インプレッサハイブリッドにトヨタ製システムを採用するかもしれないとのことです。

スバル インプレッサ スポーツ 次期型、トヨタ製ハイブリッド採用か

トヨタの技術供与とかトヨタと共同で開発ではなくて、トヨタ製システム採用、ということなのでプリウス等に搭載されるTHS(トヨタハイブリッドシステム)が載るのだと思います。次期XVやインプレッサスポーツにTHS-3が搭載されると言う話もあるようですが、これはガセもしくは間違いと思っています。私も最近まで間違って認識していたのですが、現行プリウス(4代目プリウス)に搭載されているハイブリッドシステムはTHS-3ではないそうです。あれはTHS-2をモディファイしたものという位置づけだそうで、公式サイトでは「リダクション機構付のTHS II」と記載されています。「リダクション機構付き」とは、動力用モーターが遊星ギア経由から減速ギア(固定)を介して車軸に接続される方式に変わったという事らしいです。そのほかにもたくさんの改善があります。ただまあ結局は現行プリウス(4代目プリウス)に搭載されるシステムをなんと呼ぶかというだけの話ではありますが。

とりあえずここでは「リダクション機構付のTHS II」をTHS-2Rと呼びましょう。なんか格好いいですね。

で、本題に戻ります。

THS-2システムの他社への流用は、マツダのアクセラ ハイブリッドにてすでに行われています。ただ、スバルの主力車種であるインプレッサにマツダが数年前にやったことと同じことを採用したがるかというと、普通に考えたら嫌でしょう。兄弟のお下がりのお下がりを貰うようなみじめな気持になるのではないでしょうか。トヨタとしてもわざわざ古いシステムを売る理由も無いはずで、4代目プリウスで投入した改善をなるたけ多くセットで供与するのではないでしょうか。インプレッサはプリウスと競合する車種ではない(少なくとも燃費性能という点では)でしょうし。

そこでちょっと解せないのが4WD化です。基本的にTHSは機械式4WDが難しい車種なのだと思います。「トヨタ車でハイブリッド4WDなんかいっぱいあるじゃん、新型プリウス(THS-2R)だってそうだし」と思うかもしれませんが、あれらは後輪を専用のモーターによって駆動する4WD(E-4WD)です。それだって立派な4WDなのですが、トルク配分には大幅な制約が生まれます。前輪はエンジンのトルクがフルにかかりますし、後輪は出力の限られたモーターが発生するトルク分しかかかりません。もし前後50:50のトルク配分を実現させたいならばエンジン出力を絞るしかありません。それでも悪路でスタックしにくいとかいう要求を満たすには十分すぎる性能だと思いますが、果たしてスバルがそれで納得するでしょうか。

この点が私はスバルの思想とは相いれないもののように思うのです。スバルの売りは水平対向+4WDです。特に4WDシステムは市場でかなり高い評価を得ています。これは機械式デフを電子制御する(MT車は電子制御すら無し)仕組みで成り立っており、E-4WDではこれを生かすことができません。スバルはE-4WD車を発売したことが無く(たぶん)、制御に関してはもしやるとしたら一からの開発になるでしょう。

ではTHSに機械式4WDが載るかというと、先に述べたようにこれも難しそうです。トヨタはハイブリッドにおける4WDのニーズを承知しながら導入せず、ようやく4代目プリウスにになって登場した唯一の回答がE-4WDでした。E-4WDは昔からエスティマハイブリッドとかで導入されてるじゃん、と思うかもしれませんがあれはスペースに余裕がありますからね。Cセグメントくらいだとコスト的にもスペース的にもしんどいのでしょう。私は特に機械制御に関しては疎いのでなぜTHSと機械式4WDを組み合わせることが出来ないのか分からないのですが、配置の問題だったり何か理由があるのだとおもいますが。

従って、「トヨタ製システムを採用」が正しければ、スバルはインプレッサハイブリッドではFF車しか設定しないんじゃないか、という気がしてきます。ただまぁ、4WDが欲しい人は非ハイブリッド買ってくださいと言う事も出来るので大きな問題ではないのかもしれません。

よって、蓋然性が高いのはTHS-2Rを搭載、ただしFF車のみということになりそうです。スバルが魔改造してTHS + 機械式4WD搭載というのもありうるかもしれませんが…。

なんかちょっとまとまりのない内容になってしまいましたが、以上、スバル車でハイブリッドな4WDが欲しいと言うたぶんニッチ市場向けな話題でした。