【補足】【質問#21】LINEいじめと子ども

補足です。

先の記事で示したグラフをよく見ると、平成22年以降のデータが無く、スマホ普及時期と考えると若干古いデータであり、私が主張する「SNSやスマホによるいじめは新たに発生したものでは無くて従来のいじめの形態が変化したもの」という論を補強するには不適切でした。

改めて調べてみると…なんですかこのグラフは。

izime2

調査方法が変化していないのにこんなに急角度に件数が変化するはずがありません。おそらく社会情勢の変化によって従来はイジメとして認知しなかったような事例もカウントしたためにこのように急増したのでしょう。これでは統計的に意味のあるデータとは言えません。別の統計結果を参照してみましょう。

以下は、文科省作成のクソ読みにくい資料からいじめの様態に関する値を抜き出して、近年の傾向変化としてグラフ化したものです。

izime3

これを見ると、近年においてもいじめの主体は昔ながらの冷やかしや無視、軽く小突かれるといった形態のものが大半を占めています。携帯を利用したモダンなイジメ手法は一定数あるものの、そこまで一般化したものではなく、さらに割合の増減もありません。

これらから「SNSやスマホによるいじめは新たに発生したものでは無くて従来のいじめの形態が変化したもの」という主張は補強できませんが、一方で「SNSやスマホによるいじめが増加傾向にある」とも言えません。ともかく、私の結論は先の記事から変わりませんが、一応最新の資料もあたってみましたというご紹介。