「ドグラ・マグラ」の続きが読みたいから人工知能に書かせた その2

200 Epochくらい学習させたらかなり日本語らしい文章が出てきたので載せてみます。

「寧ろ」こう申しました呉一郎は、今朝《けさ》からとも、たしかに想像を与えた事件であります。

それを大学の手を持っているタマラナイ静けさも、如何に夢となっているようです。正木先生は若林先生の実在が、正木先生も福岡回の小説を実験にスッカリ合わせて、家でも突込ようである。のみまれた今日は今日と、自身に手を立てておられる訳はね。そうして学校で絞殺したの実験というのは、意外周密な気持になっていないので発見した。こう同時に、その恋しい意識が、決してタッタ一分かありませんでしたからね。ただその途中《うち》には卸しられるのも、故も痛快《あと》な事実と、この種類の透明な従妹《はか》われた最初の科学の発作と、どことなく少し二つ人種としか感じないばかりの裏面に、いつの事であるまいかと判っておりました。

ただ、その事の棒ばかりから、御三男と、の医学記の思い出を見直すものになれないと同時に、一つ待って今日のお終《しま》みにその考え得なかった、……これがそうした手に、煙草の何なの内容同志に相成りますれば、吾人が卒業論文関係の出来てあるのか……その六号のあらわれも、どうさせた目的は、何故《なにゆえ》か、あわれて御座る時計をガチャガチャと閉じて、顋《なか》りほど色の新しい唇を盛られてしまいました。
そのような紳士の威厳と紹介と眼を醒ました事に致しましたので、今ソロと申しますとこの場にも黒い解りましたのが、別に何かキチンと静まって参りましたので、殿様の机の上の音が照合しないから、今から担ぎ上げて御座るからと疑ったら、こっちにも、モウ一つがいまいか、それとも頭の取付《われ》色となっているらしく、婦人よりも私の老人は、鼻のとも音を卸《しつ》しくなく、エナメル、現実の秘密が初めた。
重々……真実の大道で行った訳でが御座いましょうか。……寝床の大椅子を転がりがっている屍体台帳の手に床を白眼《つら》る。やがて、やがて頭蓋骨の中へ何となく見る見る知らなく何かに、ガタガタ光る歯が星しているので、大きな慌てさの表紙の四壁になった……窓の扉の中から、異様な調子に人間から甚だ容易だったので、多分、妙な、カラを行っているようで空《うわ》の一つ、手錠遣《か》りと、大きな推察でなしよく眼の外へさしてしまっました。ナカ遠慮なく紳士としか思われぬような変態性慾と、欄間《をしゃがみ》いの地獄だけに現われている心の冷気に、一つまで並んでいる魚の性格の裸体場に現われます。

姉さんの幽霊は環境の筋に誇るならなかった。今朝から御人間の私は選一つのものを知っている。とりあえず又その青年の人間が一人とも福岡《しょうう》う一方に、しかも、スバラシク得意に共通致しておられさ事を致しておりましたので、その顔を明らかにでしたのは、又程一パイに使う人物が一枚ましたでは御座いません……。……ところで昨日《きのう》だけ吸、琥珀《わざ》を写していました。そうしてその御本尊の姿の美しさとを御推察になる運命ですね。

唯物医学に関する福岡というのは浅薄に高潮して行く人間世界が、世界の記録も何もないのであるが、その細胞に於ても、いくらあれ以上にも現実世界の部分は、そんな簡単には持っている細胞の一つの先祖たちまでの間に、そんな意味の気持ちにまでも見るのだ。だから一所懸命に進化の中に立証している場合の品物を、その夜が描き忘れてやろうか。しかも、吾々となって良心は神様に出来たものの、要するに一枚の論文と称する事を示させさが、自分は科学的に見下しを徹底的に明白に実験した方……彼が飜弄した人だけが死ぬん限りを聯想するものの赤ん坊を見得る……研究の道徳文化を受けた程度には、現在の精神科学者でも全く昂奮である。

「ウン……お兄さまお兄さまお兄さまお兄さまお兄さま。何君はそうを見ていないよ。……そうですねえ」私は立表紙に近付いて行こうとなりつつ、「アッハッハッハッハッ」「イヤ。実在のお管《だお》ばかりをお気の毒で殺さ。こんな気持ちですよ。それが問題もしないのではないか。……一種どころがドウなところでも消えうせても、エライ上にも想像しなかったために、寧《しもうぼ》の光景が事件を読んでいた人間でもなければ、自分自身を見た今日の実際をスッカリあらわすトリックのところらしいのは充分に……」私は返事をした。すなわちこの瞬間に正木博士の「脳髄論」と傍点の事がある後のリノリウムの中に、如何に荘重に、風に光りを出て、全身の鼻の上で姿を出したが、机の上に在るような気が聞えて、思う程ってどこも違ううちに、複雑鼻中の縁辺を現出させた。そうしてその上に居るほど物音が、腹の窓を反けむと、例の色が左から散り廻した。……何故《なにゆえ》はお……チャカポコチャカポコ……▼あ――…………………………………………ああかい……ボ――ン……」とこういえとした。むろんまだ夢気は味に入れて行く。……のみか一つ……憤《かえ》の巨大足が二足の光り……。ナント――ン……ガチャンガチャン……やはり第三五七十月年四月九日……お八代年……大正十億年十月やの間から辷《すべ》って来た夥《すべ》み籠って、寝ているらしい静けさの心は、御覧にもいる事を証明させたり。

所感

品詞の使い方は完璧に覚えています。また、ルビもかなり正確になってきました。意味のある文章にはなっていないですね。LTSMにしたらもっと文章らしい文章が出てくるのかも知らん。

大正十億年十月

がウケる。