日記(2015年12月18日~2015年12月20日)

そういやこのブログは日記だった。数年書いていない気がするけど日記がメインテーマだったのだ。と気づいたので書いてみる。

12月18日(金)

仕事。電車で通勤。朝、ミーティング。最近、弊社社内で「時間を大事にしろ。残業するな。無駄な会議はするな」運動が盛ん。その精神には同意。ただ本日朝のミーティングは話し出すとめちゃくちゃ長い、よく話が横道にそれる某(タンスの匂いが激しい人なのでタンスにゴンゴン、略して『ゴンゴン』と以下呼称)が仕切ることになっている。会議時間は30分だが、以前30分の会議で4時間喋っていたことがある。大丈夫かゴンゴン。

ゴンゴン、ホワイトボードに「XXXがYY分」と会議のタイムスケジュールを書いている。しかしミーティングが始まるや、そのアジェンダの説明に5分かけている。大丈夫か。案の定時間が無くなり、私の報告時間は本来5分であったところ30秒しかない。それを見越していた私、30秒で説明。しかしゴンゴン、続けて「今のwithpopさんのところですが、補足しますと…」と全然関係ない話を始める。補足になっていない。蛇足だ。

私が思うに、ミーティングを速く済ませろと言うのはつまり、決断を早くしろという事だと思う。「アポロ13奇跡の生還」を読むと、ミッションの指揮は主席管制官ジーン・クランツが主だった事柄の決断をする役目だったようだ。各チームがそれぞれの事情を鑑みて案を幾つか用意するが、最終的に決断するのはクランツだ。ある決断がベストでないにしろ、すぐに決断したほうが良いということは現実の場面でままある。当時、クランツは36歳の若さで、他の重要なメンバーも20代がざらにいた。アポロのような重要なミッションを仕切っているのはこのように若いメンバーだった。

対して日本の組織はどうか。年齢は置いといたとしても、なんにしても縦割りで最終決定は上へ上へと委譲されていく。一方で縦割りでなくとも、あらゆる議題は大体なるべく皆の合意を得ようとする。このような考え方でスピードが生まれるわけもない。私が思うに、日本人は意思決定する「人」を重視がちではないか。政治や感情を織り込ませすぎではないか。意思決定した人を「あの人がこう決めたから」と人物に結び付けて考えすぎではないか。違うと思う。最終的に意思決定したのは一人かもしれないが、それは会議に出席していた皆の総意である。また、その決定は常にベストではない。そういう寛容な考え方が重要ではないか。

そういえば、ソフトウェア開発の世界ではスクラム開発というキーワードが今ホットで、それは仔細は省くが10人以下の小規模なチームで早い意思決定をすることが一つの特徴であり、意思決定のためにプロダクトオーナーという役割を設けている。このようなやり方が果たして日本人の組織の中で通用するのか、私は興味深く観察している。

金曜日は花金なので会社の忘年会。私は欠席。私は仕事の飲み会というのは基本的に出るようにしているのだが、最近は出て居ない。それは、まだ下の子が生まれて2か月とまだ小さいのと、あとはいずれ辞める職場だと思うと、どうも人と仲良くなりたくないという気分になるため。辞める直前まで一緒にワイワイ騒いである日突然「辞めます!」と言うのと、徐々に「あいつ最近付き合いわりーな」という感じになっていって辞めます、というのとどっちが良いだろうか?私は後者が良いと思った。

12月19日(土)

いい加減食器棚を買わなければならない。我が家には2年食器棚が無い。

我が家は一条工務店で建てたのだけど、大体オプションのカップボードを注文する人が殆どだと思う。我が家は財政的事情を鑑みて諦めた。が、悔しいので「一条標準の食器棚よりもかっちょいいやつを買おう」と思い続けており、探しているが中々良いものがない。が、今回ようやくネットで嫁さんが見つけたので見に行ってみることにした。立川のららぽーとに店舗が入っているのでそこに行ってみることにする。

立川のららぽーとは先週?オープンだったか。大渋滞と思いきや、駐車場が高いためかそこまで車が多いわけでもないらしい。IKEAが出来たときもそうで、「大渋滞になるぞおおおお!」みたいな脅しが最初蔓延しており、店舗側も駐車料金を高くしたり、公共交通機関で来た人には配送料を優遇してたりしていたものの、最近では駐車場もフリーで空きも結構ある。ららぽーともいずれ同じような感じになるのではと考えている。

ここら辺が多摩地域の良いところで、都会度の割には人が少ないように思う。車であちこち行ける。これがIKEA港北とかららぽーと横浜とかになるとアホかってくらい混む。「駐車場に入るまで3時間待ちだったよー」とか言っている人を聞いたことがあるが、その時間がもったいないとは思わないのだろうか。

そういや水曜日のダウンタウンで「『俺の地元、田舎だから知らないと思うよ~』と言っていた人の地元が立川だった。田舎じゃねえよ!都会だよ!田舎ってのは村とかだよ!!」というWHY Japanese peoleネタを厚切りジェイソン氏と日本在住外国人がやっていたが、まあ俺もそう思う。自分の地元は山と山の隙間に位置しており、当初は南極よりもGoogleMap航空写真の解像度が荒かった。立川で田舎とか、山手線沿線の主要駅と立川しか生活圏が無いんじゃないかとしか思えない。

で、ららぽーとに行き、食器棚を見たが…。無い。食器棚、無い。店員に聞くと「関東の店舗にはおいてないですね。京都なら…」等と言う。食器棚見るために京都まで行くのはちょっと…。ああ、聞くべきだった。事前に。

その店員さんの苗字が秋田に多い苗字だったので「秋田の人ですか?」と聞いてみたかったが聞かなかった。

しょうがないのでぶらぶらしつつ買い物。自分はチノパンのYシャツを買う。オープンしたてだからか、結構安かったように思う。飯も食うかとフードコートに行くと、座れたものの注文口が行列。正確に言えばラーメン系の店舗は空いているものの、オムライス、パスタ系の料理を出す店舗が激ごみ。しかし、娘、どうしてもオムライスが食いたいらしく、並ぶ。結局40分近くかかった。フードコードで40分待つとか初めてだわ。40分も待つならもう少しうまいもんを食いたかった。

最終的に、娘、「卵は私が食べるけどご飯はパパが食べて」等と言う。これが3歳児である。

駐車場が高いのでメシを食ってまた少々買い物した後、早々に出発。次は庶民の店で私の心の友、イオンモールである。イオンモール武蔵村山ミュー。ミューが何なのかはいまだに謎。

イオンモールではパジャマを買いたかった。すっごいあったかいパジャマを。着ただけで「夏!!」みたいになるパジャマが欲しかった。しかし、パジャマが無い…。無い…。パジャマってあんまり無いのな。薄ーいスウェットみたいなやつと、50代夫婦が着るような意匠のやつしかなかった。私は食器棚も見つけられず、パジャマも見つけられず、失意のまま帰宅したが、シャツとネクタイとチノパンは買えたからよかった。パジャマ二枚重ねで就寝。

ちなみに娘はバーバパパのパジャマを買ったのだが、(バーバパパ知らないくせにバーバパパが良いと頑なに主張していた。多分語感だけで決めてる)その夜にいきなりおねしょ。

12月20日(日)

本日はやることが多い。気合を入れて起床。

  • メールの返信
  • 窓掃除
  • 風呂掃除
  • 年賀状作成
  • 庭掃除
  • 自転車のタイヤ&ブレーキ交換
  • SPI試験受験
  • NAS移行作業

まず最初に昨日の夜から走らせていたNASをチェック。新しく買ったSynologyのNASはいい感じだ。sshログインもできるし、rsyncでバックアップも出来る。クライアントアプリは全てブラウザ上で動作する。Windows & Macだけ対応ですよ、なんてショボイ製品とは違うぜ。

で、昨日からrsyncで古いNASから取り出したHDDを新しいNASに向かってコピーしていたのだが、確認してみると、明らかにファイルが足りてない。rsyncは終わってるのに…。なぜ?もう一度走らせるが何もコピーされない。同期が取れているようだ。ファイル数をカウントすると無暗にコピー先の新しいNASのファイル数が多い。どういうこと?よくよく調べてみると、当初rsync出来ることを知らずに手動でコピーしていたのだが、その時にフォルダ構成を誤ってコピーしていたのが残ってしまっていたようだ。--deleteオプションを付けてrsyncをもう一度走らせ、無事同期完了。

次は、朝子供たちがまだ静かなうちにSPIでもやるかーと思ってWeb上からアクセスすると、「8時からです」と。どうも毎日メンテナンスが入っているらしい。なんと可用性の低いシステムだろうか…。で、先に自転車をやることにした。

自転車のタイヤ交換はもう手慣れたもんなので、2本合わせても30分あれば終わるだろうと思いきや、非常に気温が低く寒いせいか、ぜんっぜんタイヤがはまらない。固い。固すぎる。結局、タイヤ交換に1.5時間、ブレーキ交換に1.5時間かかった。手は傷だらけになった。軍手をすればよかった。

その後ようやくメシを食い、SPI試験。子供たちから逃れるため2階寝室へ。すると今度は「このOSでは受験できません」と表示される。えっ…。まあ、Linuxだし、しょうがないかな…。そんでこんどはWindowsからアクセスすると「このブラウザからはアクセスできません」と。動作環境を見るとWindows 7, 8でIE11を使う場合は互換モード設定にしろとかすこぶる面倒な事が書いてある。私のうちにはWin10しかない。困ったなー。とりあえずIEでアクセスしてみるととりあえず動作した。が、解像度が「縦760ps以上でない」と表示される。フルHDなんだけど…。何を見てるんだろう。まあいいや。強制的に警告を無視して進むと、Flashの画面が出てきた。

私は思った。Flash使ってるならブラウザ・OS関係なく動いてもよかったじゃないか!

まあそんなこと言ってもしょうがないので受験開始。SPI試験なんて6年ぶりくらいに受けた。中々面白かった。スイスイ解けた。が、あれは回答時間等からその人の偏差値レベルを動的に推測して次に表示する問題を決めているため、スイスイ解けたということはつまり簡単な問題しか表示されなかったという事であり、よって私の偏差値は低く算出されていると思う。なんか機械に気を使われたようで悔しい。

さて、次は庭掃除。伸びきった芝生をカット。あとは植木の剪定。これがしんどい。でっかいジョロウグモが居て娘がビビッて騒いでいた。「キャー」とか言っていた。女性がビビるときに「キャー」と声を出すのはサルが危険を群れに知らせる名残という説があるらしい。対して男はビビったときに「うおっ」と大体低い声が出る。これはとりあえず外敵に襲われたら脅しをかけて群れを安全に逃がそうという本能らしい。「すいえんサー」で見た。

庭掃除が終わった時点で午後3時、嫁さんが「スーパーに買い物に行きたい」と言うので行く。

帰ってきて4時くらい。次は何だ…。年賀状をやるか。掃除は23日にやればいいや。ネット上のフリー素材を組み合わせて、七五三の時の写真と、こないだ取った下の子の写真を組み合わせれば…。はい、出来た。GIMPと数年前の筆まめでさくっと1時間ちょいで作成。

7時ごろに飯を食う。風邪気味なので9時に就寝。