AQUADROP glass coat premiumを施工して7ヶ月後

施工して7ヶ月くらいたちました。

AQUADROP premiumを施行したあと、AQUADROP Lightも施工しました。Lightはその名の通り施工が楽ですが効果期間も短いという特徴があります。私は定期的に洗車しますので、その都度Lightを施工すれば最初に施工したpremiumコートの寿命が伸びるのではと見込み、そのようにしています。商品紹介ページにも「硬化型ガラスコーティングのメンテナンス剤としてもおすすめ」と書いてあります。

追記:コストについて

本記事作成時点でのAQUADROP販売元(楽天)のページを参照すると、これまでかかったコストは以下のとおりでした。

結晶化 ガラスコーティング剤 AQUADROP PREMIUM 2本 MFクロス スポンジセット 3,780円

AQUADROP GLASS COAT LIGHT 300ml 超撥水 超光沢 ガラスコーティング剤 MFクロス スポンジセット 3,888円

計7,668円ですか。たとえば、競合製品であるSUPERピカピカレインなんかは8,780円なので、それを考えたらやっぱり安いですね。

AQUADROP premium施工後は、今でも非常に満足しています。高速道路を走行したあとに付着した虫はすぐに取れます。中でも嬉しいのは、ナンバーについた虫がすぐに取れてしまう点ですね。ナンバーは半年たった今でも新品のようです。写せないのが残念ですが。

側面はこんな感じ。

DSC_4512

後ろ側。

DSC_4515

ボンネット。

DSC_4516

1万キロ位走ったので、流石に飛び石による傷などついてきましたが、同じように新車で買って乗っていたプリウスと比べると、明らかに傷になっているところは少なくなっています。プリウスのときは1万キロくらい走ると飛び石による傷や虫の跡がひどくてショックだったように記憶しています。ただ、誤解の無いよう付け加えておきますと、AQUADROPには飛び石による傷を防ぐ効果はたぶんありません。多分と書きましたが、常識的に考えればまずありえないでしょう。飛び石でも傷が付かないような強力なコーティングなどありえないと思います。しかし、プリウスの時に比べて飛び石による傷が減っているのも事実で、この差は何なのか・・・。よくわかりません。

ともかく、AQUADROP、非常におすすめです。