CX-4が2019年に発売?

マツダがこないだ「越」なるコンセプトモデルを出したそうですが、それはCX-4になるとのニュースがありました。

Mazda plans all-new CX-4 SUV

大体2019年に登場予定とのことです。えらい後ですね…。

CX-4はその名の通りCX-3と5の中間に位置するモデルになるそう。もし2019年頃の登場ならSKYACTIV-Gen2が恐らく載るとのこと。あとこれはCX-4の話と言うかSKYACTIV-Gen2の話ですが、圧縮比をさらに上げたうえに9速ATが搭載されるとか。

以下、ただの感想。

まずCX-4についてですが、そこまでSUVを拡充するか!?というのが私の率直な感想です。まあユーザーとしては選択肢が増えるに越したことはないのですが、そんなものにリソースを割く位ならミニバン関連をさっさとモデルチェンジしてほしいと思うのですが…。たしかにSUVに比べたらミニバンは球数が少ないのでしょうがないのですが、一定の需要はあります。このブログでも何度も何度も何度も何度も主張している通り、車好きはいずれ家庭をもち、子供を育て、ミニバンを買います。大体それが運命です。その時に「このミニバンだったら買ってもいいかも」と思える選択肢を用意して頂きたい、これが私の熱烈な要望です。

次にSKYACTIV-Gen2です。結局Gen2でどういう技術が搭載されるかというのははっきりしていないのですが、マツダの公式発表を辿れば電動化、つまりモーターの搭載が最も高い可能性であるとは思います。9速ATというのも確実でしょう。結局燃費を追い求めたら6速ATでは確実に不足で、さらなる多段化が必要不可欠です。この傾向はマツダに限らずあらゆるステップAT搭載車種の流れのはずです。国内メーカーに関してはいまだCVT全盛ですが、今後ステップATが復権するかどうか、気になるところです。

個人的には何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も当ブログで述べてきたとおり、せめてADAS搭載するマイナーチェンジくらいはミニバン系車種にも適用してほしいのですが、そこまでSUVって重要なんでしょうか…。市場が望むからSUV出すんですか?それってマツダの言ってる精神と矛盾しない?大丈夫?