桶川北本IC~白岡菖蒲ICは11月末までに開通

来ました!!!

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「桶川北本IC~白岡菖蒲IC」間の一部区間における工事の再開及び、開通の見通しについてお知らせします。 | NEXCO東日本 プレスリリース

国交省とNEXCO東日本、圏央道 桶川北本IC~白岡菖蒲ICを11月末までに開通

以下、プレスリリースより。

埼玉県内の圏央道の沿線においては、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく国内希少野生動植物に指定されているオオタカの生息が確認されていることから、専門家に指導助言を仰ぎながら、事業を進めています。
桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の沿線において、オオタカの繁殖を示す行動が確認されたことから、一部区間の工事を3月9日より一時中止しております。この度、専門家からの指導助言を踏まえ、繁殖に影響する敏感な時期を過ぎたことから7月10日(金)より環境に配慮しながら工事を再開しますのでお知らせします。
この工事の再開により、現在工事工程を精査しているところですが、平成27年11月末までに開通できる見通しとなりましたのでお知らせいたします。

image from NEXCO東日本

これまで桶川北本IC~白岡菖蒲IC間は土地の明け渡しでもめたり、上記にあるようにオオタカの生息が見つかったりということで工事期間が伸びていました。何度かこのブログに書いたとおり、私は八王子から東北道に出ることが多いためここが開通してくれると一般道を通ったり首都高を通ったりしなくていいので大変助かります。たぶん、ここが未開通のために市街地へ流入する車も多かったことと思いますが、そうした渋滞要素も解消されますね。

本区間が開通されれば東北道から首都高を経由せずに中央道、東名、関越に乗れますので非常に利便性が高くなります。流通事情もだいぶ変化があるのではないでしょうか。

あと個人的に次に気になるのは日本海沿岸東北自動車道ですが、こっちはいつ全線開通することやら…。全線開通するときまで私が運転できればいいのですが。