新型シエンタ登場

新型シエンタがいつの間にか発表されていたようです。

当初、AQUAベースのミニバンが開発されそれがシエンタの後継になるという噂を随所で目にしました。シエンタと言う名前は無くなるのかと思いきや、そうではなかったようです。今回のシエンタはアクアのハイブリッドシステムを流用とあるものの、どこまでベースにしたかは具体的には述べられていません。たとえば、会員限定記事ですが、以下。

トヨタの小型ミニバン「シエンタ」、「アクア」のHEVシステムをベースに改良

モーター&発電機を水冷にしたとのこと。ただ、形を見るとどことなくAQUAっぽさが漂うので、ボディも流用しているのでは、と思ったり。

image from toyota

しかし、この見た目は…。何でこうなってしまったのでしょう…。シエンタの光景とは思えません。先代シエンタは以下です。

image from carsensor

ミニバンは大人数で楽しく移動するものですから、もっと親しみやすい、楽しい雰囲気を醸し出すような見た目が重要ではないでしょうか。新型ステップワゴンはそのような思想で作られたそうです。ミニバンは「親しみやすく、楽しい」見た目でないとだめだというふうに主張する気はありませんが、しかし、今のトヨタのラインナップのように全てのミニバンにいかつさを押し出すのも大いに疑問です。

そもそも、現状のシエンタユーザーがここまで変わったシエンタを受け入れられるでしょうか?最近のトヨタ車でデザイン的に優れていると思う車種は個人的にはっきりと皆無だとおもうのですが(というか今までもそんなに無かったですが)、どうしてしまったのでしょう。

今回のシエンタで言えば、こんなもん、「ジョジョの奇妙な冒険」に出てくるスタンドにしか見えません。

image from toyota

このツートンカラーがダサいというか、漫画チックなイメージを醸し出してしまってるのかと思ったのですが、たとえば似たようなデザインコンセプト(だと私は思う)のルノー カングーなどは特別ダサく感じません。

image from renault

ツートンでかつ、黄色系 vs 黒系という色使いがダサいのかと思いましたが、単にシエンタがダサいんですね。私は絶対にこんな車(新型シエンタ)には乗りたくないです。

デザインで言えばカングーは秀逸だと思います。レジャー感、ホビー感、親しみやすさ、楽しさ、そういったものがうまいことブレンドされ一つに統合されているような印象を受けます。

シエンタに関しては私は先代のデザインの方が良いような気がします。こういう柔らかくて親しみやすいデザインのミニバンが一つくらいはあって良いと思います。特にシエンタのユーザー層を考えればそういうデザインの方がマッチするし、支持されると思うのですが。

トヨタは金があるんだから、金かけて良いデザイナーに外注しちゃえばいいじゃんと思うのですが、どうなんでしょう…。というか、今でも外注してるんじゃないかな?という気がするのですが、うーん…。なんでこうなってしまったのか。

現行のVitzも私はバイキンマンとしか思えません。

image from toyota

Scion iAの件もそうでしたが、どこかでストップをかける人はいないのでしょうか…。

で、デザインは置いといて次はスペックを見てみましょう。

まずハイブリッドですが、AQUAのシステムを流用とのことですのでシステム出力は100psであると思われます。車重は1380kg。パワーウェイトレシオは13.8kg/psとかなり悪いですね。ただ、ライバルであるFREEDハイブリッドもこんなスペックだったので、まあこんなもんでしょうか。最大パワーは無いですが、モーターアシストは低速からトルクを発揮しますので、実際に運転したら力の無さを感じることは実はあまり無いのかもしれません。最小回転半径は5.2m。これもフリードと同じですね。

ガソリン車は2WDと4WDで最高出力が若干違います。2WDが109ps、4WDが103ps。車重は1320kgと、大人ひとり分くらい違いますね。パワーウェイトレシオは12.11kg/psまで改善します。

エンジンは高圧縮比化して圧縮比13.5だそうです。もうすこし詳しいデータが無いと何とも言えません(13.5になる領域が分からないため)が、ここをアピールするという事はそれなりに自信があるのではないでしょうか。

ADASはToyota Safety Sense C装備。オートハイビーム、車線逸脱警告、衝突回避・軽減ブレーキ、先行者発進通知、シフト切り替え時の急発進抑止などが付きます。

個人的にすこし懸念しているのがオートハイビームですね。以前にも述べましたが、少なくともCX-5のオートハイビームは実用上問題ありです。対向車が居る場合にもハイビームになるケースがよくあります。これがCX-5のオートハイビーム(アダプティブフロントライティングシステムだったかな?)がしょぼくて他メーカー/車種はちゃんと動作するということなら良いのですが、なんとなくまだ技術的に成熟していないような気がします。カメラで撮影した映像から点光源を検知して車と見なすような処理をしているのだと思いますが、これではカーブ先の車は検知できないですし、誤作動も頻発します。こういう車が増えたら運転していてまぶしくてしょうがないと思うのですが、どんなもんでしょう。ちなみに私は、CX-5のオートハイビームは使用していません。しょっちゅうパッシングされるので。

価格を見ますと、HYBRID G/Xがそれぞれ233万円, 222万円。ガソリン車 G/Xが198万円、181万円となっています。ハイブリッド vs ガソリンで大体30~40万の差といったところでしょうか。この程度の価格差だとやはりガソリン代の低減分で本体価格をペイすることはかなり難しいでしょう。ローンを支払っている間は月々の支払で見てもガソリン車の方が確実に安いはずです。(参考:計算ページ

パワーもガソリン車の方に分がありますし、個人的にはお勧めはガソリン車ではないかという気がします。G/Xの違いはエアコンがオートになったりハンドルが革巻きになったりメーターが変わったりというあたりのようですが、ここらへんに17万円の価値があるか、実車をみて判断して決めれば良いのではないでしょうか。