ゴリラ用スピーカーをCX-5に付けるはずだった

断念しましたが、悔しいので途中までの作業風景を載せます。

背景

CX-5のマツコネナビが気に入らず、ゴリラを装着した上でゴリラ用のスピーカーをセンタースピーカー部分に装着しようと思い立った。なぜならばゴリラ本体のスピーカーがヘボくて聞き取りづらいから。これまでの経緯は以下あたりを参照。

計画

CX-5にはセンタースピーカー用の取り付け穴が存在します。これはBOSE装着車のためのものなので、BOSE非搭載車ではダミーのプラ板がねじ止めされているだけです。これを外すとスピーカーを取り付けることができます。なのでここにゴリラのヘッドフォン端子から出力した音声をアンプを経由させてスピーカーから出力させようと言う魂胆です。

ゴリラのヘッドフォン端子からマツコネのAUX入力につないでも良いのですが、するとマツコネの音楽再生機能が使えなくなります。なので必然的にオーディオ機能もゴリラ頼みとなるわけですが、音楽をアナログAUX入力というのが気に入らないですし、UIも使いやすいとは言い難く、音楽機能はマツコネを使用したい。なので、ゴリラ用に別途スピーカーを追加しようと思ったわけですね。

初めは秋月通商あたりから手ごろなスピーカーとアンプを買おうと思ったのですが、合計で1500円くらいします。これに送料がかかって2000円くらいか。秋葉まで買いに行っても良いですが、正直秋葉はあんまり好きじゃないです。

別に2000円出しても良いんだけど、なんか面倒だなあ…と思ってた折、そうだ!ハードオフのジャンク品をあさってPC用スピーカーを購入してバラせばいいんだ!そしたらアンプもスピーカーも手に入る!と気づきそうしました。

以下がハードオフで500円だったSONY製PCスピーカー。

wpid-img_20150619_095415.jpg

年季が入った見た目ですね。ちなみに、12V入力の製品を探したらたまたまこれだっただけで、SONYだから買ったわけではないです。

wpid-img_20150627_173049.jpg

分解して電源をはんだ付けします。

wpid-img_20150627_085041.jpg

ACアダプタの端子が基板上から剥がれず、ムキー!ピギー!!とニッパで剥がしとったらプリント基板までやられました。なので+側はプリント配線から判断して同じラインの足にはんだ付けしました。

wpid-img_20150627_173104.jpg

これもハードオフで買ったイヤフォン。100円。端子部分だけ切って流用します。PCスピーカーについていた端子はストレート側でしたが、車に固定するときはL型のほうが都合がよかったので代用。

wpid-img_20150627_173354.jpg

うまく被覆を剥くとこんな感じで2本の線が出てきますので、基盤から出て居る配線とはんだ付け。

wpid-img_20150627_173916.jpg

スピーカーはこんな感じでした。

wpid-img_20150627_173924.jpg

ハードオフジャンクマニアの私から言わせると、スピーカーの材質は紙が一番な気がします。特に車のドアスピーカー用のものに多いですが、プラスチック様の素材や、編み込みの素材は総じて音が悪い気がします。あとはデカけりゃデカいほど音が良いと思っています。磁石もデカければデカい方が良いですが、最近は強力な磁性材料が開発されますのでその限りでもないと思います。まー、独自研究とか思い込みに近いですけど。

で、大抵のスピーカー端子は平型の端子↓

wpid-img_20150627_173855.jpg

がそのまま使えます。

wpid-img_20150627_173849.jpg

電工ペンチで平型端子はすぐに圧着できますが、電工ペンチほど「安いものはダメ」な道具は無い気がします。私の持ってる電工ペンチは1000円程度のやっすい代物ですが、こいつが全然ダメダメです。学生時代から同じものを使っていますが、そろそろ買い替えたい。でも年数回しか使わないのに数千円もかけるのはバカバカしい…といつまでもこれを使い続けています。

wpid-img_20150627_181509.jpg

一通りつないだらオーディオプレーヤーから音を鳴らしてみます。スピーカーを裸で鳴らすと分かりますが、全然音量が稼げません。表側と裏側で音波を打ち消しあってしまうためです。音質もカスです。いかにエンクロージャーが重要であるかが良くわかりますね。

ちなみに娘はスピーカーに大興奮で30分くらい音楽に合わせて踊ったのち、汗だくで疲れて機嫌が悪くなって泣きわめいて寝ました。

wpid-img_20150628_143143.jpg

このままだと配線がむき出しで必ずショートするので、適当な箱に押し込みます。熱帯魚のヒーターのパッケージをはさみで切ってセロハンテープで入れ物を作りました。どうせ見えないので絶縁できりゃなんでも良いです。

wpid-img_20150628_143447.jpg

こんな感じ。貧乏くさいですね。見えなきゃいいんだよ。

wpid-img_20150628_144121.jpg

で、CX-5のセンタースピーカー部分がこれです。中央にあるす四角い黒い箱がマツコネ用のGPS、その隣にあるものがゴリラ用のGPSアンテナになります。奥にスピーカーを設置します。大きさはほぼぴったりですね。ネジは1か所とまってりゃ十分でしょう。

アンプはマツコネ本体奥、スピーカー下部に大きな空間がありましたので、そこに収めました。電源を取り、端子をゴリラ本体につなぎ、いざ電源ON!!!

・・・・ノイズがひどい。

アンプ側回路が悪いのかと思い、ポータブルオーディオプレーヤーに接続しますがこちらはノイズが乗らない。オルタネーターノイズかなにかと思いましたが、音が違う。ホワイトノイズとも違う音。表現が難しいですがあまりそもそもエンジンをかけていません。鉛蓄電池からのみの電源供給です。

私の友達もほとんど同機種(CN-GP740D、私が所有するのがCN-GP745D)を所有しているのですが、そういえば同じようなノイズがあったのを覚えています。断定はできませんが、全然使用環境の違うケースで同じようなノイズが乗るですから設計の問題である気がします…。

今回は耐えられるレベルでは無かったため、スピーカー設置自体を断念しました。

前述の友達も愚痴をこぼしていたのですが、このナビは検索ルート・リルートも柔軟性に欠け、とにかく大通りを通そうとするので使いづらいですし、画面も反射しやすいので見にくかったりします。動作も全般的にもっさりとしており、以前のゴリラのようなサクサク感はそれほど感じません。それに加えて、「OBD2コネクタ接続でナビ精度アップ!!」とか言っていたのに2回も発売延期した上に発売したら2万円弱という驚愕の値段、それに動作確認車種もまだまだ少ない上に、最近では「再検証中」などという怪しい文言が並んでいます。それに加えて今回のこのノイズ…。「ゴリラナビは二度と買わん」が二人の共通認識です。サンヨーの時代は良いナビだったのですが。非常に残念です。

でも買ってしまったものは仕方がない。製品寿命が来るころにマツコネナビが良くなっていればそれを採用します。もしそれが駄目でも、あと数年後にはOBD-2と連動して自律航法できるスマホナビが出来てる(すでにNAVIEliteなどいくつかのナビアプリでは試験的に機能が提供されているようです)と思うので、タブレットを搭載するか…などと思案しています。

まー、ナビなんて常日頃から使う物でもないので別に良いっちゃ良いんですけど、なんかすごく悔しいです。