トヨタがマツダを呑み込むとしたら

以前、「トヨタはマツダに飲まれるのか」という記事を書き、その中で「マツダの商品群を潰してトヨタ車の特性をマツダ商品群に導入するようなやり方をしてもメリットないでしょ」という旨を書いたつもりですが、別の事を思ったので今回書いてみました。

先の記事で書いたことは前述のとおりですが、最近、「次期86がMX-5(ロードスター)ベースになる」という記事も書きました。これまでのトヨタの商品開発やユーザーへのアピールの仕方を見ると、もしかするとトヨタ車にマツダの技術を積極採用することでマツダが失いつつあるユーザーをトヨタが獲得する可能性があるのでは、と思ってきました。

そもそも私がマツダを好きなのは「コストパフォーマンスが良いから」でした。コストパフォーマンス信者である私にとって、元々車体価格が安めだった上に鬼値引きで有名なマツダ車はとても魅力的でした。単に安いだけでなく、内装も走りも値段以上の価値があるのがポイントです。

しかしながらマツダは正価販売ということで、不必要な値引きを止めてブランド価値の向上に取り組んできました。その結果、確かに一定程度それは成功しているように見えたのですが、ブランド価値の向上というのはつまり言い換えればコストパフォーマンスを悪化させて利益率を良くしようということですから、私のようなユーザーにとっては好ましい事ではありません。

実際、直近のマツダには私もいくらか不満というか疑問があります。まずデミオで1.5Lガソリンモデルを排除してしまったのが納得いきませんし、CX-3もディーゼルのみでいささか非力(パワーが劣る)であるのも理解できません。CX-3もほとんどCX-5の価格帯とオーバーラップしているのであり、それは「サイズや排気量では語れない価値がある」からだと言われればそうなのかもしれませんが、それを見いだせる人はそれほど多くないように思います。そして、今後は同じように他車種もじりじりと価格帯を高くするのではないでしょうか。

また、ロードスターが思ったほどの売り上げていないというのも気になるところです。あれだけ広告に金をかけたのに。原因としてはハードトップ待ちだとか、高いからとか色々言われていますが、いずれにせよ、ユーザーの要望にフィットしていなかったということでしょう。

そして重要なのが、マツダとしてはそれで良しとしていることです。マツダはみんなが満足する車づくりをやめて、本当に価値が分かる人のために車を作ろう、そのために他のユーザーには嫌われても仕方ないとしたそうです。その考えには私は好感を持ちますし、それでいいと思います。ただ、それと同時にその結果「他のユーザーに嫌われて」売り上げが落ちたとしても、文句を言う筋合いはありません。

私が思うのは、ここらへんにトヨタが入ってくる余地があるのでは…ということです。

例えばここでユーザーの要望をすくいきれなかった車種をベースに、ユーザーの要望をすくい取るのが大得意なトヨタがOEM提供を受けて兄弟車を開発をしたらどうでしょうか。たとえばロードスターのシャシー、足回り、パワートレインをベースにハードトップで2DINナビが載り、若干ロードスターよりも安いようなスモールクーペを開発したらどうでしょうか。たとえばCX-5をベースにスライドドアで2DINナビが載り荷室容積が大きくて収納ボックスもたくさんあるスポーティなミニバンをトヨタが開発したらどうでしょうか。私はそこまでメーカーにこだわりがあるわけではないので、トヨタの方を買うかもしれません。

OEM提供すれば数が出て儲かるのですからマツダにとってもメリットになります。そしてマツダは流出する元マツダユーザーに気に掛ける必要は基本的に無いのです。そういう方針だからです。だからマツダは今まで通り、「分かる人には分かる」という部分を追求してブランド価値を高めつつ、さらにOEM提供分で数を稼ぐこともできる。まさにWin-Winの関係だと思います。

そういう関係が進めば、トヨタは若年層や走りにこだわる一部の層(+コスパにこだわる層?)を獲得し、マツダはブランド価値を高め高級車帯へと徐々にシフトしていきます。そして均衡がとれるところで住み分けが完了するのではないか・・・という予想です。

もしこの予測が正しかったとしたら、ユーザーにとってもメリットになります。選択肢が増えるのですから。これで残念と思う人は、マツダというメーカーそのものが好きで、かつ、コストパフォーマンスの高い車種を望んでいるような人ではないかと思います。たとえばベリーサが好きで乗っていて、次もマツダに乗りたいと次の車を検討し始めたけどCX-3は価格帯が違いすぎて手が届かない…なんて人がそれにあたります。そういう人はマツダからたぶん離れていくこととなります。

感情論で言えばそういう昔のユーザーを切り捨てるのはひどい感じがしますし、そういう層も気にかけてほしいと思います。しかし、マツダは自分で再三再四言っている通り少ない開発リソースをやりくりしてなんとかやってるという事なので、そこまで手広くやることは難しいでしょう。

まあ、自分の好きなメーカーの車に乗れなくて死ぬ人はいませんし、些細な問題と言えばそれまでです。