ステップワゴンがモデルチェンジ

なんかすごいことになってるぜ!

わくわくゲート搭載!

image from honda

 

image from honda

見た目は…あれ?俺、セレナ調べたんだっけ…。いや、ちがう、これ、ステップワゴンか。たぶん、セレナとフィットが結婚して子供が生まれたらこんな感じになると思います。

現行のステップワゴンはガンダムっぽくてあんまり好きじゃなかったですが、うーん…これもなんか…。普通だなあ。無難だなあ。特徴が無いなあ。

わくわくゲートは、あんな機能があって嬉しいんですかね?なんか方向を見失っていろんなことをやりはじめたガラケーみたいな印象を受けるんですけど。だって、後部にドアを開けれるほど広々とした空間があるってどういうシーンかいまいち想像がつかない。ほとんどの場合はバックで駐車するよね。後ろに壁があって縦に開けるテールゲートは干渉するけど横に開くとやや余裕ができる感じってシーン?まあ、便利かもしれんけどこんな特殊なギミックを用意し、かつ、後ろにウォーターカッターで切ったかのごとし縦線が入るのってどうなのかなあ。そこまでして必要かなあ。

…と最初は思ったのだけど、よくよく読んだらこれ、リアゲートから乗り込むことができるんですね。3列目まで常用するようなケースだと確かに便利かもしれません。でも、リアゲートから乗り込む場合は最後列のシートは片側が使用できないんだろうな…。

内装は私の大嫌いなテカテカブラック(ピアノブラック)がふんだんに使用されております。なんとなくノアにも似ているような気が…。

ほか、カタログや価格情報もネットを探すと広く流出しているようです。

ホンダ「新型ステップワゴン」は【燃費17km/L&価格228万円~】で【4/23】発表!ただし・・・

1.5Lダウンサイジングターボは最高出力150psと抑え気味。まあ5ナンバーサイズのミニバンであれば大体こんなもんですから別に不足ではないでしょう。価格は最安228万円から。ADASはJADEなどに搭載のHonda Sensingが付きます。速度追従クルーズコントロールはどうも設定されないみたいですね。

なんか、ざっくり調べた感じはそんなに悪くないような印象を受けました。JADEが高価だったこともあるのでコスパ最重要視の私としてはJADE買うんだったらいっそステップの方が良いかなあ?とすら思います。

ただ、車にあんまり詳しくない層に「ダウンサイジングターボ」と言ってどこまで理解してくれるかは微妙なところですね。ハイブリッドミニバンで燃費が20km/Lを超える!!とかだとアピールのし甲斐もあるのですが。ハイブリッドモデルも後に追加するそうですが、例の制御が難しいi-DCDでしょうからね。さらにさすがにミニバンともなればもうちょっとパワーを向上させないと非力ですから、改造箇所が大きくなります。おそらくエンジンかモーターのどちらかはパワーアップする必要があるでしょう。それでi-DCDがうまく動いてくれるのか…。

自動車メーカーはもう燃費勝負を止めて新たな価値を創出することに努めたほうがいいと思うのですが、いかかでしょうか。そのためにはまずユーザーが「燃費が良くなるほど経済性能は圧縮されてしまう」ということを理解することが最重要だと思います。以下、再掲です。

これはガソリン価格を160円/Lとしたときの燃費に対する年間燃料費の関係を表したグラフです。横軸が燃費[km/L]、縦軸が年間燃料費です。

燃費が10km/Lの車と燃費が20km/Lの車ではだいぶ差がありますが、燃費20km/Lの車と燃費30km/Lの車は大差ありません。だから、ハイブリッド車を買おうとも燃料費低減のメリット分で初期コストをペイすることは難しく、長い目で見たら金がかかるのです。車に関しては特に初期コストよりも維持費を気にするユーザーが多いそうです(日本自動車工業会の市場動向調査)。しかし、大体車を買うときはローンを組みますから初期コストはイコール維持費であるということになります。だから家計のキャッシュフローは改善しません。ハイブリッド車を買ったら維持費が軽減すると言い切る事すらできないわけです。

あくまでも私の意見ですので賛同してもらわなくて結構ですが、上記グラフの通り、燃費はせいぜい17~20km/L弱程度あれば十分です。極端に燃費が悪い車を買うとき以外は燃費を気にする必要なんてないのです。燃費以外の部分で車の良しあしを判断するべきです。ユーザーが燃費を最重要視することが続けばどうなるでしょうか。するとメーカーは燃費に重きを置いた車を作り続けます。燃費がどんどん良くなっていっても、ユーザーに対する経済的なメリットはどんどん圧縮されて小さくなっていきます。

それよりだったら、燃費はそこそこでいいから他の装備、デザイン、ユーティリティなどに金を使って開発してもらった方がユーザーとしてはメリットが大きいと思うのですがいかがでしょうか?ですから、次に車を買うときはハイブリッド車を選ぶのはやめましょう。ステップワゴンもノアもヴォクシーもガソリンモデルを選びましょう。セレナですか?あれはハイブリッドじゃないからいいです。燃費以外のところにも目を向けましょう。その選択が、メーカーの極端な燃費性能への追求にNO!を言うことになるのです。

…と、元プリウスユーザーが言ってみました。説得力ないですね。